舞台芸術研究センターとは

京都造形芸術大学舞台芸術研究センターは、舞台芸術の創造過程の総体を研究対象として、乖離しがちであった「創造の現場」と「学術研究」とのより有機的な結びつきを図るべく、2001年4月に発足し、2009年3月まで「私立大学学術研究高度化推進事業・学術フロンティア」の助成を受け、活動を続けてきました。(幸い、2009年度から文部科学省の新しい助成金を受ける予定です。)

学内劇場である「京都芸術劇場」(歌舞伎劇場である春秋座 ならびに多目的小ホールの studio 21) を活用し、京都造形芸術大学舞台芸術学科を中心とした学内研究員による上演・研究活動を組織すること、学外および国内外の研究者および研究機関との共同研究、国内外の舞台芸術創造拠点との共同作業など、舞台創造の現場と密接に連携をとった研究・創造のネットワーク作りを目指します。

2009年4月からは、従来の劇場企画運営室を包摂した新しい組織としての舞台芸術研究センターが発足しました。従来の「実験上演」に加えて、より広い観客を対象とする「普及公演」も行うこととなりました。日本の伝統演劇から現代の先駆的舞台表現まで、アジアの芸能から欧米の前衛まで、「グローバル化」の世界における舞台芸術の力線を鋭く捉えつつ、舞台上演と舞台芸術の理論的分析とを、ダイナミックに組み合わせていきます。

実験的舞台上演のデジタル映像化、理論的分析の成果の印刷物による刊行、研究者・専門家による公開討議なども、従来と等しく行います。

特に舞台芸術学科の授業や、大学院のそれとの横断型企画による、研究成果の教育分野への還元も、積極的に展開していく予定です。

舞台芸術研究センター