歴史文化論、文化財科学、文化財保存修復論、庭園文化論

歴史遺産研究領域

歴史遺産の価値を読み解き、
保存・継承していくための研究に取り組む

京都には都としての長い歴史があり、様々な時代・種類の歴史遺産があります。本領域では、京都という立地を存分に生かしつつ、これらの「歴史遺産」=「歴史的に継承されてきた文化遺産」の保存・継承・修理・活用に関する総合的な研究に取り組んでいます。寺社や遺跡、博物館や資料館へのフィールドワークや演習・実習授業を通して、実践的な知識と技術を習得し、有形・無形の歴史遺産の継承・発展に寄与できる人材を育成しています。
たとえば、ひとつの歴史遺産であっても、時代によってその価値や評価は変化します。それらを具体的にたどってみることによって、各時代の時代相を知ることができるとともに、人類の活動に対する明確な視座を手に入れることができるのです。

領域の特長

京都をフィールドにした調査と実践

国宝や重要文化財が間近にある京都。本領域では、寺社・博物館・資料館・遺跡などのフィールドワークを積極的に行っています。また、文化財修復のプロを目指す人の育成機関としても機能しており、実際の修復事業への参加を通して実践力を養います。国宝修理装潢師連盟や京都国立博物館との連携により、インターンシップの機会も設けています。

文芸復興(ルネッサンス)への第一歩

かつて日本画に使われていた紙や絵具を分析して明らかにしていく。古代の仏像を試作して制作技術を推定復元する。過去の技法を解明することは、新しい表現の出発点となります。また、過去の作品が劣化・損傷してきたメカニズムを究明することは、素材や保管の方法など、これから制作する作品を長く残していくためのガイドラインを与えてくれます。

日本庭園・歴史遺産研究センター

本学附置研究センターの日本庭園・歴史遺産研究センターとも連携

被災文化財 ERプロジェクト

資料請求 あたらしいパンフレットができました。