情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年12月15日  ニュース

【3年生】聴覚展

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

今回は情報デザイン学科3年生の5つの領域に分かれているクラスの一つ、C領域の展示のお知らせです!

 

 

【聴覚展】

聴覚をテーマとした作品を、学生が様々な視点から制作し展示をしています。

 

音と一言に言っても生活の中にはたくさんの音が隠れており、

普段何気なく生活をしている中で無意識に聞いている音たちに改めて気づかされる内容となっています。

 

2

人間館1階にあるカフェのすぐ横で展示されていますので、すでに観ていただいた方も多いのではないでしょうか?

 

 

3

5

6

目に見えない音というものを作品にするため様々な工夫がされており、

学生各々の個性が光ります。

 

1

 

足元にプロジェクションされている「聴覚展」という文字も動きます!

その表現にも意味が込められているのでそこにも注目です。

 

 

 

 

絶賛展示中ですのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。

たくさんの音に出会えますよ!

 

場所:人間館1階カフェ横

日程:~12月20日(水)

 

 

 

スタッフ/カゲヤマ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

  • LINEで送る

2017年12月4日  ニュース

在校生が京都留学生ショートムービーコンテストで受賞!

 

大学コンソーシアム国際事業部主催の「京都留学生ショートムービーコンテスト」において、

情報デザイン学科2年生の劉 芸希 (リュウ ユンシ)さんが審査員特別賞観客賞をW受賞しました!

 

受賞作品はこちらとなります。

 

Feeling Kyoto (2分59秒) 芸希

 

作者コメント:
「京都留学生ショートムービーコンテスト」のテーマは京都留学の魅力ということで、最初に頭の中に浮かんだのは定番の観光スポットでした。けれどそういったイメージは留学じゃなくても体験でき、留学の魅力というより観光の魅力だと思いました。
京都の観光も大事な要素ですが、実際に留学してみて京都を観光するより学校にいる時間のほうが大半だったので、私が普段京都で生活する中で実際感じたこと、起きたことをテーマに作品を制作しました。
夏休み中1人で慣れない作業をするのは大変でしたが、力を貸してくれてた先輩たち、相談乗ってくれてた友達、作品を見てシェアしてくれた方々、今回賞に選ばれたのは沢山の方の力を借りてできたことです。
沢山の人の力を大事にして、これからもいろんなことをチャレンジして行きたいと思います。

====================

本当におめでとうございます!!

今回の受賞を経て、今後の制作への大きな励みとなることを期待しています。

 

 

スタッフ/ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

  • LINEで送る

2017年11月24日  ニュース

【お知らせ】卒業生Eugene Kangawa氏の展覧会情報

 

 

こんにちは、情報デザイン研究室です。

11月末になり、寒い日々が続きますね。

京都はもうすっかり冬の色です。

今日は、そんな寒さも吹き飛ばすようなパワフルな展覧会を、紹介します!

 

1121日(火)から東京銀座の資生堂ギャラリーにて、卒業生Eugene Kangawa氏の展覧会が開催されています。

会社名義『THE EUGENE Studio』での個展となります。

情報デザイン学科の卒業生の方がどんな活動をされているかを知る貴重な機会、皆さんぜひチェックしてみてください!

 

Eugene

 

THE EUGENE Studio  1/2 Century later.

会期:20171121日(火)~1224日(日)

会場:資生堂ギャラリー

104-0061

東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1

Tel03-3572-3901 Fax03-3572-3951

平日 11:0019:00 日曜・祝日 11:0018:00

毎週月曜休(月曜日が祝日にあたる場合も休館)

入場無料

 

展覧会に合わせ、ゲストを迎えてのギャラリートークなども開催されるそうです。

詳しくは資生堂ギャラリーのHPへ!

http://www.shiseidogroup.jp/gallery/

 

また本学の大学院客員教授、宮津大輔氏の著書「アート×テクノロジーの時代」にも

チームラボ」「タクラム」「ライゾマティクス」とならんで「ザ・ユージーン」が取り上げられています。

9784334039943.jpg

アート×テクノロジーの時代

社会を変革するクリエイティブ・ビジネス

宮津大輔/

 

「最先端テクノロジー・アート創造企業」について美術史や経営学的な視点を交えながら、代表的な作品やプロジェクトを通して、彼らが有する強さの秘密に迫った初めての一冊です。

書店に訪れる際に、手にとってみてはいかがでしょうか。

 

将来のビジョンを考えるとき、卒業生の方の活躍はきっと参考になるはずです。

学生のうちに、ぜひいろいろな展覧会に触れてみてくださいね!

 

 

スタッフ/ウコン

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2017年11月22日  ニュース

在校生が京都広告賞で受賞!

 

 

毎年開催されている「京都広告賞」(主催:京都広告業協会)にて、

情報デザイン学科の在学生が受賞しました!!

 

情報デザイン学科では、

毎年3年生の授業、情報デザイン論Ⅵ「広告論」の中でこの賞にチャレンジをしています。

今年は賞に応募をした16名中5名が入賞をしました!

 

 

京都府知事賞

亀之園菜津美  テレビ部門 トーカイ TV CM 「別れ」篇

 

亀之園菜津美+トロフィ

亀之園菜津美+作品 TV CM トーカイ「別れ」篇

 

新聞部門
金賞 林里奈 志津屋「カルネはシンプルじゃなかった。」

林里奈+トロフィ2

林里奈+作品 新聞部門 金賞 志津屋「カルネはシンプルじゃなかった。」

 

銀賞 森田麻子 小川珈琲 「一杯のコーヒーからできること」

森田麻子+トロフィ2

森田麻子+作品 新聞部門 銀賞 小川珈琲「一杯のコーヒーからできること」

ポスター部門
銀賞 立田大貴 村田製作所「大きいことしよう。」

立田大貴+トロフィ

立田大貴+作品 ポスター部門 銀賞 村田製作所「大きいことしよう。」

 

 

銅賞 渕田詩織 滋賀銀行「三方よし」

渕田詩織+トロフィ2

渕田詩織+作品 ポスター部門 銅賞 滋賀銀行「三方よし」

 

 

 

 

皆さん本当におめでとうございます!

受賞した作品は、今週末までイオンモールKYOTOにて展示がされています。

ぜひ、お近くまで来られた際には足をお運び下さい。
京都広告賞2017.表彰式写真03

11月17日(金)京都商工会議所  表彰式

 

—————————————–
第27回京都広告賞展
イオンモールKYOTO
(京都駅八条口・新都ホテル隣り)
2017年11月17日(金)〜24日(金)

—————————————–

 

 

スタッフ/クスモト

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2017年11月10日  ニュース

第24回 タイポグラフィ特別講義のお知らせ

 

こんにちは、情報デザイン研究室です。

 

11月18日(土)に行われますタイポグラフィ特別講義のお知らせです。

 

毎年開講されている大人気のこの特別講義。

情報デザイン学科の学生だけでなく、どなたでも聴講いただけますのでぜひご参加ください。

 

 

11/18(土) 13:30-17:30

智勇館1F BR11-12教室

 

 

第一部「ベーシック・タイポグラフィ『タイプ・ヒストリー』」

 

講師:白井敬尚氏

内容:タイポグラフィの重厚長大な歴史や文字を扱う注意点を丁寧に解説していただきます。

 

 

第二部「アメリカの活字:歴史、人物、書体」 

 

講師:河野三男氏

内容:昨年10月アメリカの活字前編と題してイギリスから渡ったウィリアム・キャズロン活字によるアメリカの独立宣言、フレデリック・ガウディの活字に続いて後編として、ATF社、モリス・ベントン親子の仕事などを通してアメリカの活字の側面を解説します。

 

 

特別講義ポスター2017年CS4

 

 

 

聴講自由ですので、この貴重な機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

スタッフ:カゲヤマ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

1 2 3 41

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。