マンガ学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年10月30日  授業風景

手塚 眞先生特別授業!

 

11/27の3、4講時にヴィジュアリストの手塚眞先生の特別授業がマンガ学科で行われました!

手塚眞先生はマンガ家の手塚治虫先生の御長男でもあられます。

 

3講時は主にご自身と映画、映像の事について様々なお話をしていただきました。

幼いころからマンガとアニメがあまりに身近にあったため逆に実写映画に興味を持たれたのだそうです。

 

学生時代から学生映画賞に向けて8㎜フィルムで映画を撮影し、賞をもらって人脈を増やしていかれたとのことでした。

このお話は受賞し、アシスタントあるいは読み切りと段階を踏んで

マンガ家になるという道筋と似ており学生にとっては想像しやすいものだったのではないでしょうか。

 

3講時の最後に1999年に公開された『白痴』という映画を文字通り命を賭けて制作されて、心身共に疲弊された手塚眞先生は

「もう撮りたくない。でも撮ってしまうんです。好きだから。」と語っておられました。

作品に対する熱量はお父様の手塚治虫先生のイメージと重なりとても印象深いものになりました!

IMG_4064

4講時は手塚治虫先生の作品に触れつつ、

マンガのルーツや技法などについて講義していただきました!

マンガの描き方が今ほど確立していない頃から様々な技法を使っておられた手塚治虫先生。

特徴的なコマ割り、キャラクターのデフォルメはもちろん

感情の表し方など今となっては当たり前になっている事から、先生ならでは手法まで。

手塚治虫先生を一番近くで見ておられた眞先生から教えていただくことで、

学生達にも生の声として響いていたのではないでしょうか。

 

そして手塚眞先生は2018年正月に新作映画の公開を控えています!

30年前に制作されたロックミュージカル映画を続編でもリメイクでもなく、

全く新しいニューカルトムービーとして制作された本作。

授業を聞いた学生はまた違った目線で楽しめるかもしれませんね!

http://stardustbros.com/

DNIVjwkVQAAoMZ7

 ———————————————————–

 

学科ツイッターも随時更新しているので是非見てくださいね!

 

 

  • LINEで送る

2017年7月27日  授業風景

デジタルマンガ応用Iの学生作品が投稿されました!

 

前期木曜1,2時間目、3回生対象に行われている『デジタルマンガ応用I』の授業が先ほど前期最終回を迎えました。

3ba4_1500511862103

この授業は文字通りデジタルマンガを描く授業ですが、

最終目的は『comico』に作品をアップロードすることでした。

そこで今回のブログでは学生作品を簡単に紹介していこうと思います!

作品名下にあるURLをクリックするとそのまま作品ページにいけるので

興味が沸いたら是非読んで見てください!

 

『七瀬さんはどこか変だ』PN.会社員2号

http://www.comico.jp/challenge/articleList.nhn?titleNo=21730

どこかと言わずにガッツリ変な七瀬さんと主人公の田中君が繰り広げる12ページの短編学園ものです。

作者の会社員2号君は来月行われる『第2回 マンガ鬼合宿』の参加メンバーにも選ばれた実力派です!

テンポのいい今作、必見です!

 

『菓子はどこだ』PN.com0720091248

http://www.comico.jp/challenge/articleList.nhn?titleNo=21689

どうしてもお菓子を食べたい息子が母の留守中に家を探し回る話ですが、作者のワードセンスが光る作品です!

かわいらしい絵柄なので誰でも気軽に読めるのも特徴ですね。

 

『Little Basilisk』OngDaoxie

http://www.comico.jp/challenge/articleList.nhn?titleNo=21665

家畜を襲うバジリスクを狩る、バジリスクハンターがひょんなことからバジリスクの子供を育てることになる

までを描いたこちらも短編マンガです。オン君の温かい絵柄も相まってとてもハートフルな話になりそうで

続きが読みたくなるマンガです!

 

『学校行きたくない』PN.CYS

http://www.comico.jp/challenge/articleList.nhn?titleNo=21667

主人公が学校に行きたくなく、ウダウダするマンガですがCYSさんのコミカルな絵柄とギャグのテンポの良さで

サクサク読めてしまいます。大学生なら思わず「あるある」と頷いてしまうかも知れませんが学校には来て下さい…。

 

『メガネの悲劇』PN.鈴音シズク

http://plus.comico.jp/manga/challenge/2270/

最後に紹介するこの作品はcomico+に投稿された少しエッチな作品になっています。

ギャグチックな今作、アップロードの処理を誤ったのか全ページボケてしまっていますが

おもしろいので是非読んでみてください!

 

以上5作品、是非ご覧ください!

-------------------------------

 

 

8/1はAO入試のエントリー受付日となります。

エントリー料無料なので少しでもマンガ学科に興味を持ったら是非エントリーしてくださいね!

お待ちしております!

くわしくはこちら

  • LINEで送る

2017年5月26日  授業風景

【授業紹介】絵画技法Ⅱ

今日は水曜日の1,2限に行われる『絵画技法Ⅱ』の授業を紹介します。

普段は室内で彫刻作品を作る授業ですが5/105/17は画材を持って京都市動物園へ出発!

動物をスケッチし後日その版画を彫ることが今回の目的です。

 

 DSCF0302

夏も近づいてきました。学生はもちろん動物たちも暑さと必死に戦っています。

見ての通りカバも水に浸かり暑さをしのいでいますね!

 

 DSCF0292

学生に聞いたところ動物が動くので(当然ですが)スケッチをしづらかったそうです。

モチーフが動いてしまうことによりいつも以上にじっくり観察したのではないでしょうか!

 

DSCF0289

動物スケッチをしているうちに愛着が湧き、別れを惜しむ学生も・・・!

 

 

今週はこのスケッチを基に版画のデザインを描き起こしています。

完成が楽しみですね!

  • LINEで送る

2017年5月10日  授業風景

【授業紹介】表現技法基礎I

 

今日は1回生向けに開かれている『表現技法基礎I』の授業紹介をします!

3

この授業、

『マンガ・イラスト制作に必要な作画テクニック、知識、技法を学ぶ。』をテーマに

水曜日の4,5講時に開かれています。

毎回よしかわ哲郎先生自身が作られ教材をもとにコピー用紙にひたすらキャラクターを描くという授業。

これだけを聞くと単なる画力アップの授業に感じるかもしれませんがそうではありません!

第4回目の今日は『押すを考える』とう授業でどう描けば押しているように見えるかはもちろんの事、人体の構造から分かりやすく丁寧に学生たちに教えてくれていました。

 

胸とおしりの関係から背骨の入り方、中心線の入れ方までじっくり教えていたので上回生にとっても素晴らしくためになる授業でした。

写真を撮りに行っていた私も思わず手を止めてしばらく授業を聞いてしまいました。

2

普段自分流でなんとなく描いていた1回生は今後絵を描く時、

今までよりも何倍も頭を使うことができるようになる、そんな授業です!   1

  • LINEで送る

2017年1月12日  授業風景

初詣に行ってきました

 

今回のブログは学生自ら書いてくれました!

 

伏見稲荷に牛田ゼミの3回生11人で行ってきました。

鳥居に囲まれた四ツ辻までの道は
まるで平安貴族になったような
気分になりました。
また、ずっと鳥居に囲まれながら
歩いているので、
自分が妖(あやかし)になって、
結界の中にとらわれているような
気分になりました。

 

_MG_2897

 

途中で見える山の景色は
サスペンスドラマに出てきそうで
テンションが上がりました!

目的地の四ツ辻からは
京都市内を一望することができ、
空気がとても美味しかったです。

 

_MG_2910

 

おもかるいしは
牛田先生以外は重たいと感じる結果となり、
すごくびっくりしました。
中には綿のように軽かったと自己暗示する人もいました。
石の持ち方がよくわからない‥

帰りに食べた「まるもち」は
あたたかく
外はカリッと
中はもちっとしていて
寒い外で歩きながら食べたので
手元がほっこりしました。

道中は坂で階段も多く、
四ツ辻まで辿り着くのは
しんどいと感じましたが、
今回、ゼミのメンバーで行けて
良かったなと思いました!

 _MG_2886_MG_2882

 

(3回生 大塚 真帆)

 

1 2 3 26

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。