島根ものづくりセンター

島根ものづくりセンター

島根ものづくりセンターは、「芸術活動による新しい地域文化の創造」を目指した「地域コミュニティの創出」「地域産業の振興」「観光資源の活性化と創出」を目的として2015年8月にオープンしました。センターでは、産学連携プロジェクトによって開発された商品の展示や、公開講座やワークショップの開講。また市民に開かれた場所として開放しています。

京都造形芸術大学と島根県の縁は深く、創立者である故 德山詳直の出身地が隠岐島(海士町)であることにはじまり、2005年から始まった温泉津町での「海神楽」の上演は毎年続いています。2006年からは、「松江武者行列」の演出コーディネート、2010年からは、しまね産業振興財団との協業による商品開発プロジェクト(「時空プロジェクト」)、海士町での旧家資料調査、2014年には「しまねっこ」のPV制作など、本学の産官学連携事業を学生達とともに島根県下各地で展開してまいりました。同センターでは、こうした島根県諸団体と連携した活動をよりいっそう推進して、「芸術活動による新しい地域文化の創出」を目指しています。

所在地 〒690-0887 島根県松江市殿町201
アクセス 一畑電車北松江線
「松江しんじ湖温泉」駅より徒歩15分
受付時間 10:00〜17:00
電話番号
FAX番号
0852-67-6581
0852-67-6582
入場料 無料

島根ものづくりセンターFacebookページ

卒業制作・卒業論文データーベース

京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード