空間演出デザイン学科

日常風景

  • LINEで送る

2016年11月14日  日常風景

【研究室にギャラリー出現?】RCAからジュエリーの先生が来てくださいました!

 

 

こんにちは。

布団から出にくい季節になってきましたね。

あっというまに年末になりそうです。。

 

 

 

 

さてさて

 

先日、研究室一部がギャラリーに変身しました!

 

 

DSC_0020

 

 

 

 

DSC_0021

 

DSC_0001

 

 

 

 

 

DSC_0002

 

DSC_0006   DSC_0003

 

 

 

DSC_0007

 

 

 

 

これらは先日のファッションコースの特別授業の際に作った作品です。

 

よく庭で見かけるようなプラスチックのガーデンチェアを

のこぎりやコテを使って解体し、身に着けるジュエリーを作るという課題です。

 

小手先を駆使して穴をあけたり、ニットのようなテクスチャーを作ったり、、、

 

 

 

0U7A6059g

 

 

 

 

先生は、ロンドンの芸術大学 “Royal College of Art (London)”

ジュエル&メタルコースのデイビッド先生に来ていただきました!

とっても気さくな先生で英語を交えながらの授業もみんな楽しそうでした♪

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリーの一角にはRCAグッズも展示しました○

大学オリジナルの小さい紙袋もかわいいですね。

 

DSC_0015

 

DSC_0023

 

 

 

他国の大学のようすを聞いたり

とても良い機会になったのではないでしょうか?

 

後期の授業も折り返し地点となりますが

今後も頑張っていきましょう◎

  • LINEで送る

2013年7月5日  日常風景

体験授業報告

 

 

空間演出デザイン学科での体験授業の様子です。

ファッションデザインコースでは、シンナープリントの技法を用いてオリジナルエコバッグを作りました。

DSC_0009

制作の様子

DSC_0033

合評の様子

DSC_0029

出来上がったオリジナルエコバッグ

空間デザインコースでは、タッパーの中を仕切って、シェアする空間を作りました。

最終的に並べてみると、町並みが見えてきます。

DSC_3276

制作の様子

DSC_3300

完成作品たち

どちらのコースも、短い時間の中で精一杯作品制作に取り組めている様子でした。体験授業を通じて、大学で学ぶことについて少しでも知ることができたのではと思います。

  • LINEで送る

2013年3月30日  日常風景

卒業式と謝恩会(3D)

DSCF0034-A_ DSCF0035-A_

 

もうすぐKUAD PRODUCTIONが始まります。

卒業式と謝恩会が終わって、少し暖かくなったと思ったらもう4月で入学式です。

私事ですが、最近3Dデジカメなるものを買いまして、最近撮影した画像は全部3Dしかないということに。

赤と青のメガネがあれば、平らなものが立ち上がる。あたりまえの空間を感じることの不思議さを再確認することができます。と、、、空間デザインと結びつけるのはやや我田引水か。というわけで、まずは卒業式と謝恩会の風景を。もっと良い写真があれば後日追加いたします。

 

空デ(空間デザインのこと)八木

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。