Main menu:

検索

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近のエントリー

カテゴリー

月間アーカイブ

リンク

  • その他

  • その他のブログ

  • イベント情報

  • 京都造形芸術大学案内

  • 本学で学びたい方へ

  • 高校2年生はラストチャンス!:千尋

    どうも!恋して夢見る熱血オタクこと、
    キャラクターデザイン学科の千尋です!

    大学は春休みに入り、
    私は先輩が企画してくださったクロッキー会に毎日参加したり、
    いろんな学校の卒業制作展に行ったりと、なかなか充実しております^^

    今回はその卒業展の話です。
    自分と同年代の方々の作品を観ると、やっぱり良い刺激をもらえますね(^o^)

    その中で、高校の同級生の卒展にも行ってきました(専門学校なので今年卒業)。
    卒業生はほとんど自分と同い年です。

    レベルの高さに圧倒され、やる気を奮い立たせられる作品もありましたが、
    「これで社会に出て、大丈夫なのか」と他人ながら心配してしまうものもありました。
    (友達の作品ではないですよ!)

    でも、もし自分が今卒業制作をしろと言われたら、それ以上の作品が作れるかどうかは分かりません。

    でもまだあと2年。
    折り返し地点。
    悔いの残らないよう、胸を張って卒業できるように頑張れる時間がある。

    卒展をまわる中で、客観的に卒業生を見て足りない力、
    そこから見えてくる自分が身に着けるべき力も分かってきました。

    まずは3年生で良いスタートダッシュができるよう、
    春休みを充実させたいです。

    と、やや熱くなってしましましたが^^;

    私には高校2年生(春から3年生)の妹が居て、
    彼女も私と同じで芸術の道を志望しているのです。
    そんな彼女も進路選びの参考の為に、一緒に卒展を観にいっています。

    で、よく考えてください!!

    自分の進路選びに 、卒業制作展を判断材料にすることができるのは、
    高校2年生の今が最後なんです!!

    3年生の時には、既に進路が決まっている時期です。

    何校か卒展を観てきた身として言えるのは、
    作品それぞれの出来は学生本人の頑張りに左右されるものの、
    全体的なレベルの高さ・低さからは、その背景にある教育の質、環境の質の違いが見えるということ。
    (レベルとか言えた人じゃないですがここは使わせてください)

    入学パンフレットやホームページには、歴代の学生の作品の、
    良いものだけを集めて載せることが出来るから、見栄えが良い。

    それに惑わされないで。情報に踊らされないで。

    卒業制作展は、嘘がつけない。
    そういった意味で、本当に行って欲しい!!

    で、なんかこのままだと卒展に行く動機が、
    鬼気迫りすぎるので(笑)

    やっぱり何より、楽しいよ(^o^)!!
    と言っておきます。
    見ごたえのある卒展の後は、
    創作意欲が止まらなくなります。

    という訳で、
    まずは京都造形芸術大学の卒展に来てください~^^
    ラストチャンスを有効に使ってくださいね。

    最後にバッチリ宣伝もしたし、妹にも絶対に行かせようと思っている、
    千尋でした!

    2013年度京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展

    会期:2014年2月22日(土)→3月2日(日)

    投稿者:千尋(2年生)