芸術教育研究センター

「芸術」という語はもともと自己教育という意味を包含しています。本研究センターでは芸術と教育との関係を問い直すとともに、今日の社会における芸術教育のはたらきを実践を交えて研究します。芸術教育の対象に応じて、以下の3部門が設けられています。

こども芸術教育部門(アート&チャイルドセンター)

こども芸術大学の活動評価を行うことを主たる活動としており、週例会議や定期的な日常活動の視察を行っています。その成果はこども芸術大学年間活動報告書として毎年まとめています。

こども芸術大学 年間活動報告書(2013年度)

小中高芸術教育部門(アートリンクセンター)

アートリンクセンターは、幼児から高校まで、人が成長する過程において最もあるべき芸術教育の形とはどのようなものなのか、という大きな命題について取り組むため、2012年4月1日に開設されました。特に、これまで大学の各セクションで展開してきた小・中・高の研究・考察を体系づけながらひとつにまとめ、また更にその成果を実践に結びつけることを目標にしています。京都市教育委員会が中心になって進める小・中学校の美術教育連携プロジェクトや、高大連携授業の現場を実践の場に、より具体的に成果をまとめてまいります。

社会人教育部門

仕事や家事で多忙な人も、職業的な作家にならなくても、日々の生活のなかで芸術的な才能を伸ばし、生き生きとした暮らしを築くことはできます。さまざまな通信手段を利用し、社会交流や地域的な活動のなかに芸術を積極的に取り入れ、社会人の感性を開発する支援の方法を実験的に探究する部門です。

卒業制作・卒業論文データーベース

京都造形芸術大学 創立者 徳山詳直の思い出・エピソード