未経験からでもダントツ成長できる京都造形
BEFORE BEFORE作品
CLOSE

1年生の頃の作品

AFTER AFTER作品
CLOSE

卒業制作

綿布、膠、墨、水干絵具、岩絵具、胡粉、箔、砂

加藤 弓絵

BEFOREポートレート BEFORE

愛知県立岩倉総合高等学校

AFTERポートレート AFTER

美術工芸学科
日本画コース

京都造形に入学した理由、きっかけを教えてください。

大学という場所にキラキラした憧れがあったので、京都造形芸術大学の活気があるオープンキャンパスはとても好印象でした。目指していた日本画コースの先生とも話せる機会があり、親身に相談に乗ってくださったことも決め手の一つです。京都造形芸術大学は他の芸術大学より生徒数が多いのですが、「人数が多い分、考え方や発想もその数だけある。たくさん刺激し合える」と先生の言葉に、確かに!と思いました。
京都には老舗の画材屋や歴史的な日本絵画が多く残っており、日本画を描く環境が整っているというのもいいなと思い、京都造形芸術大学の受験を決めました。

4年間で成長できたと思うことは何ですか?

行動力が身についたと思います。参加できるプロジェクトや企画がとても多いので、興味が湧いたものには積極的に説明会に行き、参加しました。そういっためまぐるしい大学生活を一回生からしていたら、二回生からは自分たちでグループ展を開いたりスケッチ旅行を企画したり積極的にやりたいことをやれる自主性が身に付いていました。また一回生時のマンデープロジェクトでは、他学科との繋がりができ、専門分野以外の展示にも多く足を運ぶ機会があったり、そういった行動力で得たインプットした経験や知識が卒業制作に生きているのかなと思います。

これから京都造形をめざす高校生へメッセージ

京都造形芸術大学は「やりたい!」をとても尊重してくれます。日本画では様々なジャンルの先生が在職していらっしゃいます。自分が尊敬している先生方に様々な視点から自分の作品を講評してもらえます。そのおかげで、自分がやりたいことを客観的な意見も取り入れながら作品へと昇華させることができたと思います。
また、仲間を作る機会が多くあり、他学科の学生と作品を作ることもあります。専門分野だけでない知識や経験ができるので、お互いを尊敬しながら作品を作り上げれたことも、京都造形芸術大学ならではのオススメポイントだと思います。