歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年7月6日  授業風景

【2回生】文化財保存修復基礎演習Ⅰ

こんにちは、歴史遺産学科の副手です。

7月に入り、夏の日差しを感じるようになってきました。

京都は祇園祭の季節ですね!

 

 

さて、今回は2回生の授業「文化財保存修復基礎演習Ⅰ」の様子をお届けいたします!

この授業は3グループに分かれ、ローテーションで保存修復の先生方から文化財保存修復についての専門的な知識や技術を学びます。

1回生で得た基礎知識からステップアップし、演習を通してものの扱い方、見方を学んでいきます。

 

 

演習授業ということで、学生たちは毎週楽しそうに活き活きと取り組んでいます!!

 

 

 

 

 

 

岡田先生クラスでは、木材、繊維、顔料等の素材について学び、材質や技法の基礎的な知識を深めます。

 

その中でも今回は「染色」についてお伝えします!

 

1

 

「刈安」というイネ科の黄色染料で染めます。

 

2

 

3

 

 

時間を計りながら媒染と水洗を繰り返し、最後によく水洗いし乾燥させます。

鮮やかな黄色に染まっていますね!

 

 

 

 

実際にやってみることで、文献からは得られない気付きや新しい発見を得ることが出来ます。

この気付きや発見を大切に、今後は古代衣装の復元制作に取り組んでいきましょう!

 

 

 

 

 

 

大林先生クラスでは、装こう文化財の基本的な素材や構造を学びます。

 

装こうとは、紙や絹などを基にして制作された絵画、書跡、典籍、古文書などのことを指します。

それらのものを掛軸や巻子・屏風、冊子等の形態に装丁された作品の劣化や損傷の調査をチームで行い発表しました。

この授業では学科所有の資料を使用し調査を行いました。

 

5

 

6

 

扱う作品は様々で、作品の状態も個々で違います。

 

 

「この劣化はこれが原因なんじゃないか?」などチームでの話し合いも白熱したようでした。

発表では質問したり、疑問点を皆で考えたりと盛り上がりを見せていました。

 

 

7

 

また、構造についても実物を見ながら学びます。

 

8

 

皆、興味津々で先生の解説に聞き入っていました!

 

 

 

 

 

 

 

伊達先生クラスでは、民俗資料に関する調査について学びます。

材質調査、計測、梱包など資料保存において必要なことを演習を通して身につけます。

 

今回は資料の実測図作成と梱包実習です!

 

 

9

 

実測図作成では鎌を対象としました。

まずはラフスケッチで全体像をつかみ、その後実測をすすめます。

 

10

 

11

 

とても真剣です、、!

先生が「誰が見ても同じ図になるように」とおっしゃっていたのが印象的でした。

学生たちは見ているものと全く同じものを描くことの難しさを感じたようです。

 

 

 

梱包実習では文化財を運ぶことを想定し、実際に梱包を行いました。

 

 

12

 

まずは、紐の結び方の練習です!

安全に運搬するためにしっかり固定し、かつ作業がしやすいように解きやすい結び方であることが重要です。

 

 

結び方を練習した後は梱包の実践!

 

 

13

 

14

 

何度もやり直しながら包みます。

実際の現場で必要なスキルは、手を動かしながら学ぶことでより身につきます。

先生から合格をもらえるようになるには、まだまだ練習が必要ですね!

 

 

 

 

 

このように2回生は文化財の保存修復に必要な知識、技術を演習を通して学んでいます。

内容はもっと多岐にわたり、得られる知識、経験もたくさんです!

 

 

 

 

皆さん、これからもひとつずつ着実に学んでいきましょう!!

 

 

 

 

 

 

【ご案内】################################

 

7月9日(日) 1日体験入学オープンキャンパス 

【歴史を次世代に「伝える」―古文書修復体験―】

 

古文書は歴史を解き明かすために不可欠なもの。しかし虫や光が原因で紙は損傷してしまいます。歴史を伝えるため、古くから人々はあらゆる方法を駆使して修復を行ってきました。体験授業では、午前は奈良時代からの技術「手繕い」、午後はヨーロッパの技法をヒントにした新技術「漉嵌」(すきばめ)での和紙の修復を体験してみます。

 

実際に手を動かして修復の技術を体験してみませんか?

詳細&お申し込みはこちらから

 

 

 

7月22日(土)・23日(日) -真夏のオープンキャンパス-

夏期コミ入直前!

学科の学びを体験できるワークショップに、教員相談ブース、夏期コミュニケーション入学の申し込みもできます!

高校12年生も参加可能です!ぜひ学科ブースに遊びにきてくださいね!

詳細はこちら

 

 

#####################################

  • LINEで送る

2017年6月23日  授業風景

歴史遺産学演習Ⅰ-伎楽面の復元模造-

こんにちは、歴史遺産学科の副手です。

今回は3回生「歴史遺産学演習Ⅰ」の授業の様子をお届けいたします。

この授業ではそれぞれがゼミに分かれ、各先生のもとでより専門的な技術について学びます。

今回は現在、岡田ゼミで伎楽面の復元模造をしている3回生の三戸さんに授業の様子をレポートしていただきます!

 

 

 

 

 

-------------------------------------

 

こんにちは!歴史遺産学科三回生の三戸です。

 

私の所属する岡田ゼミでは現在、お面作りをしています!

写真下部のズラリと並んだお面は、卒業生の先輩方の作品です。

 

1

 

 

2

 

 

仏像技法研究家で本学客員教授 山崎隆之先生のご指導のもと、私たちは伎楽面、雅楽面、能面といったお面を「脱活乾漆」という技法を使って作っています。

 

「脱活乾漆」とは漆や麻布を使った伝統的な仏像の制作技法のこと。

奈良県は興福寺、有名な阿修羅像もこの脱活乾漆技法で作られた仏像なんですよ!

 

3

 

まずは粘土でお面の大まかな形を作って……

 

4

 

その上に漆を接着剤にして、麻布を貼り重ねます。

 

ここからさらに、漆と木粉を混ぜた「コクソ」というペースト状の漆を使って、細かい皺や豊かな表情を作っていきます。

 

5

 

 

授業はいつも和気あいあい!

「ここはどうしたらいいでしょうか?」と積極的に先生に指導をお願いしたり、「ここ変じゃないかな?」とゼミ生同士で相談したりと、にぎやかです!

 

 

6

 

 

岡田先生曰く、「お面は作った人の顔に似てくるよ」とのこと。似ているかな?

 

こうして実際に手を動かし、物に触れることで、新しい発見が生まれます。

そしてそこから、当時の人が考えていたことや苦労、そして新たな疑問も見えてきます。

「昔の人はどうしてこの技法を使ったんだろう?」

「このお面にはどんな意味が込められているんだろう?」

この「どうしてだろう?」という疑問が私たちの研究の第一歩です。

疑問を明らかにし、新しい発見をする。それが私たち、岡田ゼミです。

 

完成まではまだまだ時間がかかりそうですが、楽しく真面目に、毎週お面作りに励んでいます!

機会があったら是非、私たちの作るお面を見に来てくださいね!

 

 

 

また、722日、23日のオープンキャンパスでは実物も展示するので、どんなものか見てみたい!気になる!という方は是非、歴史遺産学科のブースまで見に来てくださいね!

 

 

 

 

 

 ------------------------------------------------

【ご案内】

722日、23日のオープンキャンパスの前に、、

 

-7月9日(日) 1日体験入学オープンキャンパス- 

【歴史を次世代に「伝える」―古文書修復体験―】

 

古文書は歴史を解き明かすために不可欠なもの。しかし虫や光が原因で紙は損傷してしまいます。歴史を伝えるため、古くから人々はあらゆる方法を駆使して修復を行ってきました。体験授業では、午前は奈良時代からの技術「手繕い」、午後はヨーロッパの技法をヒントにした新技術「漉嵌」(すきばめ)での和紙の修復を体験してみます。

実際に手を動かして修復の技術を体験してみませんか?

 

 

詳しい情報&お申し込みはこちらから!→

 

------------------------------------------------

 

  • LINEで送る

2017年6月20日  授業風景

進級論文テーマ発表会!

こんにちは、歴史遺産学科の副手です。

梅雨に入り、曇り空が多い今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

さて、今回は先日行われた3回生進級論文テーマ発表会の様子をお届けいたします。

 

 

1

 

 

この日は「歴史遺産学総合演習Ⅰ」のゼミの時間を使い約半年後に提出する進級論文のテーマ発表会が行われました。

3回生から各先生のゼミに所属し、自分の興味のあること、研究したいことをこの1年間で突き詰め、4回生の卒業論文へとつなげていきます。

 

 

 

初めて自分のしたいことを発表する機会なので皆ドキドキ、、!かと思いきや、学生たちは堂々とした発表で活き活きとしていました!

 

 

2

 

3

 

 

仏教美術や建築町並み、月の文化、万博と茶室など

内容は皆それぞれで、発表後にはディスカッションを行い、先生方や先輩・同級生からアドバイスをいただきました。

また質問や意見交換をし、とても有意義な時間となりました。

 

 

自分にはなかった考えに気付いたり、新しい知識を得たり、とても良い機会になったのではないでしょうか。

 

4

 

 

 

ここで新たな課題を発見する学生もおり、やる気に満ち溢れていました。

皆さん、まだまだこれからやりたいこと・新たな課題に突き進んでいきましょう!!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------

-7月9日(日) 1日体験入学オープンキャンパスのご案内- 

【歴史を次世代に「伝える」―古文書修復体験―】

 

古文書は歴史を解き明かすために不可欠なもの。しかし虫や光が原因で紙は損傷してしまいます。歴史を伝えるため、古くから人々はあらゆる方法を駆使して修復を行ってきました。体験授業では、午前は奈良時代からの技術「手繕い」、午後はヨーロッパの技法をヒントにした新技術「漉嵌」(すきばめ)での和紙の修復を体験してみます。

実際に手を動かして修復の技術を体験してみませんか?

 

 

詳しい情報&お申し込みはこちら!→

 

  • LINEで送る

2017年5月30日  授業風景

学生インタビュー第1弾!-授業紹介-

こんにちは、歴史遺産学科の副手です。

先日のオープンキャンパススタッフブログに引き続き、学生インタビューをお届けいたします!

今回は歴史遺産学科に関する授業についてではなく、学科以外で学べる授業について2回生の米村 萌さんにインタビューしました。

 

 

———————————————————————————–

 

みなさんこんにちは!

歴史遺産学科2回生の米村です。

今回は少し違う目線からのブログになります!

 

知らない方もいるかと思いますが、京都造形には“マンデープロジェクト”という1回生必修授業があります。

名前の由来は毎週月曜日にやるからです!(・・・たぶん?)

全学科からランダムに選ばれた約40人のクラスに、個性豊かなFAとLAがさまざまな授業を行う京都造形芸術大学の目玉授業です!

 

さて、ここでFAとLAって誰や・・・って方のためのサラッと説明

FA → マンデーの授業構成を考える人、個性の塊。

LA → 授業のサポート役。2回生以上が担当している。

簡単に言うと、

1回生に新しい体験や知識を与える人たち です!

 

さて、ここで勘の良い方はわかるとは思いますが、現在私はこのLAという立場でマンデープロジェクトに参加しています!

FAによって授業の内容はガラッと変わるものですが、今回は11クラス合同で行ったペーパーファッションショーについて紹介したいと思います!

 

 

写真1

 

ランウェイに並ぶモデルの服はすべて障子紙のみで造られていて、テーマに合わせて各クラスの1回生がデザインから制作までを行います。

制作時間は約4時間。

 

写真2

 

近くで見るとさまざまな工夫をしていますよね。

紙の可能性を見出し、工夫し、制作する。

 

とても難しいことかと思いますが、でもできてしまうのです。

マンデープロジェクトの不思議な点は、「そんなの無理でしょ・・・」ということを、サラッと行ってしまうことなんですよね!

 

こうして蓄積されてきた経験をもとに、夏の一大イベント“京造ねぶた”を制作することになります!

 

さて、今回は本当に違う目線からのブログになりましたが、マンデープロジェクトは全ての1回生が通る授業です。

ぜひ覚えておいてくださいね!

そして、少しだけ楽しみにしていてくれると嬉しいです!

 

それでは、今回はこの辺で!

また、どこかで~

 

 

 

 

———————————————————————————–

 

マンデープロジェクトでは今回米村さんが紹介してくれたペーパーファッションショー以外にもたくさんのプログラムがあります!

こちらは1回生お楽しみの授業になっておりますが、

なんと一足先に学科の授業を体験できる機会が!

 

 

それは、

6月11日(日)の1日体験入学オープンキャンパスです!

「体験入学」とあるとおり、歴史遺産学科の授業を体験していただけます。

 

今回はフィールドワークで曼殊院、永観堂を実際に訪れ、京都の歴史や文化財の保存修復について学びましょう!

 

 

 

詳しい情報&お申し込みはこちら

 

  • LINEで送る

2017年1月18日  授業風景

料紙装飾を学ぶ!

寒波も少し和らぎ、積もった雪もとけてきていますね!

 

今回のブログは2回生の授業「文化財保存修復基礎演習Ⅱ」の様子をお伝えします。

この授業は歴史遺産や文化財のまつわる基礎的な知識やスキルを身につける授業です。

 

IMG_0036

 

今回は日本画や古典絵画技法にまつわる授業を担当されています

中神先生の授業をレポートします!!

 

DSC_0049 

先生の授業では、前半に仏像や仏閣に彩りを与える繧繝彩色(うんげんさいしき)の制作を学び、

後半には雲母刷りや金箔などを使った料紙装飾を制作します。

 

古来から使われている素材の美しさや古典技法の多様性を学んでゆく授業です。

 

DSC_0029

 

料紙装飾は、一人ひとりが紙や構図を試行錯誤して作ります。

制作者の個性が出るので出来上がりがとても面白いです。

 

DSC_0032

 

とくに修復分野においては、なおすモノがどのように作られているかを知っていることが大切です。

技法について実際に制作しながら学べるのは、歴史遺産学科ならではですね!

 

IMG_0008

IMG_0015

 

顔料や箔や膠などを使うこともはじめての学生もいますが、

手を動かした制作とともに技法を覚えていくので、

飲み込みも早いですし興味を持って取り組むことができます!

 

とてもすてきな作品ができあがりました!

 

 

 

 

 

1 2 3 13

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。