未経験からでもダントツ成長できる京都造形
BEFORE BEFORE作品
CLOSE

2年次に行った展示のポスター

AFTER AFTER作品
CLOSE

卒業論文(展覧会企画)
ギャラリーでの展示の様子

詳細はこちらPDF

穐ヨシ七奈

BEFOREポートレート BEFORE

九州産業大学付属九州高等学校
デザイン科(現:造形芸術科)

AFTERポートレート AFTER

アートプロデュース学科
アートプロデュースコース

京都造形に入学した理由、きっかけを教えてください。

高校ではデザイン科に在籍していたため、毎日絵を描いて、人と作品を比較される日々でした。3年生になった時には、私は自分の実力に対し自信を持てなくなっていたので、大学で絵を描くことに4年間を費やすという選択ができませんでした。それでも、芸術に関わっていたいという僅かな希望が残っていたので、キュレーションを学べるという「京都造形芸術大学 アートプロデュース学科」を受験しました。迷いや逃げから入った学科だったので「アートプロデュース」という言葉の意味は当時全く分からず、未知の世界に飛び込んだのが私の4年間の始まりでした。

4年間で成長できたと思うことは何ですか?

私がアートプロデュース学科で学んだ「プロデュース」は、アート作品に関してだけではありません。たとえば、他者と関わる自分もプロデュース対象の1つです。自分で企画した展覧会の準備中、人を信じきれず、自分に仕事が集中する時期がありました。しかし、それは己のプロデュース能力の低さだと痛感し、相手を信じてみることから始め、仕事を人に託せるようになった時に己の成長を実感しました。他者と協力し合うことで、自分の想像を遥かに超えた良い展覧会ができ上がった時、それと同時に私は一段階上のフェーズに上がった自分と出会いました。

これから京都造形をめざす高校生へメッセージ

芸術大学という名前が付いていますが、だからといって特別な能力を必要とする場所ではないと思います。むしろ、新たな自分の可能性を探せる場所ではないでしょうか。というのも、京都造形芸術大学のカリキュラムは、元ある技術を伸ばすことより、さまざまな経験を得ることで学生の秘められた能力を引き出すことを優先したものであるからです。私の場合、入学前は絵を描くこと以外に特技がありませんでしたが、在学中に「キュレーション」というそれまでとは全く異なる技術を習得し、卒業制作もその技術を精一杯活用して取り組みました。