京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード

ここに集う教職員、学生の 喜びも悲しみも分かち合ってこそ 学園の未来がある 生死は天命に委ね なおいっそう祈る心で 藝術立国の魂が受け継がれゆくことを ただ願うのみ 後に続く者を信じて 德山詳直

德山 詳直(とくやま・しょうちょく)

1930年5月13日、隠岐の島(島根県隠岐郡海士町)生まれ。戦後間もない1948年に同志社外事専門学校に入学、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学するも、隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留されることとなった。拘置中に差し入れられた奈良本辰也著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学、1992年に東北芸術工科大学(山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。2014年10月20日逝去。著書に『藝術立国』がある。

あなたの思い出エピソードをお寄せください。投稿フォームはこちら

寄せられた思い出・エピソード

 

CATEGORY

PERSON

故人へのメッセージ(弔辞)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

個人的にお話することはありませんでしたが、もうお姿を見ることができないと思うと、とても悲しいです。
理事長のお話はとても胸にきました。私を前向きにさせてくれました。
お話を聞けて、本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

思い出・エピソード

40代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学にお世話になっております。
今中学1年の子の6歳の誕生日、たまたま大学内で理事長にお会いしました。
「かわいいなぁ」と、いつも声を掛けて頂くのですが、誕生日だということがわかると、「今から理事長室へおいで。」と招いて頂き、子どもたちはお菓子やジュースを頂きました。
いつもほんとうに子どもたちのことを思って下さる気持ち、思いが伝わってきます。
偶然お会いできることをいつも楽しみにしていました。
「おー、かわいいなぁ」と子どもたちを前に、腰を低くして笑ってらっしゃるお顔、いつまでも忘れません。

思い出・エピソード

10代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学の時に、山形につれていってもらった時のことを、よく覚えています。
あと、理事長の家におじゃまさせてもらった時のことも覚えています。
家に行ったときは、私のすきな、うずらのたまごを用意してもらって、うれしかったです。
今までありがとうございました。

思い出・エピソード

60代 / 男性
京都芸術短期大学 / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

4年間、助手・講師をした後、退職して会社を起こすためにアイサツ。
そのとき「5年で帰ってこい」と言われ、思わず「はい」と答えてしまいました。
ついに約束は守れませんでした。

故人へのメッセージ(弔辞)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

学園長がこの大学を建てて下さったおかげで、今の私達がいます。
これから社会へ飛びたとうとしている私達は学園長の思いを受けとって、社会に貢献したいと思います。

忘れられないことば(語録)

40代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

・こどもこそ未来
・子どもたちに向かって “おまえら~ ”
・この子どもたちを、しっかり守って育てなさい
・とにかく“親がしっかり子をみて育てなさい”という一貫したメッセージを残して下さり、ありがとうございました。

思い出・エピソード

40代 / 女性
その他 / 保護者

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

そうちょくさん こどもげいだいつくてくださて ありがとう いつもありがとう こどもげいだいつくてくれてありがとう

こども芸術大学を愛を持って創立していただき、本当にありがとうございました。
入学式で、「このかわいい子たちをどうにかしてでも守らないといけないんだ!!」と丸ごと愛して受け止めてくださって、身の引き締まる思いと温かい心を感じました。愛がすべてなんですね。それを教えて頂きました。ありがとうございました。

思い出・エピソード

40代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

私は99年瓜生山学園に入学して今日まで前理事長にお世話になりました。いつも留学生たちに対して心配してくださって、やさしく声かけてくださったことは、今も鮮明に覚えています。ユンドンジュ詩人のことや、韓国総合芸術学校での講演など、数多くの感動や勇気をもらいました。学校では、私の顔も覚えてくださり、いつも声をかけていただきました。

「ご飯は食べたの?」

韓国では、朝鮮戦争後貧困の時期が長かったため、食べつなぐことが一番優先であることがありました。その気持ちが、相手に心配することとしてあいさつがわりになっています。「こんにちは」ではなく「ご飯は食べたの?」というあいさつ。前理事長のささいな心遣いですが、私にとっては大きな感動であり、思い出です。

ご冥福をお祈りします。

故人へのメッセージ(弔辞)

00代 / 男性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

とくやませんせい  こどもげいだいわ たのしいです。
てんごくでもたのしくくらしてください。

思い出・エピソード

00代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

とくやませんせいへ

そつぎょうしきのときに、
「かわいい、かわいい、かわいい、かわいい、子どもたちをだいじにしてくださいね。」
といってくれてありがとう。