キャラクターデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年9月13日  授業風景

キャラデの夏期集中授業!~3・4日目編~

 

こんにちは!副手のコンです。

 

今日は前回に引き続き、夏期集中授業~3・4日目編~の様子をお伝えします!

 

3日目の1限目、2年生は自分の行きたい会社を調べ、実際の求人票を見ながらディスカッションをしてもらいました。

その上で履歴書を書いてもらい、就活までに何が必要なのか考えてもらいました。

 

IMG_4990

IMG_4989

IMG_4998

「まだまだ2年生だし就活なんてまだ早い!」と思っていた学生も就活までにやるべきことが少し見えてきたようです。

 

 

そんな中、3年生は葭矢峰世様にお越しいただき「就活メイクアップ対策講座」を行っていただきました!

葭矢様は化粧品販売を経て、写真スタジオでのメイクなどの美容やカメラを担当。スタジオ業務と並行し、専門学校・大学でメイクアップ講座を行っておられる方です!

 

IMG_9679

IMG_9706

メイク後の学生。血色がよくなりとても健康的できれいになりました!!

 

 

IMG_9696

男子も髪の毛や眉の整え方をレクチャーしていただきました!

 

少しのことで大きく印象が変わるということが良くわかり、

普段はあまりメイクをしない学生も就活前にメイク方法がわかってよかった!と言っていました。

 

———————

3・4限目は、作戦本部株式会社 代表取締役の鴨志田由貴先生にお話いただきました!

 

自分が仕事でいくら収入を得て、(副業含め)制作費等の支出でいくら出ていくのかを

具体的に書き出し具体的に幾らで生活していくのかをイメージしました。

実際に仕事をしている人たちがどういった収入、支出で生活しているのかの具体例も見せていただいたことで
お金に関する感覚、具体的に何をどれだけ行うのか、など現実的なイメージがもてたのではないでしょうか?

 

IMG_3124

 

IMG_3147

後半では、マインドマップを書いてもらい、より具体的に自分自身の将来を考えてもらいました!

 

IMG_3114

先生方も黙々と書き込んでいます!

 

————————-

 

4日目の1限目は「振り返り合評」です!

3年生が制作したポートフォリオを2年生に向けて説明しながらお話をしてもらいました。

IMG_5016

IMG_5060

IMG_5074

3年生にとっては、自分の作品をプレゼンテーションする練習にもなり、

2年生にとっては、来年自分がポートフォリオをつくるには、このくらいの作品量が必要なんだなと思うことができたと思います!

 

—————-

2限目、3年生の授業には「株式会社ビビビット」からマーケティング事業部の井上佳子様にお越しいただきました!

ビビビットとは、ポートフォリオ×就職活動をテーマにしたクリエイター・デザイナー・イラストレーターを志望する方向けの新しい就職サイトです!

(https://www.vivivit.com/)

IMG_5112

井上様には、ビビビットの使い方とポートフォリオ制作のポイントを教えていただきました!!

学生も「このようなサイトがあることを知らなかったので活用したいと思います!」と言っていました!

 

—————

2年生は、株式会社グラフィニカから小宮彬広様にお越しいただきました!

小宮様にはCG業界のお話とグラフィニカで制作に携わった作品映像集を見せていただきました!

株式会社グラフィニカでは、アニメーション作品を中心に、ゲーム・遊技機・実写映画・ミュージックビデオ・CM・Webなど、
幅広いジャンルで様々な映像制作をされています!

 

IMG_9710

講義を聴いた学生は「これもCGなのか!と思うような作品が多くあり、CGの可能性を感じることが出来ました。」と言っていました。

 

—————————

そして夏期集中授業最終日の最後のゲストは

株式会社スクウェア・エニックス、シニアプロデューサーの時田貴司様にお越し
いただきました。
時田様は「FNAL FANATSY Ⅳ」「クロノ・トリガー」「半熟英雄」といった 大ヒット商品を多数開発されたゲーム業界の大御所。 今回は会社の取り組みに関する説明を中心に、時田様自身の手掛けたゲームソフト 開発の裏話をお話ししていただきました。

 


IMG_5140

「どうすれば自信がつくのか」という学生の質問に対し「コンプレックスを武器に
変える」とアドバイスをいただきました。短所を改善するよりも、視点を変えて
長所と捉えると自信がつく上に新たな自分の価値に気付くことができると知り、
学生たちも勇気をもらえた様子でした。

 

IMG_5155

ゲームゼミの学生、村上先生と記念撮影をしていただきました!

 

IMG_5123

 

と!いうことでかなり長くなってしまいましたが4日間の夏期集中授業の様子をお届けしました!

今回の集中授業を通して前向きにキャリアについて考えることが出来るといいですね!

 

お忙しい中お話いただいたいたゲストの皆様本当にありがとうございました!

 

  • LINEで送る

2017年9月11日  授業風景

キャラデの夏期集中授業!~1・2日目編~

 

こんにちは。副手のコンです!

 

9月1・2・4・5日の4日間、キャラクターデザイン学科では夏期集中授業がおこなわれました!

 

2年生は「プロフェッショナル研究」、3年生は「ポートフォリオ研究」という科目で授業をおこなうのですが

毎日違うゲストの方々にお越しいただき、2・3年生が合同でおこなう授業もあり、

とても賑やかで学生が自身のキャリアについて考える有意義な4日間となりました!

 

盛りだくさんの内容なので、まずは1・2日目の様子からお伝えしたいと思います!

1日目は2・3年生それぞれ大熊美音子先生に「就活の心構え」についてお話いただきました。

大熊美音子先生は株式会社大丸入社後、数々の職域を経験。大丸退職後はトッズ・ジャ

パン株式会社に入社。店長のほか、人材育成にも携わっておられました。

現在はキャリアアドバイザーとして大学の就職活動講座等でご活躍されています!

IMG_2994

IMG_3021

3年生には「相手をほめる」というペアワークで、今まで自分では気づかなかった新たな価値に気づくことが出来たようです。

 

IMG_4936

2年生には「他者の視線を意識する」というテーマをもとに、社会のしくみや就活の考え方を教えていただきました。

相手や社会の仕組みを理解し常に客観的視野を持つことが大切なんですね!

 

2・3年生ともにこれからはじまる就活に不安でいっぱいだったと思いますが、

この授業で少しは「心構え」ができたのではないでしょうか!

 

——–

 

3限目のプロフェッショナル研究には「株式会社オーツー」でリードプランナーをされている堀川和良様にお越しいただきました!

株式会社オーツーはモバイルゲーム・コンシューマーゲームのソフトウェア開発をおこなっている会社です。

 

堀川様がこれまでに携わってきた作品の中には3DS の「ぷよぷよクロニクル(セガゲームス)」などがあります!

IMG_4952

ゲーム業界の職種や、求められる人材などについて詳しく教えていただくことができました。

もともとゲーム業界に興味のあった学生も「こんなに知らない役割があったのか。」と驚いていました。

 

——–

 

 

4限目にはアニメーション制作会社「スタジオコロリド」から宇田英男社長にお越しいただきました!

スタジオコロリドは平均年齢が若い会社で、アニメーション業界の厳しい現状を変えるべく

デジタル作画を導入するなど新しいことに挑戦している企業です!

IMG_4972

アニメーション業界の良い点や、厳しい現状など現場のリアルなお話を聞くことができ、

とても貴重な講義でした!

 

 

——–

 

そんな中、3年生は黙々とポートフォリオを制作中です!(2年生の講義を聞きに行っている学生もいます!)

IMG_4984

——–

さてここからは2日目!

2年生は「教員対談」でキャリアに関する質疑応答をおこないました!

IMG_9639

IMG_9657

普段はなかなか聞くことの出来ない先生方の仕事のお話が聞けて、学生たちも楽しそうでした!

 

——–

2限目は株式会社ムービックの石川雄次様にお越しいただきました!

株式会社ムービックは「アニメイト」に並ぶキャラクター商品の企画・制作・販売や

イベント企画など幅広く行っている企業です。

IMG_4982

アニメイトの商品企画のお話などキャラクタービジネスについて詳しくお話いただきました!

キャラデのアニメやマンガが大好きな学生にとってとても興味深いお話だったようです。

いままで企画に興味のなかった学生も、将来の選択肢が増えたと言って喜んでいました!

 

——–

3限目には2・3年生合同で、キャラデの卒業生で株式会社セガゲームスでリードデザイナーとして働いている八木橋慧莉さんと

株式会社SRDでUIデザイナーとして働いている進戸かおりさんのお二人にお越しいただきました!

IMG_3054

IMG_3059

IMG_3069

今回は特別にこども芸術大学さまのお部屋をお借りしました!

とても気持ちの良い風が吹き抜け、木の温かみがある自然いっぱいのすばらしいお部屋でした!

 

ゲーム業界で働いているお二人の学生時代のお話や、仕事をするうえでのつらい点などを話していただきました。

キャラデを卒業し、活躍している先輩の姿をみて2・3年生は良い刺激をもらえたのではないでしょうか。

 

 

——–

2年生の4限目には漆間総合法律事務所から弁護士の采木俊憲様にお越しいただきました!

 

IMG_9671

IMG_3088

作品などを応募する際の、募集要項についてお話いただき、弁護士の方から直接お話いただける貴重な機会だけあって

学生も興味津々で、多くの質問や意見が出て活気のある講義になりました!

募集要項・・・ちゃんと読まないといけませんね!

 

 

以上で2日目までの夏期集中授業の様子をお届けしましたが、

まだまだ2日分残っておりますのでぜひ次回の記事もお楽しみに!

 

  • LINEで送る

2017年4月14日  授業風景

大熊美音子先生にキャリアの特別授業を行っていただきました!

こんにちは。副手の今です。

 

328()2限目~5限目、

大熊美音子先生にキャリアの特別授業を行っていただきました!

 

IMG_3908

 

大熊美音子先生は株式会社大丸入社後、数々の職域を経験。大丸退職後はトッズ・ジャ

パン株式会社に入社。店長のほか、人材育成にも携わっておられました。

現在はキャリアアドバイザーとして大学の就職活動講座等でご活躍されています!

 

いよいよ始まった就職活動に向けて不安いっぱいの4年生。

そんな中、大熊先生のキャリア授業では「自分自身をブランディングする」というテーマで

さまざまなワークショップを行っていただきました。

 

IMG_3889

 

大熊先生はラグジュアリーブランドの研究をされていて、ルイ・ヴィトンやエルメスの歴史を

紹介していただきました。

そのなかで、「機能的価値」と「情緒的価値」のお話がありました。

例えば同じ腕時計であっても5万円の腕時計と、ダイヤのちりばめられた100万円の時計。

機能としては全く同じものでも、100万円の時計を購入する人がいます。

そこには時を刻むという「機能的価値」だけではなく、つけているとなんだか心が満たされるといった

「情緒的価値」があるから高級なものが売れるのだそうです。

 

それは就職活動でも同じことが言えるのではないかとおっしゃっていました。

出来ることはほとんど変わらなくても、「この人でなければならない」と思わせるような情緒的価値を

自分自身で気付き、高めていくことが大切なのではないかということでした。

 

 

IMG_3875

その後も、キャリアデザインとブランディングについてのワークショップを行いました。

ブランドを構成する5つの要素を元に、実際の商品などの実例を交えながら、

自分の進路に置き換えブランディングしていく様子がとても興味深く、学生も楽しくキャリアデザインが

出来ているようでした!!

 

最後には代表者に隣の人を「ブランド」として紹介してもらいました!

IMG_3911

 

学生の一人は、

 

「改めて、自分自身の経験や体験を振り返り他の人に伝えることによって、今まで気付かなかった長所に気付くことができた。」

 

と感想を語っていました!

 

この授業で学んだことを就職活動に活かしていけると良いですね!

 

大熊先生、本当にありがとうございました!!

 

  • LINEで送る

2016年5月25日  授業風景

「日本の芸術大学初!!アイデアソン授業!!」

 

 

みなさんこんにちは!!

今回は、今年度より導入された丹羽先生授業「アイデアソン」について紹介をさせていただきます!!

 

実は…「アイデアソン」を授業として行うのは日本の芸術大学としては初の試みなのです!!

そして、丹羽先生のほかに「デザインワークス株式会社」の石鍋 大輔先生と一緒に、

「アイデアソン」や「クリエイティブ人材育成」などのエキスパートにきていただき授業を行っています。

 

 

そもそも「アイデアソン」とは…?

Idea(アイディア)とMarathon(マラソン)を組み合わせた造語です。

ある特定のテーマについて、多様性のあるメンバーが集まり、対話を通じて、

新たなアイデア創出やアクションプラン、ビジネスモデルの構築などを短期間で行うイベントのことを指します。

また、「Apple」、「Facebook」、「Google」、「twitter」等々世界の名だたる企業にも取り入れられています!!

 

 

image1

さて今週で5回目となるのですが、第2回・第3回目の授業では「アイデアソン」を日本で一番実践されている、「エイチタス株式会社」代表取締役社長・原 亮様にお越しいただきました!!

 

今回は履修生にとっては、初めての「アイデアソン」の体験です。

テーマは『修学旅行生にオススメしたい新しい京都の楽しみ方』です!!

修学旅行生が多い京都ならではのお題ですね。

 

 

 

アイデアソンの流れは、

①導入編(あたためて): アイデアを出すためのトレーニング

②ブレスト編(ふくらませて): 発散型でのアイデアの抽出

③ブラッシュアップ編(しぼりこむ): 実現へ向けたアイデアの絞り込み

というプロセスをチームメイトとの対話を通して、いろいろなアイデアの発想法や対話の方法論、アイデアの価値を磨く方法などをチャレンジしてもらいました。

 

アイディアソン資料4

みんな、真剣にアイデアを考えていますね…。

 

 

IMG_1187

最終的に出来上がった成果物がこちらです!!

写真はほんの一部ですが、グループごとでそれぞれ違った観点から修学旅行生に対して新しい京都をどう楽しませるか!?…というアイデアがたくさんあり、とても面白い結果になりました!!

 

 

 

授業は今年度導入されたばかりですが、今後も様々な企業の方々と一緒にアイデアを

生み出していきたいと思っておりますので、次回からの展開も気になる授業ですね!!

 

今回、授業を行ってくださった原様、本当にありがとうございました!!

  • LINEで送る

2016年5月21日  授業風景

CGクリエイター塾!

 

こんにちは!!キャラデ副手のトミタカです!!

 

今年度からキャラクターデザイン学科でCGアニメーションプロジェクト「CGクリエイター塾」が始動しました!

このプロジェクトの目的は「ハイクオリティなCGアニメーションを作ろう!」です。

 

2000年前後はCGクリエイターと呼ばれるオリジナル作品を制作している人達が大勢いたのですが、今はそのような活動をしている人を見かけなくなってしまいました。
そんな業界を変えていける若い人を育てたいという思いからプロジェクトを開講しました。

 

学生主体でありながらプロの作品に並ぶクオリティを目指しています!

 

IMG_0017

 

 

このプロジェクトを行うにあたり、CG担当教員の池田先生だけでなく、「ウサビッチ」などで知られるカナバングラフィックス代表取締役の富岡聡先生もプロジェクト指導者として参加しています!

 

CGアニメーション制作には多大な時間がかかる、またしっかりとしたスキルを身につける必要があるため、1年目は個人のスキルを伸ばす授業型、2年目は全員で制作するグループワーク型のボリューム満点!

長期プロジェクトになっています。

 

いきなりCG制作をするのではなく、まず企画の重要性とコンセプトデザインやターゲット、世界観など細部に関しての説明後に各学生に企画を考えてもらいました。

 

IMG_0020

 

慣れない作業に戸惑う学生もいましたが富岡聡先生のアドバイスでしっかりと考えられていたようです。

 

 

このプロジェクトに参加している学生から将来、世の中を騒がせるクリエイターが誕生することを期待しています!

 

 

 

1 2 3 15

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。