キャラクターデザイン学科

学生紹介

  • LINEで送る

2014年12月15日  学生紹介

学生ブログより~学科外で面白い授業その3~

 

こんにちは!副手のノブモトです。

 

学生ブログより

「学科外で面白い授業」篇をお届けしています!

今回は第三弾!他学科科目の聴講について書いてくれています。

 

学生ブログはこちら

 

————————————————————————————————————-

 

 

20140505165737f7cs

 

こんにちは!「ぼこ」です~~~

 

この度、今まで使っていた「秋山」という名前から、
より親しみを持ってもらうべく、ブログでの通り名を「ぼこ」に変更いたしました!

 

これからもよろしくお願いします!

 

 

 

どんどん寒くなってきましたが皆様はいかがおすごしでしょうか!
京都の冬を甘くみていた私は今、寒さに凍えております:( ˘ω˘):

 

 

建物の床部分がコンクリのようで、外の冷たさが伝わってきているようです。
ひええええ床冷房だ!!!

 

 

さて、今回のテーマはえれな、美都に引き続き、「学科外の授業で面白い授業」ということで、

 

プロダクトデザイン学科の「色彩学」について書いてみようと思います✧.*◌·͡˔·ོ◌*·✧

 

 

 

 

えれなや美都が紹介していたのは、月・火曜日に行われる全学科の学生対象の科目ですが、

 

今回私は、「聴講」という形で他学科の授業も受けることが出来るよ!
ということの紹介も兼ねて、他学科の専門科目について書きます!

 

 

(聴講・・・・・・成績には反映されないものの、他の学生同様授業を受けれるシステム。
※授業によっては、聴講ではなく、元々全学科の学生が履修のできる専門科目もあります)

 

 

入学以前から、他学科の授業も気になり聴講してみたかったのですが、
なかなか踏み出せず3回目からプロダクトデザイン学科の色彩学を聴講し始めました。

 

 

本来ならば1回目からの聴講が望ましいのだと思います。

 

 

 

 

ちなみに教材はこんなカンジ\\ ٩( ‘ω’ )و //

 

色彩学1

 

 

教科書2冊とカラーチャート。合計8000円以上しました(΄✹ਊ✹‵)

 

授業の内容は、『彩度・明度・色相』についてはもちろん、
蛍光灯や太陽光の光は何色が含まれているのかなどの他に、色の組合わせの名称やそれによる効果などです。

 

 

例えば野菜や果物を入れてあるネット。
みかんは赤色のネット、オクラなら緑色のネットに入れてあるのが一番美味しそうに見えます。
ファッションでも、同じ型の服を着ていても色の組合わせによって着ている人の印象が変わったりもします。

 

授業で出た課題は、提出すれば先生が採点してくださいます。
ダメだったところは「もっと○○寄りの色にしたほうがいいですよ」と詳しく説明をしていただいたり・・・・・・!

 

色彩学2

 

普段の生活でも「あっトリコロール!」「トーナルカラーだ!」と、
少し意識するようになった気がします(΄✹ਊ✹‵)

 

 

 

 

色にそれぞれ役割や意味もあったり、組合わせによる効果もあったり・・・・・・

 

 

様々な媒体で様々な表現技法を駆使するキャラデにも、
このような色彩についての勉強は必要だと強く思いました!

 

 

 

本当にわかりやすくて良い授業だったので、
他の人にもぜひ興味を持ってみて欲しいです\\ ٩( ‘ω’ )و //楽しかった~~~

 

 

 

 

以上、ぼこでした~~~| ूᐖ )

  • LINEで送る

2014年12月12日  学生紹介

学生ブログより~学科外で面白い授業その2~

 

 

こんにちは、副手のノブモトです!

学生ブログより、前回に引き続き「学科外で面白い授業」篇をご紹介します!

 

学生ブログはこちらから!

 

 

————————————————————————————————————-

 

20140505165524961s

 

近頃はかなり寒くなってきましたが、皆さんはどうお過ごしでしょうか?

 

突っ走れ暴走機関車こと、美都です!最近の恋人は布団です!(笑)

 

 

久しぶりのブログで少々テンションが上がっておりますよー。

 

そんな今回のテーマは、
えれなに引き続き「学科外の授業で面白い(好きな)授業」とのことですが・・・・・・

 

 

今回私が選んだのは「キャリアデザイン基礎Ⅰ」という授業です。

面白いというのもありますが、将来ためになる授業です!

 

 

この授業の最終的な目標は、
架空の会社を設立したという設定でホームページを制作すること」です。

 

 

現在は会社ごとのグループに別れ、着々と詳細を決めていっています。
しかし、ただ制作をしているだけではなく、授業ごとにちょっとした情報なども教えていただけます。

 

 

たとえば、会社のお金の仕組み、会社での立ち位置ごとの役割などの一般的な知識。
他には、その日のトップニュースなどから何が読み取れるかなど、リアルタイムな話も盛りだくさんです。

 

 

担当の先生の実体験の話や、リアルに仕事をされている方の就職活動時の話などなど・・・・・・

 

 

今の自分に何が必要なのか、この大学生活で何をするべきなのか、
ということを教えていただける内容です。

 

 

この授業の中で今私が一番感じていることは、
「自分でアクションを起こすこと」です!

 

 

無知というのは、自分から知ろうとしないからなるものだと私は思っています。

毎日の新聞、ニュース、自分からリサーチ。

 

わからないのなら調べて調べて調べまくる!どんなに小さな情報でも、いつか大きなモノになる可能性も秘めているのです。

 

 

高校などでも予習復習は大事ですし、今受けているキャラデの授業だってただ待っているだけじゃ何も出来ません!

 

実際同学年の人達も、授業では教わらない部分を自分で調べてやってみたり、
先生に聞きに行ったりして日々スキルを上げている様子がわかります。

 

 

そんなことをちょっとずつ繰り返していくことで、

いつか同年代のライバルたちに大きな差をつけることが出来ると思います!

 

 

 

それでは最近始めた新聞の確認をしつつ(一面だけでも見てるようにしてます!)・・・・・・

 

 

今回はここらで退散したいと思います!

 

 

皆様どうか体調にお気をつけてこの冬をお過ごし下さい!

  • LINEで送る

2014年12月8日  学生紹介

学生ブログより~学科外で面白い授業~

 

 

こんにちは!副手のノブモトです。

 

学生スタッフえれなさんが今回、

「学科外の授業で面白い授業」というテーマで記事を書いてくれましたので

紹介いたします!

 

学生ブログはこちらから!

 

————————————————————————————————————-

 

erena

 

こんにちは!えれなです!

 

今回のテーマは「学科外の授業で面白い授業」です!

 

本学では、水・木・金曜日に各学科で専門的な授業を受けているのですが、
(こちらのブログやKUADプロダクションで紹介されているもののほとんどはこちら)

 

 

月・火曜日には全学科共通の授業を受けています。

 

主に「一般教養」「語学」「コミュニケーション力の向上を目指すもの」「キャリア(就職)を意識した授業」などがこちらにあたります。

 

 

 

普段は学科内の授業をよく紹介しているので、

 

今回は「学科外にも面白い授業があるんだよ!」ということを伝えていきたいと思います!

 

 

そこで私は、後期の火曜日5限にある、
中山先生の「キャリアデザイン基礎Ⅱ」という授業が一番に思い浮かびました。

 

「キャリアと聞くと就職のことや重い話で硬そう・・・・・・

 

でも就職はしたいし受けるか・・・・・・」

 

という気持ちでとったのですが、

 

 

・・・・・・すごく楽しいです!!!

 

 

 

キャリアデザイン基礎Ⅱの授業では、今こんなことをしています。

 

2人組のパートナーを作る
→お互い自己紹介と先週の授業で印象に残った授業を話す
→他に先生が話すテーマをくれる

 

 

授業を通して新しい友達が出来て、コミュニケーションも豊かになります!

 

 

先週の授業を思い出すだけでもなかなか出てこなかったり、
自分が毎日をどんな風に意識して授業を受けているのかがすぐわかっちゃいますね(笑)

 

 

そしてなにより私は、そこでできたパートナーの話を聞けるのが楽しいです!

 

先日は将来の夢についてお互いの話をしたのですが、
きっかけになった出来事や大学に入ってからの話を聞いてすごく刺激を受けました!

 

 

自分自身も、人と話すのはやっぱり好きだな~って思えました。

 

 

私は、新しい発見や考え方を手に入れるためには、


人と話すのが一番大事だとこの授業を通して思いました!

 

後期の残り少ない授業も頑張っていこうと思います!

 

ありがとうございました~えれなでした!!

  • LINEで送る

2014年9月1日  学生紹介

学生ブログより~あな、楽しや立体造形~

 

みなさんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

今回は学生ブログということで、学生広報スタッフである

千尋さんが「作品」をテーマにブログを書いてくれました!!

授業で制作した作品も紹介されています!!

 

学生ブログはこちらからどうぞ!!

 

———————————————————————————————————————

 

 

よしながブログ

 

 

どうも!
「恋して夢見る熱血オタク」こと、3年生の千尋です。

 

 

今回は「作品」をテーマに記事を書きますよ~^^

 

 

私は現在、村上先生の「ゲームデザインゼミ」に所属しています。
そこでは、ゲーム企画を作っているのですが、
こちらははまだ制作途中ですので、仕上がった時の楽しみに取っておくとして・・・・・・

 

 

今!!回は、私の中で今熱い!!

立体造形の作品を紹介します

 

 

昨年、「1年かけて人形を1体作る」という内容の授業を受けたところ、
見事に立体の楽しさに目覚めまして。

(こちらはマンガ学科の授業なのですが、他学科の授業を履修できるシステムを利用してお邪魔しました)

 

 

 

今年度は学科内でも立体制作の授業を多めに取っています。

 

 

前期で作った作品、まずはこちら!

 

 

チェスコイン1

 

 

左の青いものがチェスの駒で、右が自分で考えた国の通貨(コイン)です。
これらは、立体造形応用Ⅰという授業で作りました。

 

 

写真には同じものが並んでいますが、これは同じものを何度も作るのではなく、
シリコンで型を取って、樹脂を流し込んで複製しています。

 

 

これによって、売り物として外に出しやすくなるんですね。

 

 

出来上がった作品は、ひとつひとつガチャポンにして、「ワンダーフェスティバル」に出品しましたよ~

 

 

立体造形応用Ⅰの授業については、KUADプロダクションでも詳しく説明されておりますので、合わせてご覧下さい。
http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=25715

 

 

コインは個人での制作でしたが、
チェスの駒は5~6人でチームを作って、駒として何を作るのかを話し合い、
1人が1つの駒を担当しました。私はビショップの担当です。

 

 

みんな立体制作が好きなので、作り出してからはあっと言う間なのですが、
実際に制作に移るまでかなり時間がかかりました。

 

 

 

学年、性別、考え方、こだわり、やりたいことの方向性等々、色々と見事にバラバラなメンバーが揃ってしまいまして、
その中でみんなが納得する道を見つけるのはとにかく大変!

 

 

期日があるので焦りつつも、
リーダーが意見を上手くまとめてくれたり、友達が私の意見を汲み取ってくれたりしたことが心の支えになり、
最後まで妥協しないメンバーが居たことでクオリティも上がり、最後はチームとして機能することができました。

 

 

正直もうやめたい等途中で思ってしまいましたが(今だから言える(笑))、
こうして完成できたことが一つの自信に繋がりました。

 

 

また、前期では表現基礎Ⅶ(立体造形)という授業も受けておりまして。

 

 

「自分の体の一部を作る」という課題のもと、
私は左手を作りました。

 

 

手 途中

 

 

これは途中経過。

 

 

スーパースカルピーという、オーブンで焼くことで固まる粘土で作っています。
粘土の特性のおかげで、長時間の作業が可能になるんですね。

 

 

手 完成

 

 

そして完成はこちら!

 

 

出来上がった時の迫力、存在感は立体造形ならではの醍醐味!

 

 

改めて人体と向き合ったことで、観察する力が身に付き、
粘土で造形する力だけでなく、絵を描く上での基礎力も養うことができたのではないかと踏んでいます。

 

 

こちらの授業もKUADプロダクションで詳しく説明されていますので、
載せておきますね。
http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=25357

 

 

そして、せっかくなので、最後に昨年制作した人形も載せておきます。
(本人がとても気に入っているのでとにかく見せたい)

 

 

人形1

 

じゃ~ん!!

 

人形2

 

 

こちらは全体図。名前はカトリーヌちゃん。
髪の毛、眼球は市販のものを利用していますが、それ以外は全部自作です。

 

 

人形 スチロール

 

 

 

 

発泡スチロールを好みの大きさに削り出し、

 

 

人形 削り出し
削り出したスリロールを粘土で覆い、固まったら出来上がりの形に削り出す。

 

 

人形 塗装前

 

あとは磨いて、球体関節の部分も整えたら、塗装をします。
(写真は球体部分と眼を入れる前)

 

 

髪の毛

 
塗装も終わったら、あとは髪の毛を付けて(ボンドを使って、髪の束を焼きゴテでくっつけます)、
全体を組み立てたら完成です。

 

 

 

人形については全くの初心者だったのですが、
プロの先生が少人数制のクラスで細かく教えてくださいますので、
安心して制作することができました。

 

 

 

 

 

1体つくると制作過程が分かりますから、材料が揃えば自主制作も可能です(^o^)

 

 

私は今年中にもう一体、カトリーヌちゃんのお友達を制作する予定ですので、
そのときはまた記事を書きますね~

 

 

 

それでは!最近はリア充ではないけれど立体充な、千尋でした!

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2014年8月27日  学生紹介

学生ブログより~「イケダチャンプル-全貌!」~

 

 

みなさんこんにちは!!副手のトミタカです。

 

今回は学生ブログということで学生広報スタッフのちばっちが

作品をテーマにブログを書いてくれています!!

 

学生ブログはこちらからどうぞ!!

 

————————————————————————————————————————–

 

 

 

 

 

ちばっちブログ

 

 

 

こんにちは!

毎度おなじみ、三年生のちばっちです。

 

どんどん暑くなってきてつらい日々が続きますね。

自分の命を守るためには、文明の利器も使い、限りあるエネルギーも消費する所存です(がんばってエコりましょう)

 

 

さて、今回の記事のテーマは作品。

 

 

作品と言えば、皆さんにずっと紹介し損ねていた、

 

2013年度池田ゼミ作品“イケダチャンプルー”!!

 

の作品について、紹介できる準備が整ったので紹介しようと思います。

昨年度までのゼミ紹介では、 制作過程や、最終的にはジャケット写真だけ載せてごまかしていましたが、 ようやく、ようやくお披露目です(公開から数ヶ月経っていることは内緒だ!)

 

 

まず、こちらがイケダチャンプルー公式サイトトップページのURL。

 

http://www.studio-ifs.jp/ikedachamploo/

 

 

ギター担当の古田さんがほとんど一人で作ってくれました。

びっくりするほどクオリティの高いサイトになりました。

 

 

 

 

 

そしてこちらがPV。

 

 

各メンバーが作った3DCGのキャラクターが歌ったり演奏したり闘ったり(!?)します。

ぼくは忍者のキャラクターと、コンポジットという作業を担当しました。

コンポジットというのは、映像をつなげたり、効果を付け加えたりする役割です。

 

 

 

 

 

最後にこちらが実写合成版PV。

ブルーバック撮影という技法を使って、人や楽器を切り抜いて合成しています。

 

合成やアニメーションは池田先生作ですよ!

 

 

 

 

また、完成披露のあとイケダチャンプルーについてのアンケートを取りましたので、

その一部を紹介します。

 

■Q.イケダチャンプルーで好きなところ、良かったところを上げるとしたら?

 

・バンドとCGを合わせて実写合成も行うという企画力

 

・楽しそうに制作している点

 

・CGや映像にとどまらず、多方面で制作している点(Webなど)

 

・キャラに個性がありつつも一つの作品として仕上がっているところ

 

 

 

■Q.イケダチャンプルー企画で感じたことはなんですか?

 

・制作者があまりにも楽しんでるものだからうらやましいとすら感じました。

 

・全員の「やってみたい!」の気持ちと「やってやるぞ!」の意気込みを感じた。 そこからみんなが「やりたい!」と思える企画って大切だなと思った。

 

 

 

といったポジティブな意見もありつつ

 

 

 

■Q.この企画がもっと良くなる要素を上げるとしたら?

 

・モデリングやライティング等、映像の質を上げるための工夫がされてればよかった。

 

・キャラクターをもっとじっくり見られたらなと思います。

 

・スケジュールをもっとしっかりして前倒しにしていくぐらいの気持ちでやること

 

・LIVEの映像で音と楽器の演奏があってないのが気になる

 

 

などなど、反省点もたくさん出てきたので、今年度は(池田ゼミじゃないけど)こういった反省点を気にしつつ、

 

作品制作に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

おまけで、今までに撮った集合写真も載せておきます~

 

 

 

集合1(加工後)

 

 

集合2(加工後)

 

 

 

集合3(加工後)

 

 

集合4(加工後)

 

 

以上、ちばっちでした!

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。