博士課程に進む意味

"修士課程"の先にある、"博士課程"に進む意味

自分の作品を語れる、言語を持つ

かつて、芸術表現は感覚的なものとして扱われていました。ところが、近年のアートの傾向として、制作者が自分の作品について言語化できなければ、アーティストとしてのスタートラインにさえ立てない、という状況が世界標準となりつつあります。感覚的な能力と、客観的に分析する能力。この2つを兼ね備えた制作者が、求められているのです。
本大学院の大きな特色は、学術的な研究を行う人はもちろん、制作系の領域で作品制作に取り組む人にも、論文を課していることです。これまで感覚的な世界で制作してきた人が、自分の作品を客観的に見つめ、それを言葉にすることによって明確化する。そのことが、結果として制作をより力強いものにしていくのですね。
とは言え、これまで理論立てて研究することをしてこなかった人にとって、論文を書くということは大変な仕事です。当初は、我々としても、研究に集中するあまりに作品の完成度が低くなってしまっては本末転倒ではないか、という懸念もありました。
しかし実際は、研究に取り組むことによって、作品をつくることに対してもポテンシャルが上がっていく人がほとんどです。また、論文の内容についても、制作者ならではの視点から、非常に独自性の高いものが生まれており、それを読む我々に、スリリングな高揚を与えてくれます。研究と制作を併せて追求することで、非常に良い相乗効果が生まれることを、ここで博士課程を過ごした人たちが証明してくれています。

研究者が、多くの糧を得られる場所

博士課程というところは、何かを受け身で教えてもらう場所ではなく、研究テーマを見つけ、調査や考察を行い、その成果をまとめるところまで、すべてを自分の力で行うところです。極端に言えば、大学に来なくても、自分で論文を書いて提出すればよいわけです。では、大学に所属して研究に取り組む意味とは、何でしょうか。
そのひとつは、自分だけの考えではなく、いろいろな人の考えを知ることができること。京都造形芸術大学は、まだ新しい大学であり、良い意味で学科や領域ごとに固まっておらず、横とのつながりが生まれやすい環境があります。他の人が違うことを考えていたり、まったく思いもよらなかったことを指摘されたり、違う分野の人との交わりを通して新しい発想や発見を得られる機会が、ここには多くあるのです。
また、学術的な研究を行っている人にとっては、アーティストがすぐ間近にいて、その発想や制作の仕方、感覚的に身につけているものに触れられることも、大きな研究の糧となります。ぜひ、いろいろな人の研究や制作活動に興味を持ち、積極的な交流や対話を行ってほしいと思います。

挑戦のための、3年間であってほしい

博士課程では、これまで誰も踏み込んだことのない、新しいテーマを追求していく人が多く見られます。彼らと接する教員たちは、指導者というよりも、お互いに意見を交わしながら、一緒に新しいものをつくりあげていくという姿勢で、一人ひとりと向き合っています。
また、この大学の付属機関である大学院学術研究センターでは、実践的なプロジェクトやワークショップが数多く展開されています。研究のための研究ではなく、実践のための研究が行われ、その活動に参加することで、自分の知識や研究を社会にどのように還元させていくのかを考えることができます。
このような環境ですから、ここから新しいものが生まれていく可能性は、常にあります。しかし、3年間で成果をまとめようと、焦る必要はないかもしれません。小さくまとまってしまうよりはむしろ、一生かけて取り組んでいくべきテーマの、スタートラインを見つける。そんな気持ちで、3年間挑んでください。

博士課程 芸術専攻 副専攻長 藤本 由紀夫

博士課程 芸術専攻 副専攻長

藤本 由紀夫

1950年名古屋生まれ。大阪芸術大学音楽学科卒。80年代半ばより日常のなかの「音」に着目した装置、サウンド・オブジェを制作。インスタレーションやパフォーマンス、ワークショップを通じて、空間における「音」の体験から新たな認識へと開かれていくような活動を展開している。2001、07年、ヴェニス・ビエンナーレ参加。

[ 教 員 ]本学専任教員のうち2015年度の博士論文指導教員を掲載しています。(五十音順)
浅田 彰、尼﨑 博正、 荒川 朱美、上村 博、岡田 文男、河上 眞理、佐藤 博一、伊達 仁美、椿 昇、仲 隆裕、中村 利則、中山 和也、松井 利夫、森山 直人、八幡 はるみ

資料請求 あたらしいパンフレットができました。