京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード

ここに集う教職員、学生の 喜びも悲しみも分かち合ってこそ 学園の未来がある 生死は天命に委ね なおいっそう祈る心で 藝術立国の魂が受け継がれゆくことを ただ願うのみ 後に続く者を信じて 德山詳直

德山 詳直(とくやま・しょうちょく)

1930年5月13日、隠岐の島(島根県隠岐郡海士町)生まれ。戦後間もない1948年に同志社外事専門学校に入学、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学するも、隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留されることとなった。拘置中に差し入れられた奈良本辰也著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学、1992年に東北芸術工科大学(山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。2014年10月20日逝去。著書に『藝術立国』がある。

あなたの思い出エピソードをお寄せください。投稿フォームはこちら

寄せられた思い出・エピソード

 

CATEGORY

PERSON

忘れられないことば(語録)

40代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学5期生の卒業式でのおことばで

「命がけであなたがたのかわいいこどもを守りぬきなさい」

とおっしゃったことばが忘れられず、大事にしたいと思っております。

故人へのメッセージ(弔辞)

40代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

心よりご冥福をお祈りいたします。

こども芸術大学を創設していただき、心より感謝の気持ちでいっぱいです。
卒業までに親たちともっと「母なる大地の回復」について語り合いたいと思います。

忘れられないことば(語録)

40代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学へ5年通わせて頂きました。
母と子の幸せな時間を過ごさせて頂きました。

「子育ては それは大変な仕事だ。
お母さんたち、しっかりしてください!!」

と熱いお言葉を頂いた事が忘れられません。
ありがとうございました。

(お子さんの字で)
ありがとうございました。
おせわになりました。
こどもげいだいおつくてくれてありがとうございました。

思い出・エピソード

30代 / 女性
その他 / 保護者

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学へ通わせて頂いている母子です。こ芸を作って頂いたおかげで、気付けた事、生きる意味、人とのつながり、今はうすれてしまったそういうつながりを改めて感じさせてもらう場所にいれる喜びは計りしれません。私が入学してからこ芸でお会いする事は出来ませんでしたが、たまにエレベーターなどでお会いした元理事長は、こどもをニコニコとあたたかい目で見て下さいました。あの瞳に救われました。
とても大切な事を考えさせて下さってありがとうございます。安らかに。

思い出・エピソード

50代 / 男性
京都芸術短期大学 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

実は私ども夫婦はこの学校で挙式をあげており、德山先生に仲人をお願いしました。
その後、私の家が危機の際助けていただきました。

思い出・エピソード

40代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

先生の御自宅で、芸術について熱く語って頂いたお話が貴重な経験になりました。
ありがとうございました。

故人へのメッセージ(弔辞)

30代 / 女性
その他 / 保護者

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸大の入学式や卒業式でお会いしたぐらいなのですが、こども芸大を卒業した今、小2の娘が「つえをついた先生!しろいかみの先生!」としっかり覚えていました。
こども芸大の年中の次女は、德山先生に絵をかいて、「てんごくでおてがみよめるかなぁ?」と言っています。
先生の想いでつくられたこども芸大。いつまでもその想いが受け継がれ、愛のあふれるこども芸大ですくすくこどもたちが育っていきますように。
ありがとうございました。

思い出・エピソード

70代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

忘年会で席までたずねて来て下さって、しっかりと温かく、無言で握手して頂きました。

故人へのメッセージ(弔辞)

70代 / 女性
その他 / 一般

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

やすらかにお眠り下さい。

故人へのメッセージ(弔辞)

40代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

校長先生、
こども芸大に通っていました。こども芸大という場所を作っていただき、感謝しています。
あの時間があったから、今の私、そして、今のこども、今の家族があるのだといつも思っています。
ありがとうございました。
お元気で!!大好きです。