情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年10月10日  ニュース

新スタッフ紹介

こんにちは!

情報デザイン学科研究室です。

後期の授業もスタートし、少し肌寒い気温になって来ましたね。

2017年下半期もあと少しとなりました。

そんな中、新たに2名の副手が9月から研究室に加わりました!

 

まず初めに一人目は、右近あかね(うこんあかね)さんです。

IMG_0529

右近さんは美術大学に勤務されていた経験もあり、とても柔らかな雰囲気の方です。

作家活動もされながら副手のお仕事をされています。シルクスクリーンの作品や、動物をモチーフにした

イラストレーショングッズを制作しています。

中でも、最近はヤブイヌとマヌルネコにハマっているそうです!

 

二人目は私、水田成美(みずたなるみ)です。

(今回この記事を担当させていただいています。)

IMG_0533

 

情報デザイン学科の卒業生でもあり、どこかで見かけた方もいらっしゃるかもしれませんね。メイクや美容に関わることが好きで、研究室では美容オタクとして親しまれつつあります。新人スタッフらしく、フレッシュさを大切に頑張っていこうと思っています。

 

IMG_0535

研究室に加わってから一ヶ月、まだまだ慣れないところもありますが少しでもお役に立てるように頑張ります!

皆さまどうぞよろしくお願いします。

それでは、またの更新でお会いいたしましょう。

 

 

スタッフ ミズタ

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

  • LINEで送る

2017年7月21日  ニュース

【予告】夏だ!情デのオープンキャンパス!

 

梅雨明け宣言が待たれる今日このごろ、気づけばすっかり夏の空。
海にスイカに盆踊り…と、わくわく気分が止まりません!

 

そんな中、今週末7月22日(土)、23日(日)に「入試対策オープンキャンパス」が開催されます。
今回は先生や在学生との個別相談コーナーはもちろん、ワークショップや

8月に実施される「夏期コミュニケーション入学(夏コミ)」の対策講座もありますよ!

 

当日のスケジュールはこちらから →  ★ 

 

このオープンキャンパスが夏コミ前最後のオープンキャンパスとなります。
会場内で夏コミのエントリー予約ができますので、ぜひご活用くださいね。

 

夏コミのWEBエントリーはこちらから →  ★ 
※ エントリー締切:8月1日(火)必着

 

情報デザイン学科は、ビジュアルコミュニケーションデザインコースイラストレーションコースクロステックデザインコースの3コース編成でお待ちしております。

 

 

* 写真は前回のオープンキャンパスの様子です *

 

IMG_7408

IMG_7434

IMG_7342

IMG_2715

教員&スタッフ一同、みなさんにお会いできることを楽しみにしています!!!

 

 

スタッフ:小笠原

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

  • LINEで送る

2017年7月7日  ニュース

【お知らせ】学科スタッフ展覧会

まだまだ雨の続く今日この頃。

今回は、ジメジメとした梅雨の憂鬱さを吹き飛ばす、

準備室スタッフの荒木優光さん、小松千倫さんが参加される展覧会のお知らせです!

 

2017-07-06 16.11.43

 

荒木さんと小松さんは、現在情報デザイン学科の準備室スタッフとして働かれています。

機材の取り扱い方や、プリント出力のサポートなど、皆さんいつもお世話になっていますね!

 

京都造形芸術大学の卒業生でもあるお二人は、

大学のお仕事と平行して、作家活動や音楽制作などマルチに活動をされています。

そんなお二人が参加される展覧会が、8日より京都で行われます。

この機会にぜひ、皆さん足を運んでみてはいかがでしょうか?

会期中にはライブイベントも予定されています。

二人も出演されるそうですよ。これは要チェックですね!

 

————————————————————————–

 

◆ シンフォニーLDK
会場:@KCUA
会期:2017年7月8日(土)–7月23日(日)

   *ただし7月17日(月・祝)は開館、翌18日(火)は休館

 

観覧料:無料

詳細はこちらから →  ★ 

 

 

 

荒木優光

https://www.araki-masamitsu-paramiz.com

小松千倫

http://kazumichi-komastu.tumblr.com

https://soundcloud.com/madegg

 

 

 

スタッフ/クスモト

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2017年6月28日  ニュース

おめでとう!優秀学生賞!

 

先日、優秀学生賞の授賞式が行われました。

 

「優秀学生賞」とは、3年次終了時点までの成績や研究・活動実績をもとに
厳正な審査によって選抜された、創作・研究活動に秀でた優秀な学生を表彰する賞のこと。

 

情報デザイン学科からは、8名の学生が選出されました!

 

▼ 情報デザインコース
上島万里奈/千仁根/寺崎大起/野津吉乃/宮下和

 

イラストレーションコース
石井絵麻/市岡颯紀/杉山あずさ

 

IMG_4269のコピー

 

IMG_4303
厳粛なムードの中、大野木副学長から表彰状が授与されます。
緊張のおももち…。

 

IMG_4325

スタッフも後ろから見守ります。気分はすっかりお母さん。

 

授賞式のあとは「がんばってよかった!」「うれしいね」と口々に、

笑顔で表彰状と賞金を手にしていました。

 

IMG_4344

7月2日までギャルリ・オーブ入口通路にて受賞学生のパネル展も行なっているそうなので、
そちらもぜひご覧くださいね。

 

 

 

スタッフ:小笠原

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

  • LINEで送る

2017年6月23日  ニュース

【授業】卵落とし!

 

1年生イラストレーションコースの授業では今年も「卵落とし」が行われました!

 

【卵落とし】とは

紙コップを用いて、

より高い位置から卵を落としても割れない方法を、グループで考える実験授業です

 

条件は

使用するのは紙コップ3個のみ

②接着剤やテープの使用は一切禁止

③紙コップはカッター等での加工は可 (紙コップは3つ全て使わなくても良い )

 

IMG_3364

みなさん放課後もチームで集まって何度も何度も挑戦していました。

 

IMG_3465

本番は人間館の階段4階〜地下2階までを使って行われました。

 

IMG_3371

みなさん真剣な表情でチームの成功を見守ります。

 

IMG_3400

4階から地下2階まで落としても割れなかったチームもあれば、

練習では上手く行ったのに本番では割れてしまうチームもありましたが、

卵を落とす度にとても盛り上がっていました。

 

IMG_3561

実験終了後は教室へ戻り、「卵落とし」の授業を振り返りました。

「LINEなどを使って、集まれない日もチームで情報を共有しあって、改善策を考えた。」

「他のチームの物を見て、良いところを真似してみたり、より良いものを作り出すにはどうすれば良いか工夫した。」

「本番で成功させる難しさを学びました。」などなど、

それぞれのチームで学だことはたくさんあったようです。

成功と失敗を繰り返し、結果はそれぞれでしたが、みなさんとても良い表情で授業を終えることが

できていましたね。

 

これからもクラスで切磋琢磨して、創りたいものを実現する力をつけて行ってくださいね。

 

 

スタッフ かつ

 

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

1 2 3 40

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。