京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード

ここに集う教職員、学生の 喜びも悲しみも分かち合ってこそ 学園の未来がある 生死は天命に委ね なおいっそう祈る心で 藝術立国の魂が受け継がれゆくことを ただ願うのみ 後に続く者を信じて 德山詳直

德山 詳直(とくやま・しょうちょく)

1930年5月13日、隠岐の島(島根県隠岐郡海士町)生まれ。戦後間もない1948年に同志社外事専門学校に入学、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学するも、隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留されることとなった。拘置中に差し入れられた奈良本辰也著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学、1992年に東北芸術工科大学(山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。2014年10月20日逝去。著書に『藝術立国』がある。

あなたの思い出エピソードをお寄せください。投稿フォームはこちら

寄せられた思い出・エピソード

 

CATEGORY

PERSON

忘れられないことば(語録)

40代 / 女性
その他 / 一般

昔、大切な方が他界するということがありました。

まだ若かったから、人の死に直面する経験があまりなくて、この世の中にその人の存在が無くなったという事実がなかなか咀嚼できず、また、まさか自分の人生にそのような不幸な落とし穴が待ち受けていたことも受け入れられず、最初は「これぐらいのこと乗り越えてみせる」と思っていたのに、極度のストレスで身体をこわし、毎日呼吸するだけでも精一杯、廃人になった心地で過しておりました。

そんな折に、德山詳直理事長にしばらくぶりに再会いたしました。

元々元気印がトレードマークだった私の変わりぶりに気づかれたのか、お食事に誘ってくださり、さりげなく私の話を聞いてくださいました。

それまで、苦しまぎれに自分の身に起こったことを友人知人に話しても、多くの人はなんと言葉をかけたら良いのか分からず、困らせるばかりでしたが、德山理事長は私の話を聞き終わるとすぐさま仰いました。

「人生とは、突如として思いもかけないことが起こる。
突如として思いもかけないことが起こるのが人生なのだから、
我々はその覚悟で生きていかなければならないのだけれども、
また何年かたって、
あの時あったあのことは、今のこのことのためにあったのかもしれない、と思えてくる、
それもまた人生なんや。」

そう。若かった私は順風満帆な人生しかイメージしていなかったけれど、順風満帆なだけのはずがない。
人生に対する覚悟が無かったから、落ちた穴から這い上がれなかったんだ。
私はこの言葉がきっかけで、少しずつ生きる力を取り戻しました。

さて、この話をここにお出ししようか迷いましたが、今どこかで私のように人生の落とし穴にはまって苦しんでいる人がいるかもしれない、そして、その人のためになることを德山詳直理事長は希望されるだろう、と思い、ここに投稿いたします。

故人へのメッセージ(弔辞)

30代 / 男性
京都造形芸術大学(通信) / 在学生

今年度卒業を目指しています

実は学業を挫折しかけてましたが何とか卒業目前まで来れました

立ち直れたのは、入学式の無料動画上で先生の入学生へのメッセージを拝見した事がきっかけで
先生の熱い言葉に感動したからです

一度お目にかかりたかった熱い先生

本当にありがとうございました

思い出・エピソード

50代 / 女性
日本文化藝術財団 / 一般

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

德山先生は、ひょうひょうとした方でしたが、鋭い一言をおっしゃられ、それがまた的を射ていつも反省させられました。
最後にお会いしたのは確か4年ほど前、財団の授賞式でしたが、その時、「老けたな」と言われたことが、今では良い思い出になっています。
年月がたつのは早いもので、未だに先生の求められる域に達していない道半ばの自分がいますが、決意を新たに、自分に残された宿題を完成させたいと存じます。

思い出・エピソード

70代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

教職員集会のあと、理事長から声をかけられ、「君は僕の話を聞いていてくれたネ」と言われた時、
「確かにしっかり聞いておりました」と答えました。

理事長の一言一言は、今もしっかりと私の胸の奥深くにきざまれています。
晩年に理事長と出会え、心をお掛け頂いたことを深く感謝します。

思い出・エピソード

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

理事長が入学式の時に話された内容がとても心に残っています。
ここまで大学のこと、学生のこと、日本のことを考えて下さっている理事長は、ここ京都造形芸術大学にしかいないと思いました。

直接話をする機会はありませんでしたが、学内で見かける度、今日も理事長は元気だと、私も元気になりました。ありがとうございました。

故人へのメッセージ(弔辞)

40代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

德山理事長

在校生として、卒業生として、そして職員として、そして学園を離れた一同窓生としても大変にかわいがって頂き、たくさん話をして下さり、ありがとうございました。
最後にお目にかかった折も、同窓会のことを心配して下さり、未来に向かう学園についても伺えて.....。
しかし今夏、京都へ行ったのに理事長にアポイントが取れず御見舞できなかったのが悔やまれます。
これからも微力ながら、学園と財団に協力できたらと思っています。

思い出・エピソード

50代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 保護者

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

娘の入学式で「在学中に困ったら相談に来い、大学は必ず何とかする」
卒業式で「社会に出て困ったら大学に戻って来い」
と言ってくださったことが忘れられません。
親は子より先に死にますが、娘にはずっと見守ってくれる母校があります。
そんな大学を作ってくださってありがとうございました。

思い出・エピソード

60代 / 男性
その他 / 一般

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

開口一番 君!!この仏様はどうや? と必ず、奥の心をお聞きになられました。
人の声を聞いてから答えをいただくお方でした。
ご指導をいただきありがとうございました。

思い出・エピソード

20代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

先生は以前、半期卒業の学生に一喝されていました。
不安定な社会の中、君たちはそれでいいのか、と。
あの時、先生の厳しくも優しい心が伝わりました。
先生は日本の事を考え、そして、学生たちのことを一番に考えてくださっていました。
先生亡き後、私たちが日本の芸術、未来をになっていこうと、支えていこうと強く思います。
本当にありがとうございました。

故人へのメッセージ(弔辞)

50代 / 男性
その他 / 一般

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

本を読んで感動しました。
生前はお世話になりました。
ごはんをごちそうになり、ありがとうございました。