美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2017年11月17日  イベント

【写真・映像】在学生展覧会情報:3年生グループ展示「旅と文学」

こんばんは。

現代美術・写真コース(2017年度より写真・映像コース)です。

明日、11/18(土)より、本学ASP学科の運営する京都市内のギャラリーARTZONEにて、

現代美術・写真コース3年生13名、交換留学生4名によるグループ展示「旅と文学」が開催されます。

昨年の開催に引き続き、2回目の開催となります。

今年度3年生+交換留学生による旅の成果、ぜひご覧ください。

 

旅と文学フライヤー表

旅物語を読むのではなく文学を旅する。
本を読むことによって遥かな星々をつないで神話を作る。
行ったこともない場所に行き、生きたこともない人生を生きる。
人生の舵が大きく左右し、船体がどんぶらこと揺さぶられて航路変更、
明日はどっちだと北極星を探す、そんな夜を過ごすために、まず一冊を読む試みです。

 

やなぎみわ

 

 
「旅と文学2017」

会期:2017年11月18日(土) — 12月3日(日)

時間:平日 13:00-20:00/土日祝 12:30-20:00

主催:京都造形芸術大学美術工芸学科現代美術・写真コース(2017年度より写真・映像コース)

協力:京都造形芸術大学アートプロデュース学科

会場:ARTZONE

住所:〒604 8031 京都府京都市中京区 河原町三条下ル一筋目東入ル大黒町44 VOXビル1・2F
連絡先:電話 075 212 9676 E-mail info@artzone.jp

出展作家:加島百菜(Hina Kashima)/ 川口璃紗(Risa Kawaguchi) /小西愛莉(Airi Konishi) /蔡心庭(Hsinting Tsai) / 齋藤ひかり(Hikari Saito) / 志村茉那美(Manami Shimura) / 鄭小銀(Soeun Jung) / 趙偉良(Weiliang Zhao)/ 田上壮彌(Soya tanoue) / 村片信亮(Shinsuke Murakata)/ 森本葵(Aoi Morimoto)/ 山下萌子(Moeko Yamashita)/ 崔裕眞 (Yujin Choi)/ 黄子馨(Tzuhsin Huang)/ 姜弦怜(Hyunyoung Kang)/ Louise MUTREL/ Mathias MARY

スタッフ:髙想(Cocoro Taka) / 尾上伊津季(Itsuki Ogami)

 

旅と文学フライヤー裏

  • LINEで送る

2017年7月21日  イベント

【油画】オープンキャンパス『まとめ』と『予告』

皆さんこんにちは、美術工芸学科・油画コースです。

今週末はいよいよ、「真夏のオープンキャンパス」が開催されますね。

 

真夏のOCを迎える前に、一度これまでのオープンキャンパスを振り返ってみましょう◎

 

■4月29日(土)『春のオープンキャンパス』

DSC_5319

 

春のオープンキャンパスは、学科ブース型OC!

大学のメインフロアーに全学科、全コースがそれぞれのブースを出し学生さんを受け入れます。

DSC_5284

 

▲油画コース:東島 毅 先生と品川 美香 先生

…コース選びで悩んでいる学生さんに、美術工芸学科の魅力、油画コースの魅力、強み、面白さを丁寧に説明して下さいます。

 

▼作品やポートフォリオを持参してくれた学生さん。作品の講評や制作のアドバイスもどんどん受け付けています◎

DSC_5331

 

今週末開催の「真夏のオープンキャンパス」も、春と同じく学科ブース型のオープンキャンパスです。

今回も版画とデッサンのワークショップを企画していますので、どうぞお楽しみに◎

————————————————————————–

 

■6月11日(日)『一日体験授業 オープンキャンパス』

DSC_5563

 

『一日体験授業 オープンキャンパス』では、実際に大学になったつもりで各学科、コースの授業を受けることができます。

油画コースではこの日、基礎デッサンの授業を行ないました。

 

DSC_5571

 

この日の描画材料は「コンテ」。鉛筆とも木炭とも違った風合いの線で、柔らかくも、力強くも、はたまたシャープな表現も可能です。

DSC_5580

 

▲もくもくと画面に向かう参加者の学生さん。ためらい無く、ザッザッとコンテを動かしていきます。

 

▼こちらは現役大学生。油画コース3年生、学生スタッフ松岡さん。

コンテを重ね、練り消しも使って細部まで手を加えます。

同じ材料・道具・モチーフでも、それぞれ個性のある仕上がりになりますね。

 

DSC_5585

 

▼最後は外に出て講評会。電灯の下で見るのと、自然光の中で見るのとでは見え方、感じ方も変わります。

それぞれの作品を鑑賞して今回は終了◎

DSC_5586

 

——————————————————–

 

■7月9日(日)『一日体験授業 オープンキャンパス』

…7月の1日体験は、油彩で自画像を描く授業です。この日のテーマは『大胆に描く』!

DSC_6031

 

▼筆で描く・指で描く・布で描く…今日、この時の自分は今しか描けないのです◎

みんな思い思いに『いまの自分』を描いていきます。

DSC_6028

 

▼最後は前回と同じく青空合評会◎

DSC_6003

 

 

DSC_6009

全員で作品を鑑賞して写真撮影。作品にはふたをして、更にリボンをかけてお土産にしました◎

そして2~3週間後、絵の具が乾いた頃にふたを開けたら完成しているはずです。

そろそろ良い頃合ではないでしょうか?玉手箱、開けてみて下さい^^

 

DSC_6054

 

明日から始まる、京造・真夏のオープンキャンパス。

大学選びに迷っている人、作品制作に悩みがある人…なんでも相談して、心配事や心の中のモヤモヤを吹き飛ばして下さい!

会場でお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

 

オープンキャンパスの情報はこちらから▼

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-22_07-23/

 

美術工芸学科・油画コース

  • LINEで送る

2017年7月12日  イベント

【染テキ】3年生タクタイルゼミ『タクタイル・アクセサリー』展!!

染織テキスタイルコース3年生

タクタイルゼミの学生が、只今『タクタイル・アクセサリー展』を学内インフォメーション前にて開催しています!

 

搬入の日…

今回、展示空間も凝っています。どんな会場になるのでしょうか??(わくわく)

13:00、人数ちょっと少なめからのスタート。

P1060180

実は現在、京都マルイにて展示販売しているSOU・SOUゼミとかぶっている学生が多数いるのです。

河野先生も学生に混ざってお手伝い。

P1060186

今回の展示は

5月に小講評会をした『30日間の「日記」となるネックレス』と

『オノマトペを手触りに置き換える』という課題を「綿ロープ+α」を使って表現しています。

(5月の講評会の様子はこちら→http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=76951)

 

17:00…

なかなか進まず、ゼミ生以外の学生が助っ人に!!

Image-2-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慣れない手つきでビス打ちに挑戦中。

P1060192

実は染織テキスタイルコースの面々、工具類を使うのがちょっと苦手です。

あまり使わないため、慣れていないのです。

しかし、そんなところにヨウくん登場。

ビスを打ちつけます。早っっっ!!!!!!

P1060191

おっ、会場がそれっぽくなってきました〜

でもこの時点で17:00過ぎ。だっ、大丈夫か!!?

P1060189

そんな心配をよそに黙々と作業をするみんな。がんばれがんばれ。

Image-1-2

日も沈み、すっかり暗くなった頃。どうやら搬入完了したようです。

やりきったみんなのキメ顔。

Image-1-3

さてさてどんな会場に出来上がったのかな?

img00017

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年7月12日  イベント

【油画】PL303「いま、絵を_ということ。」前期展示

皆さんこんにちは、美術工芸学科・油画コースです。

PL303こと、Painting Laboratory303での第一回企画展がスタートして2週間が経とうとしています。

Open初日のトークイベントには沢山の来場者があり、油画コースはもちろん他学科、学外からのお客様も多く見られました。

 

DSC_5828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_5857

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_5974

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_5896

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京造の油画コースを卒業後、さらに大学院へと進学し制作を続ける川田さん・厚地さん・中野さん。

就職をし、社会で活躍をしながらもなお、意欲的に制作を行う蒲原さん。

 

後輩の学生達にとって、この4名の作家は身近な先輩であると同時に、自分達の一歩先を行く目標の対象でもあります。

 

質疑応答の際には、作品や制作活動に対する質問が次々と投げかけられました。

その一つ一つに丁寧に答える4名に、学生はもとより先生からも質問の手が上がります。

 

DSC_5846

 

Painting Laboratory303、良いスタートを切ることが出来うれしい限りです。

 

そんな充実の前期展示も、明日の7月13日(木)を持って終了となります。

皆様ぜひお見逃しの無いよう、NC棟3階 PL303ギャラリーまで足をお運び下さい。

 

————————————————–

 

Painting Laboratory 303 / Exhibition ♯001

『いま、絵を_ということ。』

 ■前期 出展作家紹介■

厚地 琴美  Atsuchi Kotomi

  • – 東京藝術大学大学院  修士課程  絵画専攻  油画  在籍 / 2015年度  京都造形芸術大学  油画コース  卒業生

蒲原  早奈美  Sanami  Kamohara

-2015年度  京都造形芸術大学  油画コース  卒業生

川田  泰久  Kawada Yasuhisa

– 東京藝術大学大学院  修士課程  絵画専攻  油画  在籍 / 2015年度  京都造形芸術大学  油画コース  卒業生

中野  優  Yu  Nakano

– 愛知県立芸術大学大学院  修士課程  油画領域  在籍 / 2015年度  京都造形芸術大学  油画コース  卒業生

  • LINEで送る

2017年6月27日  イベント

【油画】企画展開催 『いま、絵を_ということ。』

油画コースより、企画展開催のご案内です。

 

先日ご紹介致しました、油画コースの新しい展示空間『Painting Laboratory 303』にて。

記念すべき第1回企画展を下記の通り開催致します。

皆様、ぜひご高覧下さい。

 

 

Painting Laboratory 303

♯001ポスター

Painting Laboratory 303 / Exhibition ♯001

『いま、絵を_ということ。』

■会 期

2017年6月30日(金)~ 7月27日(木)

前期・後期 展示入れ替えがあります。

■イベント 

【アーティスト・トーク】 

参加作家×池田光弘(本学科准教授)

6/30(金)16:30 ~ 18:00

【オープニングパーティー】

6/30(金)18:00 ~ 19:30 

■会 場

Painting Laboratory 303

京都造形芸術大学NC棟3階(美術工芸学科 油画コース アトリエ内)

参加作家はいずれも美術工芸学科 油画コースの卒業生と在学生から選出し

絵を描くもの、絵を描かないもの、絵を見つめるもの、絵を考えるもの

それぞれが対話をしながら「いま、絵を_ということ。」を共に考えていく展覧会です。

……

■企画・運営

京都造形芸術大学  美術工芸学科  油画コース

Painting Laboratory 303

♯001

1 2 3 27

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。