開催中のイベント
映像・舞台
木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談―通し上演―」〔東京公演〕
2017年05月26日 〜 2017年05月31日
すべては四谷怪談から始まった! 木ノ下歌舞伎の原点にして最新形
映像・舞台
感覚絶叫計画
2017年05月29日 〜 2017年06月04日
舞台芸術学科4年生がギャルリ・オーブで公演と展示をします
展覧会
【ARTZONE】あわいの部屋/型取る声
2017年05月20日 〜 2017年06月04日
大西伸明個展+対話型鑑賞会
展覧会
高橋コレクションの宇宙
2017年04月08日 〜 2017年06月11日
名和晃平教授、宮永愛子客員教授、卒業生の束芋さんが作品展示
展覧会
こども47道具展
2017年04月06日 〜 2017年06月11日
ナガオカケンメイ教授が代表を務めるのD&Dの企画展

ジゼル・ヴィエンヌ構成・演出

腹話術師たち、口角泡を飛ばす

日程 2017年05月11日(木)〜 2017年05月12日(金)
時間 (5/11(木)19時開演、5/12(金)18時30分開演)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

ヨーロッパ演劇界で異彩を放つ、ジゼル・ヴィエンヌ待望の新作!!

本音とタテマエがせめぎ合い、会議はカオスへと沸騰する―。

実在する腹話術師の国際会議をモデルに、9人の腹話術師たちが個性豊かな相棒片手に息をもつかせぬトークをくりひろげる。
表向き社交的な会話は、ブラックな笑いをふりまきエスカレート。かくれた本音が思わぬ瞬間に顔を出し、しだいに一人一人の孤独の淵があらわになっていく。

人形を介し人間のダークサイドをえぐる衝撃作を次々に発表し、ヨーロッパ演劇界で異彩を放つジゼル・ヴィエンヌが、ドイツ屈指の人形劇団「パペットシアター・ハレ」とかつてない会話劇を生み出した。驚愕のテクニックで命を吹き込まれた人形たちが、あなたを白昼夢へとさそう。

構成・演出 ジゼル・ヴィエンヌ
作 デニス・クーパー(出演者との共作)
英語上演/日本語字幕

出演・共同創作 ジョナタン・カプドゥヴィエル、ケルスティン・ダレイ=バラデル、ウタ・ゲーベルト、ヴィンツェント・ゲーレ/<パペットシアター・ハ レ>パフォーマー:ニルス・ドレシュケ、ゼバスティアン・フォルタク、ラース・フランク、イネス・ハインリッヒ=フランク、カタリーナ・クンマー

製作 パペットシアター・ハレ(ハレ/ザーレ)、DACM(ストラスブール)


★関連企画あり★
ジゼル・ヴィエンヌ演出作品映像上映+トーク<無料・要事前申込み>
[トーク出演] 橋本裕介(KYOTO EXPERIMENT/ロームシアター京都 プログラムディレクター)
[日時]4月15日(土)15時~
[会場]京都造形芸術大学 映像ホール(人間館地下1階)
[お申込み先]京都芸術劇場チケットセンター

■費用 【整理番号付自由席】一般4000円、学生&ユース(25歳以下)2500円、瓜生山学園生2000円
■定員 各回190名
■申込方法 京都芸術劇場チケットセンター窓口・電話075-791-8240(平日10-17時)
■主催 京都造形芸術大学舞台芸術研究センター
■お問合せ 電話075-791-9437
■URL http://k-pac.org/?p=2925