2013年10月22日(火)

大学院「Skype面談」を実施いたします(海外在住の方対象)

大学院

京都造形芸術大学 大学院では、無料インターネット電話サービス「Skype(スカイプ)」のビデオ通話を利用した面談を実施いたします。

教員と面談をしたいけれど海外にいるので時間・距離的な制約があってなかなか難しい・・・といった皆さまの声にお答えして、Skypeを使った面談を実施いたします!(現在、海外在住かつ「Skype面談」実施期間内に、韓国・台湾・上海の事務所を訪問できる方のみ対象)
 
 
■Skype面談にお申込いただける方は、以下の条件をすべて満たしている必要があります。
 
・京都造形芸術大学 大学院への出願を検討している方
・日本語でのコミュニケーションが可能な方(面談はすべて日本語で行われます)
・海外在住で、「Skype面談」実施期間内に現地事務所を訪問できる方(韓国・台湾・上海)
 
 
■「Skype面談 」実施の流れ
 
①WEB申込
 
【Skype面談WEB申込期間】2013年10月23日(水)~11月10日(日)
【Skype面談実施期間】 2013年11月18日(月)~11月27日(水)※台湾事務所のみ11月18日(月)~11月22日(金)
 
下記URLより必要事項を入力し、(面談の形式は、「Skypeでの面談を希望する」にチェック)「確認する」ボタンをクリックしてください。
※この画面での入力はSSL暗号化通信で安全に送信されます。
 
 
②面談日時調整
 
教員との面談日時について、面談フォームからお申し込みいただきました候補日から調整して、ご連絡いたします。
※希望教員とのスケジュール調整がつかない場合は、面談が行えない場合もありますのでご了承ください。
 
③面談日時に事務所を訪問
 
面談30分前に本学、海外事務所を訪問してください。
(事務所所在地については以下、リンク先参照)
 
 
本学スタッフの説明後、「Skype面談」を実施いたします。(所要時間30分~1時間程度)
 
④アフターフォロー
 
出願にあたっての準備など、分からないことがあれば現地スタッフにお尋ねください。
 
 
■教員面談とは?
 
出願にあたっては、研究対象・分野と教員の指導の整合を図るために、事前に指導を希望する担当教員と面談し、研究計画などについて相談することを推奨しています。
希望教員が未定の場合は、希望する研究内容から教員を推薦いたします。尚、面談は本学大学院における研究計画の確認のためのものであり、面談する教員が指導をするものではありません。また、面談は大学院入学試験とは一切関係ありません。
 
ご不明な点があれば、入学課(フリーダイヤル:0120-591-200またはE-mail:graduate@office.kyoto-art.ac.jp)または海外事務所(韓国・台湾・上海)にお問い合わせください。