京都芸術劇場(studio21)

写真:渡邉修

京都芸術劇場(春秋座・studio21)は、2001年に京都造形芸術大学内に開設された、わが国の高等教育機関ではじめて実現した大学運営による本格的な劇場です。主に歌舞伎の上演を想定してつくられた大劇場(=春秋座)と、現代演劇・ダンスの上演を想定してつくられた小劇場(=studio21)という、まったくタイプの異なる二つの空間から成り立っており、伝統演劇・芸能から最先端のマルチメディア・パフォーマンスまで、現代の多様な舞台芸術を幅広くカバーできる設備を誇っています。

studio21

小劇場「studio21」は、現代演劇やダンス、パフォーマンスなど、さまざまな舞台芸術の実験を行うための空間です。移動可能な舞台調光設備や音響装置を備え、天井のグリッドには機材や美術装置が自由に吊れるようになっているほか、客席も移動式でスペースの縦使いや横使いも可能です。

空 間 幅 約11.3m×長 約25.3m×高 約5.45m(場内のレイアウトは自由)
客席数 ひな壇・パイプ椅子使用で120席程度

京都芸術劇場(http://www.k-pac.org/)

卒業制作・卒業論文データーベース

京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード