空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年11月21日  授業風景

【空間デザイン1回生】ディスプレイレッスン”season”

 

 

こんにちは。

ここ数日で一気に冷え込みましたね。。。

 

ついに本格的に寒くなってきたので

昨日の晩ご飯はお鍋を食べました^p^

 

 

 

さて、今日は空間デザインコース1回生の

作品を紹介したいと思います。

 

 

『season』ディスプレイデザイン・レッスン

 

『season』を主題とし、そこから自分なりのテーマを立てて、

ディスプレイの空間を構想する、という授業です。

 

3週間の授業の中で、何を伝えるのか、どのように見せ方を考えるのか、

それをどのような空間にするのか、それらをしっかりと考え、

より深く他者にコミュニケートできる作品を考えること。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

1回生が入学してから初めての”ディスプレイデザイン”の授業ですが、

前期から学んできた製図の授業や、表現基礎で培った”表現方法”などなど

今までの学びを活かした素敵な作品がたくさんできていました◎

 

それぞれのテーマも様々で合評を聞いていてとても楽しかったです。

『season』という主題から、自分なりのテーマを導き出し、

様々な手法を使って、上手に表現していたと思います。

 

 

 

ちょこっと作品紹介▼

 

岡田    

『窓』   岡田さん

 

なんと窓の部分を入れ替えることができる構造!

日の光を浴びると、色とりどりの影が地面に映ります。綺麗!

 

 

 

桐

『家族』   桐さん

 

移りゆく季節の中で変化していく”家族”を描いています。

伝えたいことが一目見てわかるように出来ているのがすごい!

 

 

谷口1

『シバは1日にしてならず展』 谷口さん

 

四季のように、様々な”時間”を4分割にした、

イラストと作品の展覧会を企画したディスプレイ。発想が面白い!

 

 

 

溝辺

『hi&see you,the repetition of it』 溝辺さん

 

移りゆく季節は”こんにちはとまたねの繰り返し”

でも海はいつも変わらずそこにある、というテーマが素敵です◎

 

 

 

中喜多

『白露は短し、伝えよ刺繍』   中喜多さん

 

昔の日本人はもっと細かく1年を区分し、その季節の美しさを

着物や帯に刺繍を施していた。その技術を継承するためのディスプレイ。

鏡を貼ることで様々な方向から手毬の美しさを見ることができます◎

 

 

 

丸尾

『Earth season』   丸尾さん

 

”宇宙から見た地球のseason”がテーマのディスプレイ。

”宇宙から”ということで、上に開いている穴からこの空間を覗くことが

できる仕掛けがあります◎そして中が全てコラージュでできているのも素晴らしい!

 

 

 

古沢

『reject of season』   古沢さん

 

自然の中にある季節を、鏡に映して見ることができるディスプレイ。

”移りゆく季節”をより伝えるために、鏡に美しい凸凹が施されている

ところがしっかりと工夫して作られていて、面白いですね◎

 

 

 

 

 

 

合評の様子▼

 

DSC_0009 DSC_0025 DSC_0003 DSC_0008 DSC_0007

 

本当はもっともっと作品紹介をしたいぐらいコンセプトも面白く

クオリティーの高い作品ばかりでした…><

 

 

1回生の皆さん、

後期も後半に入りましたが日々どんどん吸収して

成長して行ってくださいね。期待しています。

 

 

 

 

 

 

 空デ研究室アボカド日記 

 

日に日に伸びてゆくアボカド君です。

今日は皆さんに大きさを伝えるために隣にカップを置いてみました。

 

このまま順調にすくすく育ってゆきますように。

 

FullSizeRender

 

  • LINEで送る

2017年11月13日  授業風景

【1回生】デザイン表現基礎

 

 

 

こんにちは。

北白川通のイチョウもすこしづつ黄金色に染まってきました。

紅葉シーズン、南禅寺の前を通過する市バスの5系統が混む季節ですね。笑

 

 

 

さて、今回のブログでは1回生の

『デザイン表現基礎』の授業をご紹介しようと思います。

 

この授業はコース問わず1回生が全員受ける授業です。

 

授業名の通り、表現するための基礎を学び、

ものづくりに必要な眼と手を動かすトレーニングを行っていきます。

 

基礎といってもデッサンだけではなく、

さまざまな素材を使って

手法を発見していく授業でもあります!

(とても個性が出る!笑) 

 

担当はシルクスクリーン作家でもある大野紅先生と専任の八木良太先生です。

 

 

 

 

 

▽デッサンの回

 

モチーフはパイナップルです。

トゲトゲ、ゴツゴツ、質感をよく観察しながら、、、

描きがいがありそうです。

 

DSC_0008

DSC_0003

先生が優しく指導してくださいます。

 

 

 

 

 

 

 

▽切り絵→大型シルクスクリーンの回

 

まず折り紙で切り絵を作成し、、、

絨毯のようにみんなの作品をひとつにつなげます。

DSC_0041

DSC_0042

切り方に決まりはないので

みんな自由に手を動かしていました。

面白いパターンが出来上がりましたね~

 

 

この切り絵をもとに太陽の光を使って

シルクスクリーンの版を制作します。

DSC_0002

DSC_0003

DSC_0015  

DSC_0023

DSC_0043

製版終了!

いざ、布にプリント。

DSC_0052

DSC_0075

できあがり!

 

  DSC_0102

DSC_0104

 

 

 

後期授業も気がつけば折り返し時点です!

 

今後もさまざまな表現方法を身につけて

制作の幅を広げていって欲しいと思います。

  • LINEで送る

2017年11月7日  授業風景

空間デザインコース2回生 ”写真”の授業の合評風景

こんにちは。

 

今日は空間デザインコース2回生の授業の様子を紹介したいと思います。

先週は、後期からスタートした”写真”の授業の最終合評が行われました。

 

 

 

自分の作品をより他者へと伝わりやすくするためには、

様々なテクニックが必要ですが、中でもとっても重要なのが”写真”です。

 

作品をプレゼンテーションする時や、ポートフォリオを作る時、

より綺麗でかっこいい写真が撮れると全体のクオリティーも上がり、

より他者へと伝わるものにできること間違いなしです。

 

その技術を習得するために、カメラの使い方やブツ撮り、

ストロボ撮影のやり方など様々なテクニックを学んできました。

 

 

7回だけの授業ですが、あらゆる課題をこなし、

合評日には面白い作品がたくさんできていてとっても充実した合評になっていたと思います◎

 

 

 

先生方(右:成田先生/左:守屋先生)もと〜〜っても丁寧に講評して下さっていました!

 

DSC_0083

DSC_0037

 

 

最終課題の内容は、テーマ自由の組写真10枚のブックとセルフポートレートです。

みんな様々なテーマを持って撮影していて面白かったです◎

 

 

ただ写真を撮るだけではなく、ブックにするための構成を考えたり、

写真を見た人に何を伝えたいのか、どんな気持ちになってほしいのかを

それぞれのテーマに沿ってしっかりと考えられていました。

 

DSC_0095

DSC_0012

DSC_0001

 

 

お互いの作品を見て、ワイワイ盛り上がっている様子◎

 

DSC_0036

DSC_0031

 

今回の合評を終えて、先生や友達からのアドバイスをもとに

更にブラッシュアップされたものが、最終提出されるのを楽しみにしています^^

 

 

 

さて、来週からは”製本”の授業がスタートします!!!

様々な技術を習得することができる2回生の授業。

 

後期授業もあと半分!

みんな更に成長していくことでしょう〜笑

期待しています。

 

 

 

 

  • LINEで送る

2017年9月6日  授業風景

【ファッションデザインコース2回生】夏期集中授業のようす

 

 

 

 

こんにちは。

学祭まで約1週間、後期授業まであと2週間です。

 

夏休みではありますが、

集中授業やプロジェクト、ねぶた、自主制作等で

「結局毎日大学きてるやないか」

という学生も多いのではないでしょうか。

 

夏休みを利用して制作に取り組んだり、経験を積んだり、、、

後期に向けて良いスタートダッシュが切れそうですね◎

 

残り少ない夏休みも有意義に過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

さて

 

先週空間演出デザイン学科でも

夏期集中授業が開講されていました。

 

今回はその様子についてご紹介しようと思います。

 

 

この授業は夏休み期間に開講される

みっちり5日間の集中授業です。

 

対象はファッションデザインコース2回生。

ジュエリー専攻の学生も受講可能の授業です。

 

講師は近藤保先生です。

 

先生は国内やドイツの芸大で

ドレーピングやデザインの指導をされていています。

 

2日目 (8)

 

この授業ではレポートやビジュアル収集等、

リサーチをメインとした事前課題が出されていました。

 

受講学生は前期の課題が終わっても

気が抜けなかったのでは、、、!

 

事前課題のレポートを交え、

みんなでディスカッションを行いながら授業が進んでいきます。

 

 

 

 

 

今年のテーマは”Yellow”。

みなさんは黄色といえば何を思い浮かべますか??

 

今回は世界中のあらゆる黄色について調べ、

一人ひとりテーマを見つけていきます。

 

最終的にドレスという形に落としこむ、という課題内容です。

 

 

 

 

 

 

■ムードボード制作

 

ドレス制作に入る前にムードボードの制作を行います。

自分のイメージを相手に伝える為にビジュアル化していく作業です。

 

1日目 (28)1日目 (9)

1日目 (14)3日目 (1)

2日目 (1)

皆たくさんの写真を集めてきていました!

複数の写真から厳選して絞っていくことで情報も整理され、

イメージがまとまっていく様子が目に見えました◎

 

 

 

 

 

 

 

■ドレーピング

 

ドレーピングとは立体裁断のことです。

自由に布を操って形を作っていきます。

 

1日目 (27)

1日目 (20)

折り紙にも挑戦します!

平面から立体にしていく、という意味では

ドレーピングと共通する部分がありますね。

 

2日目 (3)

2日目 (10)

DSC_0018

↑こちらは折り紙で作ったハイヒール。

(結構リアルなのです!)

2枚の折り紙から出来ています。

 

現在こちらのハイヒールも芸術館にて作品と一緒に展示中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

■実物制作

 

いざ!

黄色いシーチングを使って実物制作に入っていきます!

 

4日目 (5)

 

 

 

 

 

 

5日目 (18)5日目 (17)

5日目 (20)

5日目 (16)

5日目 (15)

DSC_0003

ねじったり、折畳んだり、束ねたり、、、

様々な加工を施してもくもくと制作に取り組んでいました!

 

↓こちらは中間合評の様子。

一度手を止めて作品を見直します。

 

5日目 (4)4日目 (1)

その後もブラッシュアップを重ね、とうとう最終日!

作品をずらっと並べて一人ずつ発表していきます。

DSC_0076

DSC_0047 DSC_0083 DSC_0106

DSC_0013

夏期集中授業終了!みんなおつかれさま!

 

1週間みっちり向き合って作品を作りあげたことは

とても良い経験になったのではないでしょうか、、*

 

今後の制作に活かしていけるといいですね*

 

 

 

 

 

今回の集中授業の作品は

現在、人間館オーブ2階芸術館にて展示しております!

 

ぜひお立ち寄りください*

 

 

 

 

以下展示詳細

************************

■期間
 9/4(月)~9/8(金)10:30~17:00まで
 ※最終日は13:00までとなります。

■場所
 人間館オーブ2階 芸術館

■主催
 空間演出デザイン学科 ファッションデザインコース2回生

■講師
 近藤 保 先生

************************

 

  • LINEで送る

2017年7月5日  授業風景

【SOU・SOU×京都造形芸術大学】 展示販売会を行います!

 

 

こんにちは。

 

街中では祇園祭の提灯が飾られる季節となりましたね。

 

さて、

そんな祇園祭の期間に合わせて行う、

展示販売についてのお知らせです!

 

 

 

今年も数字のテキスタイルでおなじみ、

京都ブランド”SOU・SOU”との

取り組みの授業で「貫頭衣展」を行います。

 

この授業は3回生の選択制のコース混合のゼミとなっており、

毎年成果展として祇園祭の時期に展示販売を実施します。

 

今週末7/9(日)~7/16(日)までの1週間、

四条河原町の京都マルイ6階にて展示販売を行います。

 

 

 

▽今回のDM

金魚最終

よくみると川の模様が貫頭のかたちになっています

 

 

 

展示販売を控え、

先日、染織テキスタイルコースとの合同合評が行われました!

 

 

作品をずらっと並べて

SOU・SOU代表の若林剛之先生にお越し頂き

ひとつひとつ作品のアドバイスを貰っていきます。

 

 

DSC_0031

DSC_0010

 

DSC_0020  DSC_0033

 

DSC_0040

 

DSC_0044

 

染テキコースとの合同合評は普段の雰囲気とはすこし異なり、

他の学科の作品を見ることで刺激を受けることが出来たのではないでしょうか。

 

学生のオリジナル貫頭衣が並ぶ貫頭衣展、ぜひぜひお越しください◎!

 

貫頭衣展と同時開催で

染織テキスタイルコースの”てぬぐいと四角衣展”も

1階入り口付近にて販売いたします!

こちらも合わせてお立ち寄りください◎

 

 

* * * 詳細情報 * * * 

 

日時:2017.7.9(日)~7.26(日)

   10:30~20:30

 

場所:京都市下京区四条通河原町東入ル

   真町68番地

   京都マルイ6F イベントスペース

   ・阪急電鉄「河原町駅」すぐ

 

企画:京都造形芸術大学 空間演出デザイン学科

   (若林剛之・中山たかの)

* * * * * * * * * 

1 2 3 9

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。