未経験からでもダントツ成長できる京都造形
BEFORE BEFORE作品
CLOSE

1年生の頃作品

AFTER AFTER作品
CLOSE

卒業制作記憶装置としての建築

ひのき材、シナ材、カラースプレー、スチレンボード、ジェッソ

小野 友香

BEFOREポートレート BEFORE

関西大学北陽高等学校

AFTERポートレート AFTER

環境デザイン学科
建築・インテリア・環境デザインコース

京都造形に入学した理由、きっかけを教えてください。

小学3年生の頃から、将来の夢はデザイナーで当時はファッションデザインに興味があり、よくありがちですが、洋服のボタンを変えたり、ノートに何冊もデザイン案を描いたりして楽しんでいました。その頃から芸術大学や美術大学で学びたいと思っていました。中学生の頃の技術の先生や高校の家庭科の先生になぜか建築家を奨められて、建築家という職業をどこかで意識はしていました。京都造形芸術大学のオープンキャンパスではファッションデザインコースを見に来ていたのですが、今のゼミの先生とお話して、そのお話がおもしろくて。一番行きたいと思ったのが環境デザイン学科でした。

4年間で成長できたと思うことは何ですか?

成長したのかと聞かれるとどうなのでしょう…大学生になると、いろんなチャンスや機会が舞い降りてきて、やりたくてもそれをひとつひとつ消化することが出来ませんでした。1年生から3年生の間は学科の課題が疎かになることが多かったです。しかし、4年生になるとそうは言ってられず、3度の大学院受験や卒業設計、プロジェクト、インターンなど、大学生活の集大成のように降り掛かってきました。全てを納得の行くまで出来たわけではありませんが、ある程度は楽しみながら出来たのではないでしょうか。それでもまだまだ計画性がなく、詰めが甘すぎて歯がゆい気持ちです。それでまたがんばろうと燃えます。

これから京都造形をめざす高校生へメッセージ

大学は高校までとは違い、ある程度自由です。課題をがんばっても、プロジェクトを中心にがんばっても、学外での活動でもなんでもいいのだと思います。4年間はあっという間でした!! ぜひ走り続けてください!!