未経験からでもダントツ成長できる京都造形
BEFORE BEFORE作品
CLOSE

過去の作品

AFTER AFTER作品
CLOSE

卒業制作 | グループ制作作品半纏部 hanten-bu

冊子、実写映像、写真、プロダクト、インスタレーション

井澤 真優

BEFOREポートレート BEFORE

兵庫県立三木高校

AFTERポートレート AFTER

情報デザイン学科
情報デザインコース(現:ビジュアルコミュニケーションデザインコース)

京都造形に入学した理由、きっかけを教えてください。

もともとデザインが学べる大学に行きたくて、オープンキャンパスなどに行ったりした結果、造形大学に行こうと思いました。正直なところ一般大学の選択は1ミリもなくて芸大へ行こうと訳もなく思い続けていた高校生でした。高校は普通科だったので芸大に進学する人が数人しかいなくて不安でした。でも、京都という場所と学びたい気持ちもあり京都造形芸術大学を受験して入学しました。
すごく真剣に考えてというよりも感覚的に選んだ記憶もあります。雰囲気とかが好きとかですね。

4年間で成長できたと思うことは何ですか?

素直にものを作る意識かなと思います。
1、2年生の頃はリアルワークプロジェクトに参加して、共同制作でものを作ったりイベントを企画してきました。そこで良い先輩方に技術的な面や考え方などを教えてもらいました。また後輩もでき、そこで領域と年代を超えた知り合いが広がりました。3年生ではその経験が自分の力となって目に見えるようになりました。そして卒業制作でグループで物作りしたのも1、2年生の頃の経験から来ているのかもと今では思います。作っては、やり直しての繰り返しで苦しいけど楽しい、そんな感覚が一番好きです。

これから京都造形をめざす高校生へメッセージ

転けても大丈夫なのが大学なのかなって思います。転けて、傷ついても、落ち込める時間があるんですよね、立ち止まる時間。でも次に進めたり、何かに気付くことができるのは結局そういう時だと思います。もちろん上手くいくことがいいですが。
だからコケまくってください。やってみてください。たぶんどっかに繋がると思います。その時は信じれないものなんですけど。
あと食わず嫌いせずに一歩足を踏みいれちゃえばよいと思います。環境が変われば知識も友達も考え方も広がります。自分を刺激してくれます。それができるのが大学かな。楽しみに!