和太鼓教育センター

京都造形芸術大学、京都芸術短期大学(2001年4月より京都造形芸術大学と併合)、京都国際文化専門学校(現京都芸術デザイン専門学校)において、1994年に「心・技・体」をテーマとして和太鼓を教育の場に取り入れ、授業やクラブ活動等において更なる活動の拡大と充実をはかる為、2001年4月に本センターを開設致しました。
現在では、本学の学生だけでなく、幼児から社会人、あるいは自閉症やダウン症の方など老若男女問わず、幅広い方々を対象に太鼓教室を開催しています。
身体及び精神鍛錬の場としてだけではなく、芸術文化の身体表現に関する創造と交流を目指すと共に、人が社会的生活を健全に過ごせる事への教育的貢献を意義としています。
また、総合芸術の要素を強く持った和太鼓の真髄を広げていくことが、京都文芸復興につながると考えています。
一方、太鼓教室などの指導に携わるメンバーで、和太鼓チーム『悳炎(SHIEN)』を結成し、国内外においてコンサートの開催やイベントへの出演、あるいは様々な教育機関におけるワークショップなど、幅広い活動を行っています。

悳炎公式ホームページ(http://wadaiko-shien.com)

卒業制作・卒業論文データーベース

京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード