開催中のイベント
映像・舞台
「チッハーとペンペン」
2017年04月28日 〜 2017年04月30日
舞台芸術学科3年生中心nidone.worksによる舞台公演
展覧会
鬼頭祈 STRAWBERRY FIELDS FOREVER
2017年04月21日 〜 2017年04月30日
卒業生 鬼頭祈さんが春の季節に合わせた作品を展示
展覧会
阿部瑞樹 日本画展「生機物」
2017年04月26日 〜 2017年05月02日
卒業生 阿部瑞樹さんの作品展
展覧会
4展Shiten Round7
2017年04月26日 〜 2017年05月05日
卒業生 八木佑介さんが出展します
展覧会
【ARTZONE】西尾美也個展 「纏わり着く」
2017年04月29日 〜 2017年05月07日
衣服に身を包むという私たちにとって当たり前の行為を見つめ直す
注目のイベント
展覧会
Happy Elements作品展
2017年04月28日 〜 2017年05月21日
「あんスタ」ほか同社で活躍する卒業生の原画の展示や関連グッズ販売

ジゼル・ヴィエンヌ構成・演出『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』(5/11(木)・12(金)春秋座)関連企画

ジゼル・ヴィエンヌ演出作品映像上映+トーク

日程 2017年04月15日(土)
時間 15:00 〜 17:00
場所 瓜生山キャンパス 映像ホール
場所詳細

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

ジゼル・ヴィエンヌを知っているか?

まだなら今回の来日公演を逃す手はないはずだ。もし慎重になっているのなら、
今回の上映会&トークで彼女の作品世界の一端に触れてみてはどうだろう。
ここでは、彼女の作品の来歴をひと癖もふた癖もあるコラボレーターたちとの関わりから紹介していく。
いかにして彼女は『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』へと到達したのか?
透徹した美学に裏打ちされた狂気と悪意の表象は、崇高さに向かって突き抜けていく。

トーク出演:橋本裕介(ロームシアター京都/KYOTO EXPERIMENT プログラムディレクター)

*************************

ヨーロッパのアート・フェスティバルや劇場で近年上演回数が多いアーティストの一人、ジゼル・ヴィエンヌ。
大学で哲学を専攻後、フランス国立高等人形劇芸術学院で学んだという演出家としては異色の経歴をもっており、
腹話術師、ダンサー、ヴィジュアルアーティスト、霧の彫刻家、アイススケート選手など異ジャンルとの共同製作も多く、
美しくも混沌とした、リアルと妄想が同居する独自の世界を常にうみだしています。

5月の春秋座公演に先立ち、ジゼル・ヴィエンヌの過去演出作品映像をダイジェストにご紹介します。

【紹介映像(ダイジェストで上映)】
『Jerk』、『I Apologize』、『KINDERTOTENLIEDER』、『A young, beautiful blonde girl』、『こうしておまえは消え去る』ほか(予定)


ジゼル・ヴィエンヌ Gisèle Vienne 
1976生まれ。振付家、演出家として活躍。2004年以降作家デニス・クーパーとのコラボレーションにより数多くの作品を生み出し、日本では『こうしておまえは消え去る』春秋座公演(KYOTO EXPERIMENT 2010京都国際舞台芸術祭公式プログラム)のほか、『Jerk』『マネキンに恋して―ショールーム・ダミーズ―』を上演。05年以降は自身による写真やインスタレーションも発表。07年にはヴィラ九条山の招聘芸術家として5ヶ月間京都に滞在。

■費用 無料・要事前予約
■定員 50名
■申込方法 予約フォーム:https://www.quartet-online.net/ticket/gisele  
■主催 京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
■お問合せ TEL 075-791-9437
■URL http://k-pac.org/?p=3129