開催中のイベント
展覧会
京都銭湯芸術の祭り MOMOTARO 二〇一七
2017年08月13日 〜 2017年08月20日
修士課程修了生の西垣肇也樹さんと井上康子さんが実行委員として参画
展覧会
happy birthday to skirt!
2017年08月15日 〜 2017年08月21日
大学院在学生の小野由理子さんが個展を開催
展覧会
安冨洋貴展 ~煌めく夜~
2017年08月16日 〜 2017年08月22日
卒業生の安冨洋貴さんが個展を開催
展覧会
ULTRA GIRLS COLLECTION
2017年07月27日 〜 2017年08月27日
ウルトラファクトリーをベースに活躍する6名の作家のグループ展
映像・舞台
KUNIO13『夏の夜の夢』
2017年05月23日 〜 2017年08月27日
卒業生 杉原邦生さんが演出・美術を手掛ける舞台

リチャード三世―ある王の身体―

日程 2017年07月12日(水)〜 2017年07月17日(月)
場所 KYOTO ONISHI SOU おおにし荘 3階
場所詳細 〒601-8011 京都府京都市南区東九条南山王町6-3

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

卒業生倉田翠さん松本杏菜さんが出演、在学生加藤奈紬さんが制作を担当します

リチャード三世―ある王の身体―


前作「Pure Nation」では、社会的に構築された「身体(性)」を解体し、まだ自分の身体像や固有の欲望を獲得していない状態、母胎へと回帰することをモチーフとしていたとすれば、
本作では、他者たちから絶えず見られ、心の中を覗き込まれることによって、極度まで硬直した身体、王の身体が問題になります。
解放されることなく絶えず見られることは、人間の身体にどういう変化をもたらすか。
他者のまなざし、希望、絶望を一身に引き受ける王の身体とは何か?
異形の王を描いた「リチャード三世」という世界に混沌と浄化をもたらす歴史劇を背景に、私たちの身体と言語を通じて現代を反射できればと考えます。
また、舞台芸術作品としてのみならず、作られた舞台を無人劇化して上演をいたします。

――

■公演日時
有人劇|2017年7月12日(水)~17日(月)

7月12日(水)19:30 ☆
7月13日(木)19:30
7月14日(金)19:30
7月15日(土)14:00
7月16日(日)14:00 ☆
7月17日(月)14:00 ☆

【ポストパフォーマンストーク】
☆12日(水)=太田耕人(演劇評論家)
☆16日(日)、17日(月)=仲正昌樹(法哲学者・金沢大学教授)
その他の予定は決定次第、WEBサイト等で発表します。


無人劇|2017年7月16日(日)~17日(月)

7月16日(日)11:00
7月17日(月)11:00


■会場
KYOTO ONISHI SOU おおにし荘 3階
〒601-8011 京都府京都市南区東九条南山王町6-3


■チケット料金
有人劇
予約|一般:2,800円 / U-26:2,300円
当日|一般:3,300円 / U-26:2,800円
ペア|一般:5,000円 / U-26:4,000円

無人劇
予約|800円
当日|1,000円
有人劇ご予約のお客様|500円

※開演30分前より受付、開場。
※未就学児はご入場いただけません。


■チケット取り扱い
WEB|http://www.agosatoshi.com


原作|ウィリアム・シェイクスピア 
翻訳|松岡和子

構成・演出|あごうさとし

出演|倉田翠 白鳥達也 辻本佳 西村貴治 松本杏菜
声(無人劇のみ)|御厨亮


■スタッフ
ドラマトゥルク|仲正昌樹(法哲学者・金沢大学教授)
美術・照明|ヤン・ベッカー
音楽|木下伸司
演出システム|真下武久
舞台監督|浜村修司
衣装・美術製作助手|吾郷泰英 
演出助手|たかやまみお
制作|長澤慶太 加藤奈紬


主催|あごうさとし事務所
協力|アトリエ劇研 
助成|芸術文化振興基金助成事業
   京都府文化力チャレンジ補助事業

■公演に関するお問い合わせ
MAIL|ago.satoshi1976@gmail.com
TEL|090-6232-3558(10:00~20:00)

■費用 予約|一般:2,800円 / U-26:2,300円 当日|一般:3,300円 / U-26:2,800円 ペア|一般:5,000円 / U-26:4,000円  無人劇 予約|800円 当日|1,000円 有人劇ご予約のお客様|500円
■定員
■申込方法 WEB|http://www.agosatoshi.com
■主催 あごうさとし事務所
■お問合せ ago.satoshi1976@gmail.com
■関連在学生 加藤 奈紬(舞台芸術学科4年生)〔制作〕
■関連卒業生 倉田翠(映像・舞台芸術学科2009年度卒業)〔出演〕/ 松本 杏菜(美術工芸学科2016年度卒業生) 〔出演〕
関連機関 舞台芸術学科