美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年11月13日  ニュース

【油画】山口 晃先生・特別講義

皆さんこんにちは。

今日は油画コースより、とっておきのご報告があります◎

先日行われた客員教授をお招きしての特別授業。

油画コースの客員教授は、なんと、山口 晃 先生です!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

油画コースの専任教員である神谷先生と山口先生は、東京藝大助手時代のお仲間でアトリエも同室。そのご縁で、本学にも来て頂くようになりました。

神谷先生とは、もう20年来のお付き合いだそうです。

 

日本のアーティストで、「現代の大和絵師」とも呼ばれている山口先生ですが、実は油画がご専門で東京藝大での学位も油画で修得されているのです。

皆さんご存知でしたか?

 

森アーツセンターギャラリーで開催中の「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の準備で大忙しの最中にも関わらず、その合間を縫ってはるばる京都まで…。今回に限らず、いつもお忙しい中での京造来校、大変恐縮です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月の前期末にも、学生の作品を巡回しながら個人面談形式で一人ずつ、じっくりとお話しをして頂きましたが、後期の始まりでは3年生と4年生の制作場所を中心に見て頂きました。

真摯に丁寧に、作品についての講評を下さる山口先生。学生たちから大人気で、「僕の・私の作品を見て下さい!」という声が後を絶ちません。

自分達の教室に、自然に山口先生がいらっしゃるとっても贅沢な雰囲気でした。

 

2日間かけてゆっくりと作品について、またそれぞれ絵についての貴重な言葉を頂き、年度末に向けてさらに制作が加速することでしょう。

また1月にも、作品の進み具合を見て頂きますよ◎

それまで精進しておきますので、みんなの成長を期待していて下さい。

山口先生、お待ちしています!

 

 

  • LINEで送る

2017年10月13日  ニュース

【染テキ】新匠工芸展 入選!!

4年生 武田莉乃さん、新匠工芸展に入選しました!

おめでとーう!!!

DSC_0236

武田さんは今年に入って

西宮市展や全関西美術展にも入選しており、メキメキと力をつけております。

 

お近くにお越しの際は、ぜひご覧ください。

 

======================

新匠工芸展

 

○東京都美術館

10/8(日)〜10/14(土)〔9:30〜17:30〕

○京都市美術館別館

10/18(水)〜10/22(日)〔9:00〜17:00〕

 

======================

img05131

  • LINEで送る

2017年9月25日  ニュース

【油画】展覧会紹介

美術工芸学科・油画コースより、展覧会のご案内です。

 

京都造形芸術大学 大学院 ペインティング領域在籍の、近藤大祐さんが個展を開催されます。

皆様、ぜひご高覧下さいませ。

 

 

■近藤大祐 個展■

 

個展DM 表

 

■内容■

京都のギャラリーで初の個展となります。

従来の線による作品と、この夏、自分の殻を破って発展させた新作を展示してあります。

また、会期中の10月6日(19:00-22:00)にて「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2017」のイベントの一つとして、ギャラリー知で「近藤大祐+京都造形芸術大学 プラスプロジェクトプレビュー」のイベントも行います。ぜひ、ご高覧ください。

会期中は終日在廊予定です。

急な変更もあります。前日または当日の午前中に、再度ご確認お願いします。

 

ニュイ・ブランシュ KYOTO 2017

「近藤大祐+京都造形芸術大学 プラスプロジェクトプレビュー」

http://www.nuitblanche.jp/schedule/tomo.php

 

ギャラリー知

http://gallery-tomo.com/

 

・会期

2017年10月3日(火)~10月8日(日)

12:00-19:00 日曜17時迄

※6日(土) 18時-22時

 

・場所

Gallery TOMO ギャラリー知

〒604-0995  京都市中京区寺町通丸太町東南角下御霊前町633青山ビル1F

Tel : 075-585-4160

E-mail : info@gallery-tomo.com   

http://www.gallery-tomo.com/

京阪電車 神宮丸太町駅から徒歩5分/地下鉄烏丸線 丸太町駅から徒歩7分/地下鉄東西線 市役所前駅から徒歩7分

 

個展DM 裏

  • LINEで送る

2017年9月14日  ニュース

【油画】卒業生・展覧会情報

–油画コースよりご案内–

 

本学大学院・洋画領域卒業生  藤本絢子さんより、展覧会開催のお知らせが届きました。

大学院卒業後、作家として多くの作品を生み出している藤本さん。

京都では実に4年ぶりの個展となるそうです。

鮮烈でエネルギッシュでありながらも、どこか儚さを湛えた美しい作品群を皆様ぜひご高覧下さい。

 

藤本絢子 個展 『夏果の残りび』

IMG_8691

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

2017年10月3日から10月15日まで、京都では4年ぶりとなる藤本絢子の個展を開催いたします。

今回のために制作した新作や旧作など大小多数の金魚作品を展示します。
初日の18時からは会場でささやかなオープニングパーティーも開催いたしますので、どなた様も

是非お立ち寄りください。

 

・個展によせて・

今回の個展は、“秋を迎えられず夏の夜を彷徨い続ける情念の火” というテーマのもと、十年に渡り描き続けてきた金魚というモチーフと改めて向き合ったものとなっている。

私の絵画表現の中で金魚とは、言葉にできない感情の揺らぎや衝動を乗せる“依り代”のようなものである。
金魚の持つ美しくも儚い、コケティッシュでありグロテスクでもあるという多面性に人の内面に通じるものを感じ、そして商品として大量生産、消費されていく様は人の中の欲の揺らぎが投影されているようにも感じる。

その瑞々しく艶やかな色彩や質感を通して、自らの中の言語化しようとすれば泡のように弾け失せてしまう微細な感情や衝動を他者と共有したいと考えている。

 

藤本 絢子
 

 

……

藤本絢子 個展『夏果の残りび』

2017年10月3日(火)~10月15日(日)
12:00~19:00(最終日18時まで) 10/9(月)休廊
オープニングパーティー:10/3(火) 18:00~20:00

作家在廊予定日:10/3,4,6,8,10, 11,13,14,15

 

ギャラリー恵風
京都府京都市左京区聖護院山王町21ー3
(京都市左京区丸太町通東大路東入ル南側)
 TEL:075-771-1011

 

ギャラリーウェブサイト

http://g-keifu.com

 アクセス
[市バス]熊野神社前下車すぐ
[京阪電車]神宮丸太町駅より徒歩5分
[徒歩]京都市美術館より徒歩7分

 

 

 

–作家、藤本絢子さんについての紹介はこちらから–

Ayako Fujimoto website

  • LINEで送る

2017年7月10日  ニュース

【染テキ】始まりました!SOU・SOUゼミ『七十二候季節の四角衣てぬぐい展』

9日(日)、京都マルイ1階店頭にて

染織テキスタイルコース3年生、SOU・SOUゼミによる

『七十二候季節の四角衣てぬぐい展』が始まりましたーーー!!!!!

 

IMG_8618

初日の昨日もたくさんのお客様が来てくださいました。

そして、なんと!読売新聞さんの取材を受け、今日の朝刊に載っているとのこと!!

 

 

思えば4月のゼミの発足から幾度もミーティングを重ね。

IMG_4246-700x525

染めて染めて、染まくり…

SOU・SOUの若林先生の合評を経て

P1050976

丹羽先生のミシン講座にて四角衣の縫製のやり方を教わり

P1060118

ジャジャーンと四角衣の完成でございます。

IMG_8449

そして、この日を迎えることがました〜

今年は昨年の2倍の長さの売り場となっております。ボリューム満点!!

IMG_8622

IMG_8623

まだまだ始まったばかり。最終日、16日(日)まで精一杯駆け抜けます!

 

——————————————–

2017/7/09(日)〜7/16(日)

10:30〜20:30

京都マルイ1階店頭

——————————————–

 

 

 

1 2 3 55

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。