開催中のイベント
映像・舞台
木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談―通し上演―」〔東京公演〕
2017年05月26日 〜 2017年05月31日
すべては四谷怪談から始まった! 木ノ下歌舞伎の原点にして最新形
映像・舞台
感覚絶叫計画
2017年05月29日 〜 2017年06月04日
舞台芸術学科4年生がギャルリ・オーブで公演と展示をします
展覧会
【ARTZONE】あわいの部屋/型取る声
2017年05月20日 〜 2017年06月04日
大西伸明個展+対話型鑑賞会
展覧会
高橋コレクションの宇宙
2017年04月08日 〜 2017年06月11日
名和晃平教授、宮永愛子客員教授、卒業生の束芋さんが作品展示
展覧会
こども47道具展
2017年04月06日 〜 2017年06月11日
ナガオカケンメイ教授が代表を務めるのD&Dの企画展

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2017 プレイベント

ハイナー・ゲッベルス特別レクチャー「不在の美学」

日程 2017年05月24日(水)
時間 18:00 〜 21:00
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

現代を代表する音楽家・演出家、ハイナー・ゲッベルスが自作を語る。

1952年生まれ、フランクフルトを拠点に活動するハイナー・ゲッベルスは、1990年代より朗読や音楽で構築された音楽劇《ミュージック・シアター》を多数発表し、世界中の名だたるフェスティバルにて上演を重ねています。

ゲッベルスが1996年に発表した『Black on White』は、現代音楽の最前線に立つドイツの室内合奏団アンサンブル・モデルンのために書き下ろした、18人ものミュージシャンが演奏者と俳優の二役を見事にこなす壮大な舞台作品。初演以来コンスタントに上演されており、今年10月、KYOTO EXPERIMENT京都国際舞台芸術祭にて日本初演を迎えます。

上演に先立ち、ゲッベルス自身が、自らの作曲と音楽劇について映像を交えながら語ります。

===================================

ハイナー・ゲッベルス Heiner Goebbels
作曲家、演出家。1952年生まれ。フランクフルト・アム・マインを拠点に活動。大学では社会学と音楽を専攻。音楽劇やコンサート作品、ラジオ向け作品、アンサンブル作品、大規模なオーケストラ作品などを創作する。1990年代のはじめより、『Black on White』(出演:アンサンブル・モデルン)などの独創的な音楽劇《ミュージック・シアター》の作曲、演出。作品は主要な国際フェスティバルで発表され高い評価を得てきた。自らもメンバーである実験的ロックグループCassiberの活動や、パリのポンピドゥー・センターをはじめとする多くの美術館や美術展でインスタレーション作品も発表している。現在は、ギーセン大学応用演劇学科教授およびヘッセンのシアター・アカデミーの代表を務める他、グラミー賞に2回にわたりノミネートされ、2012年には世界で最も権威のある演劇賞と言われる国際イプセン賞、バーミンガムシティ大学から名誉博士号を授与されるなど、数多くの国際的な賞を受賞している。アンソロジーとなる「Aesthetics of Absence」(2015)の他、ECMレコードから多数のCDをリリース中。
www.heinergoebbels.com

■費用 一般 500円 学生 無料 *学生証のご提示が必要です
■定員 200名(全席自由) *予約優先
■申込方法 申込フォームよりお申し込みください https://ssl.form-mailer.jp/fms/1f938e24505850
■主催 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター、KYOTO EXPERIMENT
■お問合せ KYOTO EXPERIMENT事務局 075-213-5839(平日11-19時)
■URL http://kyoto-ex.jp/2017/info/lecture_goebbels/