未経験からでもダントツ成長できる京都造形
BEFORE BEFORE作品
CLOSE

大学入学時の作品

AFTER AFTER作品
CLOSE

ティプシー海道

日本酒を楽しむための仕組みや道具立ての提案を通じて、三重県・鈴鹿市唯一の酒蔵で製造されている日本酒「鈴鹿川」のPR 活動を行うプロジェクトです。

燗銅壷セット:D310×W420 ×H290mm
酒瓶ケース:D400×W105×H105mm
銅、桐材、レザー、フェルト

原 温子

BEFOREポートレート BEFORE

三重県立四日市農芸高校

AFTERポートレート AFTER

空間演出デザイン学科
空間演出デザインコース

京都造形に進学しようと思った理由・きっかけ

私がこの大学に進学しようと思ったきっかけはオープンキャンパスに参加したことです。当時、高校卒業後は地元(三重県)の食品工場に就職しようと考えていたのですが、高校2年生の冬になり、将来について考える機会が多くなると、クラスの中で”オープンキャンパス”というやたらとお洒落で楽しそうな単語を耳にすることが多くなりました。
家に帰って好奇心で検索してみたところ、いくつかの大学がヒットし、その中でもキャンパスの華やかな雰囲気や見学に参加するとお昼ご飯がタダで食べられる点に魅力を感じ、人生で最初で最後のオープンキャンパスに参加したことが、この大学に進学するきっかけになりました。(学食のカツカレーにつられたのです。)

京都造形で成長できたこと

誰かのために作品を作ることができるようになったことが、私の最大の成長です。
入学前は「好きだから」「可愛いから」という自分本位な思考でものづくりをしていたのですが、大学の授業ではものづくりをする上で「何で」「どうして」と理由を掘り下げることが多く、4年間を通じて、自然と誰かに必要とされるものを考える頭に変化していました。
いくつものデザインソフトを使いこなせるようになったこと、構想を具現化するための加工技術を身についたことはもちろんですが、そのような目に見えるスキルがアップしたことより、「何を思って誰のためにもの作りをするのかを常に考える」という自分の主軸が揺るがないものになったことが何よりの成長であったと思います。

これから京都造形を目指す高校生へメッセージ

引越しの荷造りをしていて本棚の隅から出てきたノートに、私が高校生だったときに大学に通う学生さんにたちに聞いてみたかった質問がいくつか書いてあったのでこの場を借りて答えます。
Q 一人暮らしさみしくないですか
A 最初の5日は寂しさで押しつぶされそうになって涙した日もありましたが、6日目からはパラダイスです。
Q デッサンがとても苦手なんですが4年間でうまくなりますか
A 努力次第だと思います。私はデッサンから逃げてきたので少しも上達しないまま卒業を迎えます。
Q 京都に馴染むためにはどうしたらいいですか
A かっこいいクロスバイクを買ったらいいと思います。