環境デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2017年10月11日  ニュース

★連休初日は4年生恒例の中間発表会★

 

 

三連休が終わりましたね。

 

秋晴れで気持ちのいい連休でしたが、みなさんどこかに行かれましたか?

 

京都は観光客が沢山でとっても賑わっていましたよ^^

 

涼しくなってくると京都を観光したくなりますね~

 

 

 

そんな中、三連休の初日7日は、卒業研究の中間発表会を行いました!

 

 

 

卒業研究の審査会及び、卒業展覧会は一年間で最も重要なイベントです。

 

4回生は、7月に行われた卒研のテーマ発表から早3ヶ月、どの様な成果を出しているのかを

 

第三者に発表し、助言を得た内容を精査したうえで、4年間の集大成へと発展させます。

 

 

 

RIMG0005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの講評会とは違った緊張感のある会場で、物々しい雰囲気の中で発表を行います。

 

こちらにも緊張感が伝わってきます。。。

 

 

 

RIMG0010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専任の先生方に加え、ゲストの中山英之さんをお呼びしての審査会。

 

自分の考えを相手に伝えるって難しいな、、と私自身思いました。

 

 

 

そして、環Dの学生として2年前この場に立っていた自分を思い出しました。

 

トップバッターで緊張し過ぎて何も伝えられなかった記憶があります。

 

それを考えると、みんな堂々と話しているように見えてたくましかったです!

 

 

 

 

この中間発表会を助けてくれた学生スタッフのみなさん

 

この日はみんな黒子になって挑んでくれました^^

 

 

R0018703

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※プライバシー保護の為、ぼかしてお届けします。

 

1~3回生の後輩たちが、この中間発表及び本審査を支えてくれています!

 

先輩が後輩に的確な指示を出す、チームワークばっちりの心強いスタッフです^^

 

 

 

 

4回生のみなさん、本審査まであと2ヶ月、期待してます!

 

お疲れ様でした★★

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年9月19日  ニュース

★優秀作講評会と、学生作品展★

 

 

こんにちは^^

 

環境デザイン学科の副手です♪

 

 

 

先日、大瓜生山祭で行われた3回生の学生作品展の会場で、

 

2.3回生合同の恒例イベント、優秀作講評会を行いました!

 

 

 

前期で取り組んだ2課題をブラッシュアップし、優秀作に選ばれた作品だけが、

 

この機会にプレゼンテーションのチャンスを得られます!(シビアな審査です)

 

 

RIMG0007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年ゲストの先生をお呼びして行われるこの講評会は、

 

いつもご指導いただいている専任の先生方とはまた違ったご意見をいただける

 

良いチャンスでもあるので、学生さんは気合を入れて望みます!

 

 

 

RIMG0020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RIMG0021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲストの先生方のご意見、手厳しいことも言われますが、とても為になります・・・!!

 

 

 

優秀作講評会の翌日からは、3回生の学生作品展が行われました!

 

 

RIMG0033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_2869

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RIMG0018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場構成もかっこよく決まり、良い展示になりました。

 

 

あいにくの台風により、日曜日は公開となりませんでしたが、

 

土曜日と月曜日の半日で入場者数が1000人を超え、大盛況となりました!

 

お越しくださった皆様、ありがとうございました^^

 

  • LINEで送る

2017年9月1日  ニュース

9月スタート!学生作品展mtg

 

 

こんにちは^^環境デザイン学科の副手です!

 

 

今日から9月のスタート。

 

 

最近は随分涼しくなって秋を感じますね。

 

_MG_2492

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瓜生山にはさわやかな秋の風が吹いて、とても過ごしやすいです♪

 

 

 

 

そんな本日は、間も無く始まる学生作品展に向けて、3回生の全体ミーティングを行いました!

 

 

 

 

学生作品展は、9月の16日、17日に行われる大瓜生山祭でご覧いただけます^^

 

 

大瓜生山祭の詳しい情報はこちら

 

 

 

 

環境デザイン学科の展示は、人間館のNA201.NA202教室で行います。

 

 

ご来場、お待ちしております!!

 

 

  • LINEで送る

2017年8月29日  ニュース

第2回ホームカミングデーのご案内

こんにちは。

環境デザイン学科の副手です。

 

学園祭2日目の9月17日(日)に、昨年に続き第2回目のホームカミングデーが開催されます!

 

ホームカミングデーは2016年からスタートをした大学をあげての大きなイベントです。

卒業生のみなさんと教員、在学生もまじりながら新たな交流やつながりが生まれ、ネットワークづくりを行うことを目的にしております。

 

昨年の様子はこちらからみていただけます。
http://www.uridou.jp/hcd/

 

『卒業生のいるお店』

http://sotsu-omise.kyoto-art.ac.jp/

 

昨年は計385名が集まり大盛況となりました。

 

今年も大いに賑わうことでしょう。楽しみですね。

 

 

プログラム

第一部(卒業生全員参加)

12:00 式典会場 開場( 京都芸術劇場 春秋座)  

12:30 – 13:20  学校法人瓜生山学園 ホームカミングデー2017 式典   

・オープニング        

・挨拶(冨家同窓会会長、尾池学長、徳山理事長)   

・『松陰芸術賞』授与式   

・第1回『瓜生山学園賞』授与式  

 

第二部(希望者のみ鑑賞)

13:20 – 14:30  懇親会(ギャルリ・オーブ)     

14:30 – 16:10  映画『はらはらなのか。』上映会(卒業生酒井麻衣監督作品)  

16:15 – 17:00 『はらはらなのか。』トークショー

 

卒業生の皆様、是非お越しください。

 

詳しくはこちら

お申込はこちら

  • LINEで送る

2017年8月28日  ニュース

★3年生前期後半課題講評会★

こんにちは。

環境デザイン学科の副手です。

 

以前掲載しました一年生、二年生の講評会風景の様子に続き(若干間が空いてしまいましたが)、今回は同時期に行われた三年生の講評会の様子をお届けします!

 

三年生の前期後半は、「Shortcut for Shopping」、「コヤに住む」、「町家コンバージョン」、「都市のフィールド・オペレーション」の四つの課題から学生それぞれが一つ選択する設計課題でした。

前回お伝えしたように、三年生は9月16日、17日に学生作品展を控えております。直近である本講評の課題成果物は学生作品展でも展示されるので、今回は講評の様子だけ写真でお伝えいたします。

 

Shortcut for Shopping

 

 

 

環境デザイン学科の学生作品展は人間館2階、NA201,202教室で展示を行いますので、是非作品をご覧ください!

 

詳しくはこちら

1 2 3 6

コース・分野を選択してください

LINK

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。