開催中のイベント
展覧会
DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展
2017年11月10日 〜 2017年11月23日
大学主催による写真展が智勇館1階ギャラリーにて開催
展覧会
金氏徹平「クリスピーな倉庫、クリーミーな部屋」
2017年11月03日 〜 2017年11月26日
京都造形芸術大学教授陣の作品が期間限定で一般公開されます
展覧会
城下浩伺展
2017年11月03日 〜 2017年12月03日
卒業生の城下浩伺さんが個展を開催
展覧会
旅と文学2017
2017年11月18日 〜 2017年12月03日
京都造形芸術大学美術工芸学科 3回生展
展覧会
八木良太 nightfall in UBUD
2017年11月18日 〜 2017年12月21日
八木良太先生の新作と、芸術館所蔵品をコラボレーションして展示を行います。

八木良太 nightfall in UBUD

インドネシア、バリ島、日没のウブド

日程 2017年11月18日(土)〜 2017年12月21日(木)
時間 10:00 〜 17:00(日曜、祝日は休館します。)
場所 瓜生山キャンパス 芸術館
場所詳細 人間館ギャルリオーブ2F

MAP

カテゴリ 展覧会
エリア 近畿圏

京都造形芸術大学芸術館では、同時代の美術作家の表現をコレクションとのコラボレーションとして紹介する新しいプランとして、2013年から16年まで『縄文と現代』というシリーズ企画展を開催してきました。今回の2017年秋季特別展は、そうした可能性と情熱を引き継ぎ、芸術館、アーティスト、大学、コレクションとのこれからの連携を見出す試みとして開催するものです。
八木良太(空間演出デザイン学科専任講師)は、「見えないものの可視化/聞こえないものの可聴化」を主題に、映像、音響、オブジェなどのメディアを駆使した作品を制作、国内外で活動を広げているアーティストです。本展では、多彩な近年の展開、バリ島ウブドをテーマとした新作、芸術館所蔵品との新しいコラボレーションなど、時空をつなぐ作品世界をお届けしたいと思います。

■費用 -
■定員 -
■申込方法 -
■主催 京都造形芸術大学 芸術館
■お問合せ Tel 075-791-9243  / Fax 075-791-9435 / E-mail teacher@kuad.kyoto-art.ac.jp
■URL http://geijutsu-kan.com/index.html
■関連教員 八木良太(空間演出デザイン学科 専任講師)