未経験からでもダントツ成長できる京都造形
BEFORE BEFORE作品
CLOSE

一年生の頃に出演した作品『二軍奮闘記』(林・西尾ゼミ)

AFTER AFTER作品
CLOSE

卒業制作アップダウンドリーマー

映画 | 約60分

高尾 悠希

BEFOREポートレート BEFORE

大分県立大分商業高等学校

AFTERポートレート AFTER

映画学科
俳優コース

京都造形に入学した理由、きっかけを教えてください。

高校3年生の時、役者になる前にしっかり学びたいと思い、演技の勉強ができる大学を探していました。その中でも俳優コースがあった、この大学に魅力を感じたのが最初のきっかけです。オープンキャンパスへ行った時、俳優コースの教授、水上竜士先生に「演技には、自分の感情を使うんだよ。そうすると本当に楽しいと思える芝居ができる」と言われたのをきっかけに、この大学に入って演技を学ぼうと決意しました。

4年間で成長できたと思うことは何ですか?

俳優コースでは、演技の授業が3年間あります。授業ごとに役に対する視点や、入り方が違い、多方面から役や脚本の読解について勉強することができました。特に水上先生の授業では、実際に演技をして、自分の感情を使うこと、脚本の読解が大事なこと、想像力をはたらかせることなど、役者に必要な多くの要素を学びました。その学ぶ過程で、たくさんのことを悔しく思うことが、成長することへつながったと感じます。

これから京都造形をめざす高校生へメッセージ

これからを考えると不安なこともあるでしょうが、自分がやりたいことに絶対的な自信は持たなくて大丈夫だと思います。
これから作っていくものですし。大事なのは、良いとか悪いとかすぐ決めないことです。考えるときはしっかり考えて、無理だと思うときは考えることをやめる。じっくりやっていってください。