アート・コミュニケーション研究センター

設立主旨

コミュニケーションの重要性が、社会の様々な場面で訴えられています。家庭や学校といった密接な関係を築く場でさえ「どうしてもっと話し合えなかったのか」と思われるような事件が相次いでいます。このような現状を踏まえ、人が人との間で生きていくために最も重要な要素であるコミュニケーションのあり方・育て方について、美術教育の現場から問い直してみようというのが本センターの設立趣旨です。

現在、教育現場では生きる力を高めようとする動きが進んでいます。本センターは美術の分野から、コミュニケーションの問題と「生きる力」の向上にアプローチしていきます。美術は感受性を養うだけでなく、社会の中で主体的に生きる人間を育てる教育コンテンツとしても有効であると考えています。自立した鑑賞者の育成や私達の考えるアートの普及促進を通じ、アートの可能性を広げ、ひいては自らの力でみて、考えて、話し、聴くことの出来る主体的な人材の育成に寄与したいと考えています。(*)

京都造形芸術大学では、2004年度からACOP/エイコップ(Art Communication Project)を展開して来ました。芸術表現・アートプロデュース(ASP)学科の一講義としてスタートした本プロジェクトは、毎年恒例の「鑑賞会」や数々のシンポジウムの開催を通じて年々多くの人の知る所となり、様々な方面より励ましや期待の声をいただくようになりました。そんな中、ACOPを広義のアート・コミュニケーションの一つのあり方であると考え、アートの可能性を多角的に探る研究活動を担う機関として、アート・コミュニケーション研究センターは2009年4月に設立されました。

* 「アート」の定義について、私たちは「みる人と作品の間に立ち起こる不思議な現象」ととらえています。

多様な実践研究の展開

本センターはACOPの実践展開や、アートの可能性を模索するため、全国の美術館や他大学との共同研究、様々な教育機関での講演も積極的に行なっています。 2009年度にはセンター代表・福のり子が研究代表を務める科研費研究「コミュニケーションがつなぐ人とモノ:真の能動的鑑賞者育成プログラムの実践的検証」が採択され、京都大学・甲南大学との共同研究を行いました(2011年度まで)。2012年度からはACOPを企業内人材育成に応用する取り組みもスタートし、年々活動の領域を広げています。
また、本学でACOPを学んだ学生達は、卒業後も教員や美術館の教育普及担当として美術教育の現場でACOPの経験を活かしながら、様々な分野でコミュニケーションの大切さを実践し、活躍しています。
一連のACOPの活動成果は、毎年度発行の報告書にまとめられています。

アート・コミュニケーション研究センター(http://www.acop.jp/)

卒業制作・卒業論文データーベース

京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード