Main menu:

検索

2017年3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のエントリー

カテゴリー

月間アーカイブ

リンク

  • その他

  • その他のブログ

  • イベント情報

  • 京都造形芸術大学案内

  • 本学で学びたい方へ

  • 編集長日記〜ULTRA x ANTEROOM EXHIBITION

    こんばんは。
    編集長です。

    今日は、手作りの椅子にサンドペーパーをかけ、
    その後、ワトコオイルを塗って、仕上げをしておりました。

    自宅がどんどん形になってきています。

    早く落ち着きたいものです。

    さてさて、明日から始まる展覧会の情報を。

    ■ULTRA×ANTEROOM EXHIBITION

    会期:2014年2月20日(木)~3月2日(日)
    会場:HOTEL ANTEROOM KYOTO
    (アクセスはこちら→ http://hotel-anteroom.com/access/

    出展者:小野なつ季、黄海寧、塩見友梨奈、高橋匡太、名和晃平、堀健、堀本達矢、宮永愛子、やなぎみわ、ヤノベケンジ、鷲﨑公彦

    「ULTRA x ANTEROOM EXHIBITION」展に寄せて

    近年、国際美術展を賑わせているアーティストに、関西勢が多いということが指摘されている。
    その中核となっているアーティストが、同じ工房で活発に議論し、制作をしていると聞けば驚く方もいるかもしれない。

    ウルトラファクトリーが京都造形芸術大学の実践教育機関として活動を開始したのは2008年のことになる。
    「想像しうるものはすべて実現できる」という壮大なコンセプトで立ち上げられた工房は、
    今日までその名に違わぬ超越的、領域横断的な作品群を生み出している。

    例えば、美術館や国際美術展といったアートを見せる場だけではなく、パブリック・モニュメント、演劇、プロモーションビデオ、プロダクト、パブリシティなどに表現の場を拡張し、時間、空間を横断する素材や方法を提示し続けている。
    さらに、ウルトラファクトリーでプロジェクト型実践授業を推進している、ヤノベケンジ、高橋匡太、名和晃平、宮永愛子、やなぎみわといった世界的に活躍するアーティストに加え、
    本年2つの公募展で大賞を受賞した塩見友梨奈など、ウルトラファクリーが主催するコンペティション「ウルトラアワード」の受賞者が毎年輩出され、革新的な表現で注目を集めている。

    即ち、表現を拡張していく精神やメソッドは確実に次世代にも引き継がれており、超越的な創造の坩堝と化したウルトラファクトリーの現在は、アートに興味を持つ人々にとって、また、拡張された場の観衆にとっても目が離せない状況にあるのだ。

    歴史を紐解けば、現代におけるウルトラファクトリーの存在は、立体造形を特徴とする徒弟的な教育システムを持つ工房ということにおいて「慶派」を、
    美術工芸における総合性や自然現象に着目することにおいて「琳派」を、
    自由奔放で大胆奇抜な表現を行うことにおいて「奇想派」を参照できるだろう。
    それらは、各時代の革新的な創造のムーブメントでもあった。
    今日、京都に受け継がれ育まれてきた伝統と革新の遺伝子は、時代を超えてウルトラファクトリーに注ぎ込まれているのだ。

    そして、ウルトラファクトリーに縁のあるアーティストの作品が一堂に会するHOTEL ANTEROOM KYOTOは、「京都」を本拠地として「アートを超えるアート」のムーブメントを起こしている「ウルトラ派」が新たな歴史を刻む現場となることだろう。

    http://hotel-anteroom.com/2014/02/10/3305/

    考えてみたら、
    このラインナップのアーティストが同じ場所に一堂に会して、作品を作っている場所ってすごいことだよね。

    それが、京都造形芸術大学のULTRA FACTORY。

    そして、そこではちゃんと学生たちが育っていて、
    時代を担うアーティストとして、どんどん社会に巣立っている。

    その様子をまさに感じていただける展覧会です。

    観に行こうっと。

    卒業展も、今週末からです。

    2013年度京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展

    会期:2014年2月22日(土)→3月2日(日)

    投稿者:編集長 吉田