開催中のイベント
その他
原田ちあきトークショーイベント
2017年11月24日
イラストレーター原田ちあきさんが来校!!
展覧会
金氏徹平「クリスピーな倉庫、クリーミーな部屋」
2017年11月03日 〜 2017年11月26日
京都造形芸術大学教授陣の作品が期間限定で一般公開されます
映像・舞台
椒(ハジカミ)企画『何てったって男の世の中』
2017年11月24日 〜 2017年11月26日
舞台芸術学科2017年度卒業制作公演
展覧会
U.S.E.10
2017年11月21日 〜 2017年11月26日
総合造形コースの卒業生・在学生・研究室による作品展が開催
展覧会
旅と文学2017
2017年11月18日 〜 2017年12月03日
京都造形芸術大学美術工芸学科 3回生展

YUKIO SUZUKI projects『堆積 -Accumulations-』

テクスト引用:スベトラーナ・アレクシエービッチ著 『チェルノブイリの祈り―未来の物語』(松本妙子訳/岩波現代文庫)

日程 2017年11月25日(土)〜 2017年11月26日(日)
時間 15:00 〜 16:20
場所 瓜生山キャンパス 京都芸術劇場 春秋座
場所詳細 特設客席

MAP

カテゴリ 映像・舞台
エリア 近畿圏

淡々と紡がれる時間の中で現代を生きる実感と覚悟を描き、 話題になった『微分の堆積』(2016年東京・シアタートラム初演)を完全リメイクし、上演。

ニューヨークに滞在した鈴木ユキオが偶然出会った1冊の本、スベトラーナ・アレクシェービッチ(2015年ノーベル文学賞受賞作家)の『チェルノブイリの祈りーー未来の物語』。それは、彼の背中を少し押した。日本にいたら、躊躇や恐れで手を触れられなかっただろうという。
テキストとの距離、男女5名の身体が静かに近づき、遠ざかりゆがみ続ける空間。人間の無邪気さと愚かさ、そして命のたくましさと尊さが、浮かび上がる。
淡々と紡がれる時間の中で現代を生きる実感と覚悟を描き、話題になった『微分の堆積』(2016年東京・シアタートラム初演)を完全リメイクし、上演。

■費用 一般3,000円/学生・ユース(25歳以下・要証明書提示)2,000円 ※当日券は各+500円
■定員 各回150名
■申込方法 【一般発売】2017年9月6日(水)10時~ 【お問い合わせ】京都芸術劇場チケットセンター窓口・電話075-791-8240(平日10-17時)
■主催 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
■お問合せ 075-791-9207
■URL http://k-pac.org/?p=3307