京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード

ここに集う教職員、学生の 喜びも悲しみも分かち合ってこそ 学園の未来がある 生死は天命に委ね なおいっそう祈る心で 藝術立国の魂が受け継がれゆくことを ただ願うのみ 後に続く者を信じて 德山詳直

德山 詳直(とくやま・しょうちょく)

1930年5月13日、隠岐の島(島根県隠岐郡海士町)生まれ。戦後間もない1948年に同志社外事専門学校に入学、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学するも、隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留されることとなった。拘置中に差し入れられた奈良本辰也著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学、1992年に東北芸術工科大学(山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。2014年10月20日逝去。著書に『藝術立国』がある。

あなたの思い出エピソードをお寄せください。投稿フォームはこちら

寄せられた思い出・エピソード

 

CATEGORY

PERSON

忘れられないことば(語録)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

数ある大学の中から、ここ、京都造形芸術大学を選んだのは、"藝術立国"をはじめ、"京都文藝復興"など、德山詳直先生の書に出逢ったからです。とても熱く、壮大な先生のお言葉、こんなことを書く先生のもとで学びたい。そう想いすでに合格していた大学を辞退し、入学を決めました。先生のおかげで、今の私がいます。造形大で何にも変えられない財産を頂きました。本当に有難うございました。

在学中に頂いた「君の好きなようにしなさい」の言葉を胸にしっかり夢をつらぬきます。

思い出・エピソード

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

2014年度の卒業生です。卒業式の際、「京大病院からぬけだして諸君の顔を見に来た」と言ってくださった時は、この大学に入学して、一番感動いたしました。

学園長がこの大学の学園長で本当によかったです。

故人へのメッセージ(弔辞)

80代 / 女性
その他 / 一般

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

大変、お世話になりました。ありがとうございました。

思い出・エピソード

20代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

卒業式の時、京大病院を抜け出してきてくださった事は今でも鮮明に思い出せます。

思い出・エピソード

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

1回生の頃、学生広報スタッフとして活動していたときの話です。
德山前理事長からご出身の海士町の話を聞き、その島の名物のカレーをいただきました。
そして学生への思いを語られながら、前理事長さん泣きはりました。
それが今だに忘れられません。

忘れられないことば(語録)

50代 / 男性
その他 / 一般

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

取引先としてごあいさつさせて頂いた時、

“若い人達は 自分より頭はいいかもしれないが
心臓は 私が 一番強い
強い心臓を持ちなさい”

と教えて頂きました。
心に残る言葉でした。

思い出・エピソード

40代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

理事長の出張に付き添いすることになり、付き添いしてもよいか理事長の許可を得るための面談(面接に近い)があった。
そこで理事長より「命をかけて仕事をしているか?」と真正面から問われ、私は驚いて言葉に詰まっていると、
「命をかけて仕事をせなあかんやろがー!」とカツを入れられました。

思い出・エピソード

40代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 保護者

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

初めてこの造形大学の見学に、家族と共に訪れ、とてもオーラのあるこの地の建物に感動しました。
兄はおしくも東京の芸術大学に行きましたが、次女がこちらでお世話になる事が出来ました。
初めての入学式でのお話に感動し、大好きになり、1人のファンになりました。
毎年、この大学に遊びに来たりと、4年間通いましたが、最後の卒業式での故人の言葉、話に涙が止まらないくらい感動したことを忘れません。
ありがとうございました。

忘れられないことば(語録)

50代 / 女性
日本文化藝術財団 / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】


地球は回っているのに
何故、人は落ちないんだろうって思った事はないかい?
ボクは幼い頃、不思議に思ったよ!

故人へのメッセージ(弔辞)

20代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

理事長のあの独特な話し方、忘れられません。
もう聞けなくなってしまうのは、つらいです。
一度お会いした時、僕のしゃべり方が変だったのか、何回も補聴器をこちらに向けさせることになってしまい、申し訳なかったです。
本当に色々教えていただきました。
理事長の教えを守れるように生きていきます。
ありがとうございました。