Activity

すべて

2016.04.12 | その他
【開催のお知らせ】「原発を考える3」PWSブッダセミナー

京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院主催のセミナーを京都大学吉田泉殿にて文明哲学研究所の共催で開催いたします。また、当研究所の所長代行を務める尾池和夫(京都造形芸術大学学長)が指定討論者として参加いたします。

 

 日時:2016年4月14日(木)16:30~

 場所:京都大学吉田泉殿(京都大学正門から徒歩10分程度)

 テーマ:原発を考える3

 話題提供者:『原発の安全性とは何か?-異なる裁判結果から』

         青木秀樹 (弁護士・PWS特任教授)

       『福島原発事故の放射能汚染−生態学の視点から』

         幸島司郎 (野生動物研究センター・教授)

     指定討論者:尾池和夫(京都造形芸術大学・学長)

 

  *詳細は下記ULRにてご確認下さい。

     http://www.wildlife-science.org/ja/buddha-seminar/20160414.html

2016.03.23 | 人間学講座・市民講座
百年の愚行展 One Hundred Years of Lunacy >911>311

  本学大学院と当研究所が主催する『百年の愚行展』(写真展)を、ギャルリ・オーブ(本学内)にて開催します。会期中はギャラリートークも開催します。是非、お越し下さい。

◆開催概要

 本展覧会に込めたメッセージは「行動すること」です。21世紀になっても止む気配のない、狂気とも言える暴力、環境破壊、経済格差、民主主義の危機などを乗り越えるためには、一人ひとりが多様な意見に耳を傾け、自分自身の考えを培い、議論し、行動する必要があります。本展示とトークイベントを通じて、人類が愚行を繰り返さないためにどうすればよいか、みなさんと一緒に考えたいと思います。展覧会は、2冊の書籍(『百年の愚行』2002年・『続・百年の愚行』2014年)に掲載した写真と、ドイツのゴアレーベンで繰り広げられた、核廃棄物最終処理場反対運動のポスターとで構成します。

小崎哲哉:京都造形芸術大学大学院学術研究センター 客員研究員

『百年の愚行』・『続・百年の愚行』編集者

 ◆開催情報------------------------------------------

 会 期:2016年4月29日(金・祝)~5月22日(日)(会期中無休)

時 間:11:00~18:00

会 場:京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ

料 金:無料

◆トークイベント----------------------------------

・メトロ大學『百年の愚行展』プレイベトトーク:愚行とメディアリテラシー
開催日:2016年4月22日(金)18:30~20:00 18:00開場(先着順)
会 場:CLUB METRO
   京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビルBF (京阪神宮丸太町駅2番出口)
   Tel:075-752-4765

主 催:CLUB METRO   http://www.metro.ne.jp/index.html
料 金:1,000円(1ドリンク付き)
出 演:藤幡正樹(アーティスト)×小崎哲哉(『百年の愚行』『続・百年の愚行』編著者。京都造形芸術大学 大学院学術研究センター客員研究員)
----------------------------------------------------------

 ・Sustaina-village by KYOTOGRAPHIEトーク:『百年の愚行』とは?
開催日:2016年5月3日(火・祝)20:00-21:00(先着順)
会場:岡崎公園、ローム・スクエア(京都市美術館別館前広場)
主催:KYOTOGRAPHIE  http://www.kyotographie.jp/
料金:無料
出演:佐藤直樹(『百年の愚行』『続・百年の愚行』アートディレクター)×小崎哲哉

----------------------------------------------------------

・ギャラリートーク「サステナビリティと文明」
開催日:2016年5月19日(木)18:00~19:30(先着順)
会 場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
料 金:無料
出 演:マエキタミヤコ(コピーライター、クリエイティブディレクター。「サステナ」代表)×浅利美鈴(京都大学地球環境学堂 准教授)×小野塚佳代(京都造形芸術大学 大学院生)
司 会:田中 勝(アーティスト。京都造形芸術大学文明哲学研究所 准教授)
------------------------------------------------------

・スペシャルトーク「愚行の時代の文化と芸術」(仮)
開催日:2016年5月20日(金)18:00~19:30(先着順)
会 場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
料 金:無料
出 演:山極壽一(霊長類学者。京都大学総長)×尾池和夫(地震学者。京都造形芸術大学学長)
司 会:齋藤亜矢(芸術認知科学研究者。京都造形芸術大学文明哲学研究所 准教授)
------------------------------------------------------

・ギャラリートーク「愚行と狂気の時代に——アーティストができること」
開催日:2016年5月21日(土)15:00~16:30(先着順)
会 場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
料 金:無料
出 演:高山 明(演出家、アーティスト。Port B主宰)×卯城竜太(アーティスト。Chim↑Pomリーダー)
司 会:小崎哲哉(『百年の愚行』『続・百年の愚行』編集者・京都造形芸術大学 大学院学術研究センター 客員研究員)

 

百年の愚行展_表

百年の愚行展_裏

2016.02.09 | その他
京都造形芸術大学で、山塾企画「3.11の集い」と作品展を開催!

2016年は、2011年の東日本大震災による福島第一原発事故から5年となり、チェルノブイリ原発事故から30年となります。私たちは、どのような未来を希望し、何を創造していきたいのでしょうか?また、私たちは、震災や原発事故によって、何を学び、何を選択していきたいのでしょうか。芸術と平和をテーマに活動する藝術平和山塾(山塾)とART Peaceでは、「本当の豊かさとは何か」を考えていく場として、2016年3月11日を中心に京都造形芸術大学・瓜生館で「開く未来 ~5年後・30年後の未来へ~」をテーマに展示を企画いたしました。小さな語らいから、私たちが歩む5年後・30年後の未来について語り合っていきます。

3月11日(金)に開催する「3.11の集い」では、ワークショップとして「東北縄文の土をにぎる(泥だんご作り)ひとにぎり7万年」、トークライヴ、ライヴパフォーマンスを開催します。ぜひ!

-------------------------------------------------------
京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 山塾3.11企画
『開く未来 ~5年後・30年後の未来へ~』

会期:2016年3月10日(木)~13日(日) 12:00~18:00
会場:京都造形芸術大学・瓜生館1階
   〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
入場無料

-------------------------------------------------------
【3.11の集い:Talk Live & Work Shop & Live Performance】
日時:3月11日(金) 14:45~16:30
会場:京都造形芸術大学・瓜生館1階 会場内
参加無料・申込不要
◆ワークショップ:「東北縄文の土をにぎる(泥だんご作り)ひとにぎり7万年」
◆トークライヴ:出品アーティスト
◆ライヴパフォーマンス:小川妙子(現代詩文書作家)

-------------------------------------------------------
【京都造形芸術大学大学】
小野塚 佳代:大学院博士課程2年
浦田 沙緒音:総合造形コース4年
跳   造:学生グループ
松井 利夫:教授(陶芸家)
ヤノベケンジ:教授(彫刻家)
田中 勝:准教授(芸術平和学研究/現代美術家)

【東北芸術工科大学】
八島千尋(Chihiro Yashima):日本画コース2年
富永和輝:日本画コース1年
赤澤朋恵Tomoe Akazawa:洋画コース1年
木暮 春奈:映像学科1年
MORE GH :学生グループ
池田 正:非常勤講師(造形作家)
瀬島 匠:准教授(画家)

【ゲスト・アーティスト】
小川妙子:現代詩文書作家

【パネル展示】
尾池 和夫:京都造形芸術大学・学長(地震学者)
浅利 美鈴:京都大学環境科学センター・助教

-------------------------------------------------------
主催:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 藝術平和山塾
/NPO法人 ART Peace
協力:京都造形芸術大学 文明哲学研究所

お問合せ:藝術平和山塾
E-mail:yamaju9@gmail.com

-------------------------------------------------------

311表311裏

 

 

 

 

 

 

 

 

山塾331企画2016-チラシ表

山塾331企画2016-チラシ裏

2015.10.26 | ソフィア・サロン活動
11/2開催!!東北芸工大生が本学を訪問し「3.11」被災と復興についてプレゼン!

「芸術平和学」を学んだ東北芸工大生が姉妹校の京都造形芸術大学を訪問して、
「3.11」被災と復興についてプレゼン・交流企画に登壇、ディスカッションを行
います。京造生と芸工大生が「3.11」、今芸術にできること、自然とどう向き合
うか、忘れる・風化するとは何か...などについて語り合います。

--------------------------------------------------------
◎概要
企 画:京造生・芸工大生交流ディスカッション
テーマ:「東北芸工大生と語る『3.11』から、」
参加者:東北芸術工科大学1回生代表5名 & 京都造形芸術大学生
ファシリテーター:本間正人教授(創造学習センター センター長)
司 会:田中勝准教授(文明哲学研究所)

日 時:11月2日(月)18:00~19:30
場 所:京都造形芸術大学 瓜生館1階
住 所:〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
聴 講:参加自由(申込不要・途中参加も可)

主催/問合せ:京都造形芸術大学 文明哲学研究所
TEL: 075-791-8302(直)
Email: iphv@office.kyoto-art.ac.jp

芸工大交流

2015.10.15 | 藝術平和学
田中勝准教授が日本平和学会2015年度秋季研究集会(琉球大学)で企画・司会

日本平和学会が主催する2015年度秋季研究集会(琉球大学)「平和と芸術」の分
科会において、田中勝准教授が司会を務め、姉妹校である東北芸術工科大学大学
院生の泉川のはなさんが研究報告を行います。

--------------------------------------------------------
◎学会概要
学会名:日本平和学会「2015年度秋季研究集会」
日程:2015年11月29日(日)11:30~13:30
会場:琉球大学(沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)

分科会:「平和と芸術」
テーマ:オキナワを表現する ―沖縄の課題と芸術―

報告1:泉川のはな(東北芸術工科大学大学院)
    「オキナワを眼差す視点の継承 ─アートにおけるオキナワの表現を考える─」

報告2:杉浦幹男((公財)沖縄県文化振興会 文化芸術推進課プログラムディレクター)
    「平和を表現することと文化芸術支援」

討論:佐藤壮広(清泉女子大学)
司会:田中勝(京都造形芸術大学)

--------------------------------------------------------
非会員の方の研究大会の聴講も可能です。詳しくは下記のサイトにて。
http://www.psaj.org/研究大会-集会/

日本平和学会ホームページ
http://www.psaj.org/

文明哲学研究所