京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード

ここに集う教職員、学生の 喜びも悲しみも分かち合ってこそ 学園の未来がある 生死は天命に委ね なおいっそう祈る心で 藝術立国の魂が受け継がれゆくことを ただ願うのみ 後に続く者を信じて 德山詳直

德山 詳直(とくやま・しょうちょく)

1930年5月13日、隠岐の島(島根県隠岐郡海士町)生まれ。戦後間もない1948年に同志社外事専門学校に入学、1950年に同志社大学法学部政治学科へ進学するも、隣国で勃発した朝鮮動乱に抗議する運動に身を投じたことから、数回にわたり逮捕・拘留されることとなった。拘置中に差し入れられた奈良本辰也著『吉田松陰』に感銘し、吉田松陰が終生にわたって德山の思想的な礎になる。近代西欧文明が行き詰まることを早くより看破し、松陰や岡倉天心に深く傾倒しながら、藝術の力による国づくり「藝術立国」を志して、東洋の思想を基盤にした藝術教育に生涯を捧げた。1977年に京都造形芸術大学の前身である京都芸術短期大学、1991年に京都造形芸術大学、1992年に東北芸術工科大学(山形市)、1993年に財団法人日本文化藝術財団(東京)を創設。また、1998年に芸術大学で初めてとなる通信教育課程を設置し、2005年には「こどもこそ未来」を掲げて幼児保育機関「こども芸術大学」を、2010年には東京・明治神宮外苑に藝術の生涯学習機関「東京藝術学舎」を開設した。現在、これらの学び舎で藝術教育を受けた人々が、さまざまな分野で活躍している。2014年10月20日逝去。著書に『藝術立国』がある。

あなたの思い出エピソードをお寄せください。投稿フォームはこちら

寄せられた思い出・エピソード

 

CATEGORY

PERSON

忘れられないことば(語録)

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

(留学生からのメッセージ)
芸術立国のことで最初入学する前に一番映像強く、心に残りました。
実際に大学に入ってからいろんなことを勉強になってから、この身で芸術でこの世界をかえる力を持つことを強く感じました。
ありがとうございました。これからもその志を忘れずに頑張っていきたいです。

思い出・エピソード

40代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こども芸術大学在学時、一度理事長のお話を直接お聞きする機会にめぐまれました。
学校を設立されるにいたった、ご自身の戦時中の体験。女・こどものためにという思い。
その思いに....3年間とても支えられました。
入学直前離婚し、母子家庭となり、こ芸に通いながらも、ほんとうにここに通っていてもいいのかなという気持ちとの葛藤もありましたが、理事長のあたたかなまなざし、熱い思いのおかげで、自分がここにいていいんだと思え、そして、未来のこどもを支えてもらいながら育んでいく一人でありたいと思いました。
理事長に出会えて、本当によかったです。多謝。

故人へのメッセージ(弔辞)

30代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

お話はたくさん聞いているのに、一度もお会いしたことありません。
それなのにこんなに感動してしまうのは・・・。
お写真を見た瞬間、「ありがとう」の涙が。
すてきなこども芸術大学をつくってくれて、ありがとう。

「こ芸つくってくれてありがとう!!」(娘より)

忘れられないことば(語録)

40代 / 男性
京都造形芸術大学(通学) / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

遠い昔、理事長にお会いした時
「きみは耳の形が良い」と言われハッとしたことを憶えております。
理事長にお会いすると何か目に見えないオーラ、力を感じていました。
いつも力強いお言葉、もう聞くことができないと思うと残念でなりません。
有り難うございました。合掌。

故人へのメッセージ(弔辞)

40代 / 女性
その他 / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

校長先生! きっと今ごろ、大好きなお母様と久しぶりに再会されて、楽しく過ごされていることと思います。
先生のお母さんを大切にされている姿、とても美しくキラキラした思い出です。
いつお会いしてもニコニコとこどもと向きあって下さり、本当にありがとうございました。
これからも先生の思いをうけついでいくこども芸大でありますよう、見守っていて下さい。
こども芸大で過した日々は今もそれぞれの心の中で生き続けています。

思い出・エピソード

70代 / 女性
藤川学園 / 教職員(元・現)

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

旧・京都藤川服飾学園の時代に新しく理事長として入ってこられ、その頃に教員として大変お世話になりました。
10年ほど前、造形大でお会いしたとき、「年とったなぁ」と云われたので、「お互いにですね」と笑ったことを思い出します。

故人へのメッセージ(弔辞)

00代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

こどもげいだいをつくってくれて ありがとうございました
こげいはたのしいです
とてもひろくてはしりまわったり おおなわとびしたりしています

忘れられないことば(語録)

40代 / 女性
その他 / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

「お母さん」
「こどもたち、ほんとうにかわいいね」
「どうぞ大切にそだててください。かわいがってください」

一つ一つのメッセージが力強く、お母さんの大切さ、こどもと向き合う姿勢を考えさせられました。
この先、地球がどこへ向かうのかとても不安な時代に德山前理事長は、強く未来への希望を見出すことができる存在でした。
感謝。

思い出・エピソード

40代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 卒業生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

私は第1期卒業生です。今よりも学生数はぐっと少なくて、学科を超えて皆仲が良く、本当に楽しい学生生活を送らせて頂きました。
2回生の時の伝統芸術演習では、市川猿之助先生はじめとする一門の皆さんによる歌舞伎の講義がありました。とても楽しく、とても勉強になりました。講義の最終日の発表会では、理事長が嬉しそうにごあいさつされました。能楽堂でのうちあげパーティに学生を呼んでくださった時、学生にかこまれ、楽しそうに熱く語られている姿、とても印象的でした。
1期生は、卒業の時にも有志による講演をお許し頂き、貴重な経験をさせて頂きました。
先輩がいなかった私達は、高校生の様に幼く、社会常識もとぼしく、今思い出してもとても世間知らずでした。
その様な私達にも大らかによりそい、見守り、多くの我ままを聞いてもらいました。理事長先生に大学の皆さんにとても大切にされたと思います。
この大学を創って下さり、本当にありがとうございました。
京都造形芸術大学がずっとずっと大好きです。
今の学生さん、これからの若い人達を先生がして下さった様に大切にすることで、バトンをつないでいきたいと思います。

思い出・エピソード

20代 / 女性
京都造形芸術大学(通学) / 在学生

【2014年12月12日に執り行われました学園葬でご投稿いただきました】

理事長に一度、エレベーターで一緒になったとき、かばんについていたストラップを手にとって「かわいいね」と突然話しかけて頂いたことがあります。
壇上だけでなく、学生1人を相手にしてもそのままのお人柄なんだなと思ったことを覚えています。