美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年7月8日  授業風景

【油画】一年次古典デッサン:ダ・ビンチやラファエロが使った描画材

もう7月。こちら京都は山の色が濃い緑に変わって、

街中では祇園祭のコンコンチキチンという鐘の音が聞こえてくる時期になりました。

 

油画1年次は、今、レオナルド・ダ・ビンチやミケランジェロが描いていた、ルネッサンスの時代のデッサン技法と描画材を勉強しています。

 

さあ、ここで問題です。

ルネッサンスの時代、今から約500年前にはまだ鉛筆は発明されていませんでした。

鉛筆に変わる描画材、一体、どんな描画材を使用していたでしょうか?

 

…答えは一番下に…笑。

 

まずはそのための紙の準備です。

IMG_6765

IMG_6766ルネッサンス期のデッサンのスライドショーと講義を見たあと、デッサンの支持体をつくります。

紙をカルトンに固定します。

 

 IMG_6762そして紙に塗る有色下地をジェッソと顔料ペーストでつくります。新任の品川美香先生とともに、画集と見比べながら色味の濃さを調整してゆきます。

IMG_6763

有色下地の色味は、褐色系、ブルー系、赤系、イエロー系の4色。

希望の色でグループをつくり、刷毛塗りします。

IMG_6764  
IMG_6768

これは普通の水張りではありません。神谷先生のとっておきの手法を伝授してもらいました。

この神谷メソッドを使えば、テープを剥がしても紙の端まできれいにしておくことが出来ます!

 

IMG_6770

 

IMG_6771

これがデッサンの支持体になります。大きさはF8号、あとの油彩画古典技法のサイズと揃えています。

そして、翌日は油彩画の支持体制作に取りかかります。綿布のカットをして1日目が終了。

 

IMG_6777

2日目は、マルオカ工業製HD-2パネルを使用します。

F8号ですが、油彩画の大敵、ベニヤ板のアク止め処理をする必要がないスグレモノです!

なぜなら、絶縁シートがすでに貼ってある製品だからです。

絶縁の方法はまた別の機会に伝授するとして、今回はHD-2パネルの使用で一工程省きます。

このようなパネルがあるのを知っておくのも学生達の今後に役立ちます。

本学教授の青木芳昭先生とマルオカ工業が共同開発した製品で、値段も普通のパネルより30円程高いだけとリーズナブルです!!(本学ADストアにて)

IMG_6780綿布に鉛筆で印をつけたらいよいよパネルに貼り込んでいきます。

IMG_6782

これまでに一体何百、何千??枚のパネルづくりをしてこられたのでしょう、ベテランの木村克朗教授から直々に、「手早く大胆に、かつ繊細に!」と手ほどきを受けています。

IMG_6783

元卒業生で先輩、今は講師をしている岡田啓伸先生からも実際の張り方のコツをアドバイスしてもらっています。

IMG_6786

ジェルメディウムを希釈してHD-2パネルに刷毛塗りします。

いい顔笑。

IMG_6789

IMG_6790

IMG_6788

正面が済んだら側面の処理に移ります。ここが一つのヤマ場です。

IMG_6792
IMG_6794

綿布の貼り込みが済んだら、一日寝かせてからジェッソ塗りしていきます。

6層から7層重ね、紙やすりの研ぎも行います。

写真は木村先生のジェッソを重ねたときの見本と、岡田先生のきれいに整えられた支持体パネルの作品です。これを見ると1年次学生もやる気になったのではないでしょうか。

 

さて、さっきの答えです。

有色下地をほどこした紙作品には、

ルネッサンスの時代、鉛筆が発明されていなかった時代の描画材の一つ、

シルバーポイント(銀筆)というものでデッサンします。

文字通り、銀の芯を使っています。

他にも、木炭、サンギーヌなど天然の色チョーク、インクやペンも使用していますよ。

 

シルバーポイントによるデッサン描画のことは、また次の機会にもレポートできたらと思います。

(森本玄:油画教員)

 

*****************************************************************************

明日7/9(日)はいよいよ一日体験入学、オープンキャンパスです!

油画コースに来ると、なんと油彩画制作を無料で体験でき、

さらに玉手箱のように作品を持ち帰ることまで出来ます。

 

10:00−11:40と13:00ー14:40、

午前と午後で同じ内容を2回行います。

申込をしていない人も、当日飛び入りで参加可能ですから、どうぞお越し下さい。

油絵を描いてみたい高校生の方、優しいスタッフ全員でお待ちしています!!

 

詳しくは、下のリンクをご覧ください。

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

*****************************************************************************

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年6月22日  授業風景

【染テキ】トントン…トントン…織り室、稼働中!!

織り室、現在フル稼働中です。

1年生のファウンデーション課題(美工1年生前期、第2課題は他コースの授業を学べます)では羊毛を染めて機織りに挑戦です。

P1050814

IMG_5353

美術工芸学科6コースの学生が混ざっての授業です。

この期間は他のコースの授業を受けられるので、実は興味があったんだけど…という学生にはもってこいですね!

みんな真剣に織り機と向かっております。

IMG_5352

お次は2年生〜

2年生の第2課題では絹糸を植物染料を煮出して染めます。

P1050675

P1050689

良い色に染まり上がりました!

P1050802

機にかけてさあ、織り始め!!

IMG_5359

トントン…トントン…と軽快な音が織り室に鳴り響きます。

IMG_5351

3年生、前期は仁尾先生ゼミの学生たちが制作をしています。

パソコンと連動しているドビー機という織機の使用。

パソコンで組織図を考え中…

P1050810

 

ガシャンと音をたてながら複雑な模様を織っていきます。

IMG_5448

さて4年生は、それぞれのテーマ制作へと始動しています。

着物を織る学生や

P1050808 IMG_5355

原毛から糸を紡ぐ学生もいます。

P1050803

P1050774

以上、織り室でした〜

 

 

  • LINEで送る

2017年6月8日  授業風景

【染テキ】ヨッ、待ってました〜!!今年もSOU・SOU×染テキ、てぬぐい&四角衣販売します!!

今年も染織テキスタイルコースがSOUSOUとコラボして、てぬぐいと四角衣の販売を行います。

 ヨッ、待ってました!!毎年楽しみに待っているファンの方多いのではないでしょうか。私もその一人です!!

 IMG_4292

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業も終盤に入り、シルクスクリーンの刷りの作業がはじまりました。3年生のSOUSOUゼミのみなさんは朝から晩までバリバリ制作しています。

 

 IMG_4297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、SOUSOUゼミのてぬぐいを楽しみにしているのですが

(2、3枚大人買いして、洗面所の手ふきとして使っています!)

今年のSOUSOUゼミは22人と例年に比べ大人数。メンバーが多い分、柄もたくさん出来るので、選ぶ楽しみも倍増です!

 

 IMG_4246

SOUSOUゼミでは、商品づくり以外の仕事もメンバーで分担します。

たとえば、DM作成、タグ、POP、お店とのやりとりなど、ものがお客さんの手に届くまでを全て学びます。

 

 IMG_4294

IMG_4296 IMG_4295

 

 

毎年思うのですが、SOUSOUゼミの子の目の色が、6月に入るとグッと変わります。本気モード突入です。ものづくりに対して、真剣な良い目です。そばで見ている側としても、大変良い刺激です。皆さんも、地下の染織コースにSOUSOUゼミの熱気を感じにきてください〜!!

 

<四季の四角衣・てぬぐい展2017

イベント期間:7/9(日)〜7/16(日)

場所:京都マルイ1階店頭

  • LINEで送る

2017年5月29日  授業風景

【染テキ】3年生 タクタイルアクセサリーゼミ

こんにちは。

染織テキスタイルコース3年生、今年は3つのゼミが開講されています。

今回はタクタイルアクセサリーゼミをちょっことご紹介!

タクタイル=『触覚の』という意味があるようです。

5月18日に小講評会がありました。

お題は『30日間の「日記」となるネックレス」

素材は綿ロープ。

それ以外は何を使っても、どのようにしてもOKとのこと。

このロープをもとにどんなネックレス(日記)ができあがるのでしょうか?

P1050609

ロープが分解されて再構築されています。

P1050544

かなりボケていますが…こちらはカード織りという技法。

P1050556

 

さてさて講評会は

P1050611

みんなプレゼンしっかりしてます。

P1050637 P1050638 P1050617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綿ロープから様々なネックレスが出来上がりました〜

一つの素材からいろんな表現が生まれましたね。みんな良い感じです。

今後の展開が楽しみです!!

Image-2

 

  • LINEで送る

2017年5月25日  授業風景

【油画】2年生 あおぞら授業風景

みなさんこんにちは。

美術工芸学科・油画コースです。

 

先週のある晴れた日、油画コース2年生、神谷徹先生の人体油彩の授業が教室外の広場で行われていました。

『モデルさんを描く油画授業をなぜ屋外で??』 実はちょっとした秘密があります。

 

 

 

DSC_5372

 

 

絵と制作者の距離って実はほとんど一緒なのです、どんな巨匠でも…。

でも描いたものを見る距離には適正距離というものがそれぞれあります。

 

制作現場を飛び出して、屋外で、距離をとって自作を眺めるとそれまで見えなかった事に気づく瞬間があります。

気づけば行き詰まりもスッと風通しが良くなるもの。

この小休止のあと絵はどんどん進み、5/18には無事に講評会が終わりました。

 

 

描いたものを見る・みる・ミル…

ここからは、みんなの「適正距離」探しの様子をご紹介。

 

—————————————————–

高戸さんの場合…

 

立ってみる。

DSC_5382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座ってみる。

DSC_5375

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、絵と制作者との距離はこんな感じ。

DSC_5380 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっ、何か発見が?

DSC_5383

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品を持って…

DSC_5384

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…2年生のアトリエへ◎

DSC_5385

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————

南浦さんの場合…

 

高戸さんの隣で、同じように遠くから作品を見つめていた南浦さん。

遠くから見た後、近づいて…

DSC_5407

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと近づいて…

…じっと見た後、2年生のアトリエへ◎

DSC_5408

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

———————————-

坪本さんの場合…

 

適正距離から◎

DSC_5419

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何かに気づいて…。ん?右手に何かを持っていますね?

DSC_5420

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおっ!アトリエではなく、そのまま外で制作!

気づいた・感じた その時にキャンバスへ。

DSC_5421

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神馬先生からのアドバイスも加わります。

ふむふむ、ほうほう…。

DSC_5413

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坪本さんはこの後もしばらく野外で制作が続きました◎

(ほんとうに、それぞれのスタイルがありますね)

——————————————————–

 

御村さんの場合…

 

作品を置いた後、しばらくその場でじっと見て。

DSC_5424

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神谷先生と一緒に適正距離から。

DSC_5434

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりの時間を使って、先生からアドバイスを頂きました。

DSC_5431

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人と同じ目線から。

DSC_5443

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな一緒に◎

DSC_5396

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月と7月の1日体験オープンキャンパスでも、同じ様に描いた絵を屋外で鑑賞する読み解き体験ができます。

ちょっとしたプチ開眼体験を求めている、絵の好きなみなさん!

遠くから・近くから・遠くも近くもない距離(=適正距離?)から、自分が描いた絵を見てみましょう。

先生からのアドバイスも加わって、きっと新しい発見があるはずです◎

 

一日体験オープンキャンパス、お申し込みはこちらから↓

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-11_07-09/

 

それでは、みなさんとお会いできる日を楽しみに。

お待ちしています◎

 

美術工芸学科:油画コース

1 2 3 32

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。