イラストレーションコース

Illustration Course

社会に届くイラストレーション。
「描くよろこび」の可能性。

グラフィックデザイン、絵本、アニメーション、ゲーム、雑貨、WEB、映像、キャラクターデザイン……。情報の伝達手段が広がり続けています。みなさんは、あらゆる伝達手段でイラストレーションを日々見ていると思います。つまり、イラストレーションが活躍する舞台はますます増えていると言えます。イラストレーションは、絵によって、そこに込められたメッセージを的確に伝えることができます。そのためにはアイデアを視覚化する技術、ストーリーを感じさせる創造力が必要です。本コースでは、描画力を身につけ、創造力を育む時間を大切にしています。一緒に、「描くよろこび」を探求しましょう。

学べる分野
  • イラスト
  • アニメーション
  • グラフィックアート
  • 編集
  • ゲーム企画

NEWS&TOPICS

卒業生がWEB CMを制作!

2013年に本コースを卒業した端地美鈴さんが、NTT西日本のウェブCMを制作。鉛筆と消しゴムだけで、描いては消してを繰り返し、そのプロセスで出てきた消しカスをアニメーションに取り入れる手法で制作。

在学生が巨大壁画を制作

本コースの山下芽久さんと渕田詩織さんが、兵庫県淡路島の洲本市にある鳥飼漁港に高さ約7.7m、幅約16.5mの巨大壁画を制作。漁師の減少が問題視されるなか、漁港を活気づける大作となりました。

カリキュラム

1
年生

アイデアをかたちにする、感性と描画力を育む。

基本的な描画力はイメージをかたちにする原動力となり、豊かな感受性は人の心を打つイラストレーションを生みます。既成概念にとらわれない発想力とアイデアを実現する表現力は、絵を描く際の基盤となります。

PICK UP! 授業

イラストレーションとは

技法、メディア、ジャンル…様々な視点を織り交ぜた、8つの課題に取り組むことで、「イラストレーション」を多角的に捉えるための基礎を身につけ、イラストレーションへの意識を深めます。

イラスト&デザイン

グラフィックデザインの基本である紙面構成と、デザインをおこなう上で特に使用頻度が高いアプリケーションの基本技術を身につけます。

2
年生

イマジネーションは
国境を越える。

視覚メディアが多様化し、イラストレーションの可能性は無限に広がっています。雑誌や絵本はもちろん、WEBやアプリは世界中に情報を伝達します。メディアの特性を学び、イマジネーションを伝える方法を探ります。

PICK UP! 授業

編集&プロセス

架空の雑誌『大学二年生』を制作します。大学二年生という視点と立場から、ターゲットに向けてどのような情報を発信し提供したいのか、するべきなのかを考え、アイデアがカタチになるまでのプロセスとその表現を探求する、ビジュアルコミュニケーショントレーニングを行います。

イラストの「領域」を体験する

ビジュアル領域とストーリー領域の基礎演習に取り組み、各領域を体験的に学ぶことで、デザイン、イラストレーションについて模索し、3年生へとつなげます。

3
年生

デザインの力で、より効果的な表現を目指す。

これまでの学びで得た知性と感性、描画力で、より効果的に「伝える」ための表現を模索します。イラストレーションの役割を意識し、展覧会などを通じて社会へ発信します。卒業後の進路を見据え、イラストレーション表現を総合的に俯瞰できる力を身につけます。

PICK UP! 授業

ビジュアル・イラスト領域

デザインとイラストレーションを軸に、観察と思考実験を通してイメージを広げ、それらをビジュアル(グラフィック)表現するための探求を行います。

ストーリー・イラスト領域

絵本やアニメーションなど、物語を軸に、世界を自分自身の視点で編集し、受け手の心をゆさぶるデザインを生み出す力を探求します。

4
年生

社会に届く
イラストレーション。

卒業制作では、イラストレーションとデザインの融合をはかり、4年間の学びから生まれた「アイデアの種」を芽生えさせ、これからのビジュアルコミュニケーションを社会へと発信します。また、就職や起業、進学など進路に向けて個人指導を行います。

PICK UP! 授業

卒業制作

卒業研究・制作は大学生活の集大成であると同時に、人に見せる・伝える展示までをデザインします。これまでさまざまな切り口から模索、吸収してきたものを深化させ、拡張するために、1年間をかけて制作に取り組みます。

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら