舞台デザインコース

Stage Design Course

美術、照明、音響のぶつかり合い、
スタッフワークを学ぶ。

舞台監督や舞台美術・音響・照明・映像・その他、演劇の創作には様々な分野を担当するメンバーが必要です。そこに演出家や俳優も加わり、互いの発想と技術を組み合わせることによって表現が完成します。舞台作品が「総合芸術」と言われる所以です。本コースではデザインワークを学び、そのデザインを実際の形にするアートワークも体験します。アートを作品に結びつけ上演を成し遂げるため必要なのがスタッフワークです。4年間を通じ演劇を主としてダンスなどの発表公演に参加する機会も豊富にあり、大劇場「春秋座」、小劇場「studio21」、野外能舞台「楽心荘」の、本格的な設備・機材を最大限に活用してスタッフワークを身に付けることができます。

学べる分野
  • 舞台美術
  • 照明
  • 音響
  • 舞台映像
  • 舞台衣装
  • 大道具
  • 小道具
  • 舞台管理(舞台監督)
  • 舞台芸術論・舞台芸術史

NEWS&TOPICS

びわ湖ホールで学生の美術デザインが採用

滋賀県立びわ湖ホールが開催する「技術研修講座」上演演目『アンデルセンの夢』に本コースの学生たちの美術デザインが採用されています。タイトル通り、ロマンティックな装置や小道具を作成しました。

春秋座オペラ『カルメン』舞台装置の製作

大学主催・新演出オペラ『カルメン』では本学科教員の柴田隆弘が装置デザインを担当。舞台美術デザインと大道具の作成を学ぶ柴田ゼミ生たちが全面的に参加して公演を成功に導きました。

カリキュラム

1
年生

デザインワークの基礎とアートワーク。演劇制作の素材に慣れる。

演技・演出コースとの共通カリキュラムのほか、まずはデザインの基礎から1ステップずつ学んでいきます。舞台美術の発想、造形(アートワーク)、音響や照明の機材、映像の仕組みと考え方、などを通じて「演劇とは何か」を考えてみます。

PICK UP! 授業

劇場演習(ライセンス取得)

大劇場「春秋座」と小劇場「studio21」で、設備機材の使い方を学びます。劇場は工事現場と同様に危険の多い環境です。安全を第一に授業は進みます。

デザインワーク基礎

美術(装置)と音響、照明と映像、それぞれデザインの作業、アート(造形)の仕事、スタッフの働き、と順を追って体験します。

2
年生

スタッフワークの基本を身につける。劇場技術と出会う。

演技・演出コース生たちと共に演劇の公演を時間をかけて準備する授業では、スタッフワークの意味や理由を折々に問い直します。また理論や知識を身につける専門授業もスタートし、演劇以外のダンスやコンサート、ライブにも触れていきます。

PICK UP! 授業

舞台デザイン演習(スタッフワーク)

テキストからの専門知識を学びます。またいくつかのデザイン課題をもとに舞台監督や制作運営などスタッフワークについて考えます。

舞台デザイン演習(舞台美術制作)

大道具、装置、などとも呼ばれる「舞台美術」を「つくる」クラスです。完成した美術は小劇場「studio21」に飾り込んで照明や音響で「演出」します。

3
年生

公演を創る・作る・造る・つくる。将来の目標を見定める。

2つの演劇公演と1つのダンス公演を創作します。学外の舞台関連企業や劇場施設へのインターンシップを計画するのもこの学年です。ゼミでは知識や技術にさらに磨きをかけ、自分が極めたい専門の各分野、進路に向けて照準を合わせます。

PICK UP! 授業

ダンス公演のスタッフワーク

両コース合同で行うダンス実習公演では、実際の舞台でスタッフワークを経験します。舞台を支える各分野の専門技術を学び、自身の得手不得手も明らかにします。

演劇公演のデザインとスタッフワーク

大劇場「春秋座」での演劇公演は、体験したことがない「未知との遭遇」の連続。美術・照明・音響のいずれの分野もそのスケール感に圧倒されます。

4
年生

そして社会へ。
卒業制作公演は未来への第一歩。

卒業後の活動を目標としながら卒業制作・研究に取り組みます。作品の公演にスタッフとして参加する、またはデザインワークでの個人制作、あるいはその両方です。舞台芸術の学習を通じて得た技能や見識を活かし、自分自身の力で社会へと旅立ちます。

PICK UP! 授業

卒業制作(発表公演)

1年間にわたり学生だけでつくりあげる卒業制作公演。培った専門技術と芸術性をいかんなく発揮し、多くの仲間と助け合いながら上演を目指します。卒業後の展望と決意をあらわす機会です。

卒業研究(個人研究)

卒業研究では個人の関心に基づいた戯曲執筆やデザイン製作も可能。演劇史や舞台理論を学んだ経験を最大限に活かし、スタッフワークから得た知見を盛り込んで渾身の作品を創りあげます。

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら

KUAD PRODUCTION 学科の最新情報・作品紹介はこちら