開催中のイベント
その他
2017年度わたしのアーカイブ展 in ギャルリ・オーブ
2017年07月26日 〜 2017年07月29日
本学3 年生751 名による、わたしのアーカイブ展!
講座・講演
2017教員免許状更新講習「アートの時間」
2017年07月28日 〜 2017年07月30日
教員免許更新講習 選択領域18時間です。⇒定員に達し、申込を締切りました
映像・舞台
はらはらなのか。
2017年07月22日 〜 2017年08月04日
映画学科卒業生酒井麻衣さん監督・脚本の商業映画がいよいよ京都で公開に!
展覧会
貘の札 Amulet of the Tapir
2017年06月24日 〜 2017年08月05日
大学院芸術研究科の田名網敬一教授の3年ぶりの新作個展
展覧会
【ARTZONE】「愛とテロリズム」
2017年07月01日 〜 2017年08月06日
京都造形芸術大学総合造形学科のウルトラゼミによる展覧会です。

サミュエル・ベケットを〈読む〉

春秋座公演サミュエル・ベケット作 『ゴドーを待ちながら』関連企画

日程 2017年09月08日(金)〜 2017年09月11日(月)
時間 11:00 〜 20:00(最終日は17:00まで。)
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細

MAP

カテゴリ 講座・講演
エリア 近畿圏

 サミュエル・ベケットは、文学や演劇ばかりでなく、アート、音楽、映画、ダンスなどにも大きな影響を与えています。また、特にベケット没後の1990年代から戦争、テロ、災害が相次ぎ、格差が広がる一方の現代において、作品の受け止められ方は以前とは決定的に変わってきています。
 『ゴドーを待ちながら』の上演を機に、幅広い視点からベケットをとらえるために、小さな展覧会とレクチャーを開催します。戯曲、小説、評論、評伝、影響を受けたアーティストの作品集などの書籍、映像や、専門家による「ベケット受容の変遷」についてのレクチャーから、今日におけるベケットの意義について、ともに考えていただければ幸いです。

■展示
期 間:2017年9月8日(金)~11日(月)(11:00-20:00*最終日は17:00まで)
*9/9、10は『ゴドーを待ちながら』公演日のため、13時から14時半は展示をご覧いただけません。
ただし、公演チケットをお持ちのお客様は開場後からご覧いただけます。
会 場:京都芸術劇場 春秋座ホワイエ
入場料:無料・予約不要
会場構成:多木陽介+小崎哲哉+原田祐馬(UMA / design farm)

■レクチャー
日 時:2017年9月8日(金)17:00(金)開始 (10分前開場)
登壇者:多木陽介+小崎哲哉
会 場:京都造形芸術大学 人間館NA412教室(人間館4階)
入場料:無料・要事前申込 (定員100名程度)
申 込:以下のいずれかよりお申込みください。
・申込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeT5179unl2wMDnTChE0B-jsBr00kh3l9jyv4aDJkMfouRn-w/viewform?usp=sf_link
・京都造形芸術大学 共同利用・共同研究拠点事務局 075-791-9144(平日10-17時)


*研究会の詳細については、共同利用・共同研究拠点ウェブページ
 www.k-pac.org/kyoten/ をご覧ください。
*9月9日、10日の春秋座公演サミュエル・ベケット作 『ゴドーを待ちながら』公演については
 http://k-pac.org/?p=3331 をご覧ください。

■費用 無料・レクチャーのみ要予約
■定員 100名程度
■申込方法 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeT5179unl2wMDnTChE0B-jsBr00kh3l9jyv4aDJkMfouRn-w/viewform?usp=sf_link
■主催 舞台芸術研究センター共同利用・共同研究拠点
■お問合せ 共同利用・共同研究拠点事務局 075-791-9144(平日10-17時)
■URL http://www.k-pac.org/kyoten/guide/20170908b1/
■関連教員 小崎哲哉先生