Activity

すべて

2016.12.08 | お知らせ
文明哲学セミナー第1回のお知らせ

京都造形芸術大学の附置研究所である文明哲学研究所が主催して、「文明哲学セミナー」を開催することになりました。
このセミナーは、「人間とは何か」、「芸術とは何か」という造形大がつねに向き合う基本的な問いに対して、真摯に考える集いです。学術や芸術のみならず、宗教その他の分野で、同様な問いに向きあっておられる先達を囲んでお話を聴きます。

 

とき:2016年12月20日(火) 15時~

ところ:吉田泉殿
   (地図 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/campus/facilities/kyoshokuin/izumi/access.html )

講師:山川 宗玄(正眼寺住職)

演題:禅とは何か

 

今回は、京都大学リーディング大学院PWSと共催のかたちをとりました。
したがって、京都造形芸大と京都大学の教職員学生はどなたでも参加できます。
参加費は無料です。
事前登録は不要ですが、資料の準備の都合があるので事前に下記あてにメイルで参加希望とご連絡いただければ幸いです。

*文明哲学研究所 iphv@office.kyoto-art.ac.jp

2016.11.22 | お知らせ
【講演情報】齋藤亜矢准教授「ポケットミーティング in 東京」

12月10日(土)、「ポケットミーティング in 東京-子供の未来を造形から考える-」にて、齋藤亜矢准教授が講演を行います。講演後、鼎談もございますので、ぜひご参加ください。

 

======================================

 

「ポケットミーティング in 東京-子供の未来を造形から考える-」

日 時:2016年12月10日(土) 12:40~17:00(受付12:00~)

    【講演】12:40~13:30 『ヒトはなぜ絵を描くのか』(齋藤亜矢准教授)
    【鼎談】13:30~14:00
         *その他、参加者による意見交換会 等

会 場:聖心女子大学
    アクセス:  https://www.u-sacred-heart.ac.jp/access/index.html

参加費:『美育文化ポケット』購読者(個人) : 500円
    『美育文化ポケット』非購読者(個人): 2,000円(年間購読料含む)

定 員:100名

申込み:所属団体名、氏名、連絡先、役職名明記の上、12/5(月)までに下記へお申込ください
     公益財団法人 美育文化協会(担当 新関)
     FAX:03-3865-0271 / E-mail:bunka@biiku.jp

主 催:公益財団法人 美育文化協会 ( http://www.biiku.jp/ )

 

*その他詳細は、下記パンフレットをご参照ください

 

2016.10.27 | 藝術平和学
田中勝准教授が国立台北芸術大学で「芸術と平和」をテーマに特別講義

田中勝准教授が国立台北芸術大学で「『芸術と平和』ALIA 共通教科書づくり」(アジア芸術教育協議体:ALIA)の推進の一環で、「芸術と平和」をテーマに特別講義を行います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎概要
日 程:2016年11月11日(金)9:30~12:30
会 場:国立台北芸術大学(1 Hsueh-Yuan Rd., Peitou District, Taipei 11201, Taiwan)
受講生:学部生および院生

テーマ:「平和と芸術」
形 式:講義およびワークショップ
講 師:田中勝(京都造形芸術大学・文明哲学研究所)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016.10.26 | お知らせ
【講演会】齋藤亜矢准教授「絵を描くこころの起源」【世田谷美術館】

11月19日(土)、世田谷美術館にて、齋藤亜矢准教授が講演会を行います。

世田谷美術館では、開館30周年を記念し、2016年11月19日から2017年1月29日まで「コレクションの5つの物語」展が開催されます。今回の講演は、展覧会初日の記念講演会です。ぜひご参加ください。

 

======================================

 

齋藤亜矢准教授講演 『絵を描くこころの起源』

人間はなぜ絵を描くのでしょう。絵を描くということについて、チンパンジーと人間の子どもの発達過程を比較する研究から見えてきたものとは。

講 師:齋藤亜矢(京都造形芸術大学 文明哲学研究所 准教授)

日 時:2016年11月19日(土) 午後2時~午後3時(午後1時半開場)

会 場:世田谷美術館 講堂
    東京都世田谷区砧公園1-2 
    TEL:03-3415-6011
    HP:http://www.setagayaartmuseum.or.jp

参加費:無料、手話通訳付

定 員:当日先着140名(当日午後1時よりエントランスホールにて整理券を配布)

*その他詳細に関しましては、世田谷美術館へ直接お問い合わせください

 20161028144223-0001  20161028144239-0001

2016.10.25 | お知らせ
【講演会情報】齋藤亜矢准教授「あいちサイエンスフェスティバル2016 in 蒲郡」

2016年9月17日(木)~11月3日(土・祝)開催の「あいちサイエンスフェスティバル2016 in 蒲郡」最終日を飾るクロージング講演会にて、当研究所の齋藤亜矢准教授が講演を行います。
参加費無料、事前申込みも不要です。この機会にぜひご参加ください。

あいちサイエンスフェスティバル2016 は、愛知県全域で開催される地域科学祭です。
国立大学法人名古屋大学が主催し、蒲郡市生命の海科学館も参加している、愛知県内23機関による「あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク」の連携活動として実施しています。

*共催:蒲郡市生命の海科学館, 国立大学法人名古屋大学, 愛知県
*協力:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構JAXA, 一般財団法人 日本地質学会,
    あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク

     

 リンク先:あいちサイエンスフェスティバル2016 in 蒲郡
http://www.city.gamagori.lg.jp/site/kagakukan/aichi-science2016.html

 

==========================================

 

齋藤亜矢准教授講演「ヒトはなぜ絵を描くのか」
~チンパンジーが絵筆を握った。子供の絵と比較して浮かび上がってきたヒトならではの特徴とは?~

日時:2016年11月3日(木曜日・祝日) 14時~15時30分
会場:蒲郡市生命の海科学館 1F サイエンスショールーム
    〒443-0034 蒲郡市港町17-17    Tel:0533-66-1717
対象:中学生以上~一般向け
参加費:無料
参加方法:事前申込み不要です。直接会場へお越しください

 *詳細に関しましては、「生命の海科学館」に直接お問い合わせください

文明哲学研究所