こども芸術学科

学生紹介

  • LINEで送る

2017年9月8日  学生紹介

在学生紹介リレー企画第6弾!高校生の皆さんへ!

こども芸術学科で学ぶ、学生たちの声をお届けします。

こども芸術学科に入ってよかったこと、大学生になって制作したお気に入りの作品、

そして、高校生の皆さんへのメッセージを語ってくれています。

 

【3年生:よねたけ ななはさん】

「こども芸術学科に入ってよかったこと」

・色々な人に会えて自分の世界が広がったこと

・みんなが一人ひとりの個性を大切にいているし、他人を否定しないで全部受けとめてくれるので楽しい

 

お気に入りの作品「78人の78」(ななじゅうはちにんのななは)

米竹 

「高校生の皆さんへのメッセージ」

・デザインやイラストや立体物など、学科の型にとらわれる事なく様々な手法を学ぶことができる、おもしろい学科です!

 

 

こども芸術学科3回生の学生14名が、今年の4月26日(水) ~ 5月9日(火)に阪急百貨店うめだ本店 9階 祝祭広場 / 11階 ベビー・こども服売り場で開催された『世界の海をめぐるクイズラリー ~めぐとりんの冒険~』というイベントの環境装飾デザイン・ウェブサイト制作を行いました。よねたけさんは、そのイベントのメインキャラクターをデザインしました。このプロジェクトには、海遊館も関わっており、海や、海の生き物をモチーフとしたデザイン構成になっています。

 

候補となったキャラクター

画像④

最終的にこの2人になりました!

画像⑤

イベントはもう終わってしまいましたが、ウェブサイトをみる事ができます。ほかのメンバーが手掛けた4コマや、魚についての豆知識などが見られますよ。詳しくはコチラ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お知らせ】

9月16日(土)~9月17日(日)

学園祭&オープンキャンパス「大瓜生山祭」 開催→詳しくはコチラ

 

3年生による個性豊かな作品が発表されます!

こども芸術学科展示会場:人間館NA413

お友達やご家族の方もお誘いの上 是非遊びに来てくださいね!        

 

 

 

  • LINEで送る

2017年7月4日  学生紹介

在学生紹介リレー企画第5弾!高校生の皆さんへ!

みなさんこんにちは。こども芸術学科です。

さっそくですが、在学生紹介を行いたいと思います!

 

 【3年生:こはら なつさん】

「こども芸術学科に入学してよかったこと」

 他の学科の人に、こども芸術学科って何してんの?と聞かれた時、返事に困るほど様々なことをしている学科だなと思います。様々な事が出来る分、大変だと感じることもありますが、自分の成長を感じることが出来ます。

 

「お気に入りの作品: ビニール傘を自分色に」

小原

小原2

「高校生の皆さんにメッセージ」

興味がある事、やってみたいと思っている事は、どんどんやってみよう!

そして、私はこんなことに興味があります!こんなことをやってみたいです!と周りの人にべらべら喋ろう!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【こども芸術学科7月の体験入学のご案内】

1日体験入学 7/9(日)「ものがたりをつくる。」

私たちは、「言葉」と「表現」という素晴らしい道具を持っています。この日はこどもの頃へタイムトラベルしたり、自分と他者の間に生まれるコミュニケーションからいろんな発見があるはずです。キャンパス内を散策し、自然からインスピレーションを受け、1つの物語をつくります。それを絵本や紙芝居にまとめ、発表し合い、いろんな物語を楽しみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

  • LINEで送る

2017年6月29日  学生紹介

優秀学生賞 受賞おめでとう!

こんにちは。

梅雨らしい天気が続き、毎日蒸し暑いですが、皆さん体調を崩されていませんか?

 

今回は、先日行われた優秀学生賞の表彰式の模様をお知らせします。

優秀学生賞とは、3年次までの研究、制作活動において、優秀な成績を納めた学生を表彰するというものです。

 

こども芸術学科からは、露木かおりさんが受賞しました!おめでとう!露木さん!

IMG_7679

ゼミ担当の岸本先生とパチリ!

IMG_2651

IMG_2646

「課題で描いた絵本は現場に行かなければ描けなかった。」という言葉が印象的でした。

こども芸術学科での学びを通して培われた、露木さんの目線から描かれた作品、楽しみにしています。

露木さん、本当におめでとうございます!

 

                                         大塚(副手)

  • LINEで送る

2017年5月27日  学生紹介

在学生紹介リレー企画第4弾!高校生の皆さんへ!

在学生紹介リレーも第4弾となりました!

どんどん紹介していきますよ

 

【3年生:みちおか ちゆきさん】

「こども芸術学科に入学してよかったこと」

 こども芸術学科に入ると座学だけでなく造形やピアノ、体育などがあります。造形の授業ではいろんな素材に触れることができ、初めての感覚や体験が沢山味わえるのがよかったです。

 

「お気に入りの作品:100均の商品を分解して再構成する課題で制作したクラゲ」

道岡

「高校生の皆さんへメッセージ」

 高校生の時にやりたいことは沢山やっておくことはもちろん、出来ることなら展覧会を見に行って、好きな作家さんを見つけてみてください。そして五感をフルに使って遊んでおいてください。もしかしたら大学に入ってから作品を作るときに良いヒントになるかもしれませんよ!

気になる方はこども芸術学科に来てみてくださいね〜。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こども芸術学科1日体験入学のお知らせ

【1日体験入学 A日程 6/11(日)】 植木鉢に未来を描き育てる

小さな草木の命が育つ場所、「植木鉢」あなたなら、そこに何を表現しますか?植物の種をこどもに見立て、種が元気に育つ鉢をデザインします。紙、草木、布などを自由に使って、コラージュしたり、絵を描いてのびのび制作してください。小さな命=こどもの可能性や、他者を受けとめる優しさについて一緒に考えてみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

  • LINEで送る

2017年5月24日  学生紹介

在学生リレー企画第3弾!高校生の皆さんへ!

こんにちは。副手の大塚です。

さて、今回も在学生の声を皆さんにお届けします!

 

【3年生:つじ しゅうやさん】

「こども芸術学科に入学してよかったこと」

 子どもと関わるのはもちろんのこと、色々な素材も触れることができ、自分の好きな

素材を見つけることができる授業もあるので、入ってよかったです。

 

「お気に入りの作品:磁石のおもちゃ」

辻

「高校生の皆さんへメッセージ」

夢を追いかけて頑張って下さい。子ども・絵本に興味がある人もぜひお待ちしています。

 

 

【3年生:にしざき みきさん】

「こども芸術学科に入学してよかったこと」

 お互いの感性を認め合っているので、制作も「自分らしさ」を出しやすく、学科内の子たちは、

みんな優しくておもしろいので、笑顔がたえません。とても居心地がよく、また自分のやりたい

事にとことん取り組める学科です。先生もとても親身に接してくださいます。

 

「お気に入りの作品:タイトル「いい湯だな あははん」陶芸作品」西崎

「高校生の皆さんへメッセージ」

こども芸術学科に入って、いろいろな感性に触れましょう!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こども芸術学科1日体験入学のお知らせ

【1日体験入学 A日程 6/11(日)】 植木鉢に未来を描き育てる

小さな草木の命が育つ場所、「植木鉢」あなたなら、そこに何を表現しますか?植物の種をこどもに見立て、種が

元気に育つ鉢をデザインします。紙、草木、布などを自由に使って、コラージュしたり、絵を描いてのびのび制作

してください。小さな命=こどもの可能性や、他者を受けとめる優しさについて一緒に考えてみましょう。

【Webからお申込みいただけます。申し込みはこちらから!】

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

1 2 3 6

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。