空間演出デザイン学科

インタビュー

  • LINEで送る

2013年4月25日  インタビュー

インタビュー 家成俊勝先生 (dot architects)

carre hair&make / Photo by Yuko Tada

carre hair&make / Photo by Yuko Tada

Q: 先生の仕事について教えてください。

A: 最近では、瀬戸内国際芸術祭2013で建築作品を出品しています。他には建築設計、インテリアデザイン、リノベーション、プロダクトデザインなどをしています。

 

Q: 瀬戸内国際芸術祭に出品している作品について教えてください。

A: 東日本大震災で津波で家が流されるのを見ました。購入した家の多額のローンを一生背負わなければいけない上に、新しく家を建てるのにさらにローンを重ねることになります。そういった状況を受けて、家を建てるということに別の選択肢があってもいいのではないかと思い制作しました。

Umakiamp

瀬戸内国際芸術祭の出品作品(建設途中)

 

Q: 別の選択肢とは?
A: 300万円で建つ建築です。しかし材料代のみですので、住み手が自分たちで建てなければいけません。

 

Q: 300万円で、生活できるんですか?
A: はい。ですが、今回のものは瀬戸内国際芸術祭用に少し変更して、大きなキッチンとスタジオがあったり、野外映画館のようなものがある建築です。

 

Q: 完全な完成品ではなく、ある程度のフレキシブルさを持っているわけですね。
A: そうです。今回は観光客の人も地元の人も自由に使える場所になっていることで、関係性を作ることができればと考えています。

 

Q: この学科では、ソーシャルデザインというテーマを掲げているのですが、先生にとってのソーシャルの範囲とは?
A: めっちゃ広いです。もののカタチだけのデザインだけではなくて、同時に関係性を築いたりというところでしょうか。

 

photo : Takumi Ota

超並列という概念で建築模型を作るプロジェクト / photo : Takumi Ota

Q: では、関係性ということについてお聞きしたいと思います。家成先生にとって関係性の遊びが有効に働くのはどういったことでしょう?

A: 過去に超並列という概念で建築模型を作るプロジェクトをしました。30人が共同して、ある一軒の建物を増築していくというものです。ルールとして全体を整えないようにして、各々が周りに暮らす人々や環境を思いやって改修/増築していくと、最終的には一人の建築家ではとても作れないような随所に素晴らしい空間を持った建築が出来上がります。皆で「共につくる」という意識が大切です。

 

Q:先生は社会の課題を発見するために実験的なリサーチも数多く行われています。意地悪な質問かもしれませんが、もし問題解決ということを抜きにして何かを作ることがあるとすれば、何を作りたいですか?
A:自己表現という制作の方法は苦手なので、やっぱり今進めていることと同じようなものを作ると思います。

 

Q: つまり、家成先生にとっては問題解決と、自分の好奇心は同一であるということでしょうか。
A: そうだと思います。問題解決というと非常に固い印象をもたれますが、色々な人の役に立つことと自分が面白いと思うことを両立することが大切です。

 

リサーチ

障がい者福祉施設の環境改善のためのリサーチプロジェクト

Q: (障がい者福祉施設の環境改善のためのリサーチプロジェクトを見て)このモップを使ってリサーチをする方法なんて、すごく面白いと思います。
A: リサーチ対象者にビデオカメラとともにモップ(クイックルワイパー)を持ってもらって、掃除しながら独り言を呟いてもらう。そうすると、まず掃除に意識が向かうので、バイアスのかかっていない言葉が拾えるわけです。その他にも様々なリサーチを行い、施設の使用者の声を大きな模型に直接書き込むことで、施設の使用状況を可視化しました。

 

Q: リサーチをするときに気をつけていることはどういったことでしょうか?
A: こちらから何かを聞き出すという態度は非常に危険です。知らず知らずのうちに、自分の常識に基づく都合の良い問題に置き換えてしまいます。そうならないように、リサーチ対象者から滲み出るような仕組みを作ることが大切です。

 

Q: では最後に、空デをさらに面白くするためのアイデアをひとつ。
A: ソーシャルデザインの軸にそって(すべてのデザインはソーシャルだと思っていますが)ソーシャルデザイン軍団として空デが面白いと思えるような状況をつくれればと思います。学生と現場に乗り込んでみたりしたいですね。

  • LINEで送る

2013年3月31日  インタビュー

10min. インタビュー(2012年度卒業生 藤井良平さん)

UMMM事務所にて

UMMM事務所にて

藤井良平さん 1990年生まれ 大阪府出身 UMMMデザイナー(自営業)

 

Q: 卒業してからどんな仕事をしていますか?

A: 就職せず、同じ学科の先輩とデザイン事務所を立ち上げました。

 

Q: デザイン事務所での一日を教えてください。

A: 毎日やることが違っていて、仕事の内容によりけりですが、バーの改装の施工をしたり、パソコンに向かって、グラフィックの仕事もするし、経理の仕事もします。

 

Q: 事務所は何人のスタッフがいますか?

A: 4名です。3名が空間デザインコース、1名はファッションデザインコースの卒業生です。

 

Q: 働いていて、一番楽しい瞬間は何ですか?

Q: 料理しているときです。毎日4人分の昼/晩ご飯を作るのですが、その当番が回ってきたときです。料理をしながら、4人が何を食べたいか、何を出したら驚くか、そんなことを考えるのが好きです。

 

Q: 最近、見た、買った、聞いたもので面白かったものを教えてください。

A: 三浦友和主演の「転々」という映画を見ました。母が追っかけをしていて、三浦友和が気になっていました。それからテレビなどで気になっていました。最近見た中で一番面白かったです。東京の町を散歩する映画なのですが、東京に行ってみたいと思っていたから、ワクワクしました。

 

Q: では、東京という選択肢もあったのでしょうか?

A: 行ってみたいと思っていますが、何を目的に行くのか、見つけないといけないと思っています。

HAIRCUT DMデザイン

HAIRCUT DMデザイン

 

Q: では、デザイナーとしてこれからも続けていくというよりも、まだ何かを探している途中なのでしょうか?

A: そうです、まだデザイナーと名乗ってはいけないような気がしています。

 

Q: デザイナー以外の候補は何があるのでしょう?

A: やってみたいことばかりです。いっぱいありすぎてわからないので、今は1つずつやってみています。

 

Q: あなたが、空間演出デザイン学科で学んだことは何ですか?また、それは今に繋がっていますか?

A: 専門性を深めるというよりも、毎日、先生や友達と話しに大学に行っていました。それは今も繋がっていると思います。

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。