空間演出デザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2017年9月6日  授業風景

【ファッションデザインコース2回生】夏期集中授業のようす

 

 

 

 

こんにちは。

学祭まで約1週間、後期授業まであと2週間です。

 

夏休みではありますが、

集中授業やプロジェクト、ねぶた、自主制作等で

「結局毎日大学きてるやないか」

という学生も多いのではないでしょうか。

 

夏休みを利用して制作に取り組んだり、経験を積んだり、、、

後期に向けて良いスタートダッシュが切れそうですね◎

 

残り少ない夏休みも有意義に過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

さて

 

先週空間演出デザイン学科でも

夏期集中授業が開講されていました。

 

今回はその様子についてご紹介しようと思います。

 

 

この授業は夏休み期間に開講される

みっちり5日間の集中授業です。

 

対象はファッションデザインコース2回生。

ジュエリー専攻の学生も受講可能の授業です。

 

講師は近藤保先生です。

 

先生は国内やドイツの芸大で

ドレーピングやデザインの指導をされていています。

 

2日目 (8)

 

この授業ではレポートやビジュアル収集等、

リサーチをメインとした事前課題が出されていました。

 

受講学生は前期の課題が終わっても

気が抜けなかったのでは、、、!

 

事前課題のレポートを交え、

みんなでディスカッションを行いながら授業が進んでいきます。

 

 

 

 

 

今年のテーマは”Yellow”。

みなさんは黄色といえば何を思い浮かべますか??

 

今回は世界中のあらゆる黄色について調べ、

一人ひとりテーマを見つけていきます。

 

最終的にドレスという形に落としこむ、という課題内容です。

 

 

 

 

 

 

■ムードボード制作

 

ドレス制作に入る前にムードボードの制作を行います。

自分のイメージを相手に伝える為にビジュアル化していく作業です。

 

1日目 (28)1日目 (9)

1日目 (14)3日目 (1)

2日目 (1)

皆たくさんの写真を集めてきていました!

複数の写真から厳選して絞っていくことで情報も整理され、

イメージがまとまっていく様子が目に見えました◎

 

 

 

 

 

 

 

■ドレーピング

 

ドレーピングとは立体裁断のことです。

自由に布を操って形を作っていきます。

 

1日目 (27)

1日目 (20)

折り紙にも挑戦します!

平面から立体にしていく、という意味では

ドレーピングと共通する部分がありますね。

 

2日目 (3)

2日目 (10)

DSC_0018

↑こちらは折り紙で作ったハイヒール。

(結構リアルなのです!)

2枚の折り紙から出来ています。

 

現在こちらのハイヒールも芸術館にて作品と一緒に展示中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

■実物制作

 

いざ!

黄色いシーチングを使って実物制作に入っていきます!

 

4日目 (5)

 

 

 

 

 

 

5日目 (18)5日目 (17)

5日目 (20)

5日目 (16)

5日目 (15)

DSC_0003

ねじったり、折畳んだり、束ねたり、、、

様々な加工を施してもくもくと制作に取り組んでいました!

 

↓こちらは中間合評の様子。

一度手を止めて作品を見直します。

 

5日目 (4)4日目 (1)

その後もブラッシュアップを重ね、とうとう最終日!

作品をずらっと並べて一人ずつ発表していきます。

DSC_0076

DSC_0047 DSC_0083 DSC_0106

DSC_0013

夏期集中授業終了!みんなおつかれさま!

 

1週間みっちり向き合って作品を作りあげたことは

とても良い経験になったのではないでしょうか、、*

 

今後の制作に活かしていけるといいですね*

 

 

 

 

 

今回の集中授業の作品は

現在、人間館オーブ2階芸術館にて展示しております!

 

ぜひお立ち寄りください*

 

 

 

 

以下展示詳細

************************

■期間
 9/4(月)~9/8(金)10:30~17:00まで
 ※最終日は13:00までとなります。

■場所
 人間館オーブ2階 芸術館

■主催
 空間演出デザイン学科 ファッションデザインコース2回生

■講師
 近藤 保 先生

************************

 

  • LINEで送る

2017年7月5日  授業風景

【SOU・SOU×京都造形芸術大学】 展示販売会を行います!

 

 

こんにちは。

 

街中では祇園祭の提灯が飾られる季節となりましたね。

 

さて、

そんな祇園祭の期間に合わせて行う、

展示販売についてのお知らせです!

 

 

 

今年も数字のテキスタイルでおなじみ、

京都ブランド”SOU・SOU”との

取り組みの授業で「貫頭衣展」を行います。

 

この授業は3回生の選択制のコース混合のゼミとなっており、

毎年成果展として祇園祭の時期に展示販売を実施します。

 

今週末7/9(日)~7/16(日)までの1週間、

四条河原町の京都マルイ6階にて展示販売を行います。

 

 

 

▽今回のDM

金魚最終

よくみると川の模様が貫頭のかたちになっています

 

 

 

展示販売を控え、

先日、染織テキスタイルコースとの合同合評が行われました!

 

 

作品をずらっと並べて

SOU・SOU代表の若林剛之先生にお越し頂き

ひとつひとつ作品のアドバイスを貰っていきます。

 

 

DSC_0031

DSC_0010

 

DSC_0020  DSC_0033

 

DSC_0040

 

DSC_0044

 

染テキコースとの合同合評は普段の雰囲気とはすこし異なり、

他の学科の作品を見ることで刺激を受けることが出来たのではないでしょうか。

 

学生のオリジナル貫頭衣が並ぶ貫頭衣展、ぜひぜひお越しください◎!

 

貫頭衣展と同時開催で

染織テキスタイルコースの”てぬぐいと四角衣展”も

1階入り口付近にて販売いたします!

こちらも合わせてお立ち寄りください◎

 

 

* * * 詳細情報 * * * 

 

日時:2017.7.9(日)~7.26(日)

   10:30~20:30

 

場所:京都市下京区四条通河原町東入ル

   真町68番地

   京都マルイ6F イベントスペース

   ・阪急電鉄「河原町駅」すぐ

 

企画:京都造形芸術大学 空間演出デザイン学科

   (若林剛之・中山たかの)

* * * * * * * * * 

  • LINEで送る

2017年6月5日  授業風景

【ファッションコース1回生】オープンカラーシャツ制作

 

 

 

こんにちは。

あっというまに6月になりました。

 

 

今回はファッションコース1回生の

授業風景をすこしご紹介します!

 

 

現在はオープンカラーシャツを制作していますが、

入学してすぐはミシンの使い方から教わります。

針やボビンの取り付け方、糸の通し方など、、、

 

 

これからの制作に欠かせないミシンと仲良くしていくために

授業内のミシン講習を通じて使い方を基礎から学びます。

 

 

 

▽こちらの写真はミシン講習のようす。

DSC_0004ミシン室には工業用ミシンがずらっと並んでいます。

 

 

 

 

そしてミシンの使い方を習得した後、

オープンカラーシャツの制作に入ります。

 

自分のサイズに合わせて、

好きな生地でシャツを作っていきます!

 

 

 

 

DSC_0003

 

生地選びの段階からそれぞれの個性がでていますね~!わくわく。

 

地直しして、裁断して、アイロンをかけて、縫って、、、

生地によっては柄合わせが必要になったり、、、

 

何気なく自分達がまとっている服も

色んな工程を踏んで出来上がっているんですね。

 

 

DSC_0007

 

DSC_0009

 

DSC_0005

 

DSC_0006

 

 

DSC_0008

 

 

DSC_0011

 

 

DSC_0012

 

難しいところや分からないところは、

先生に相談しながら作業をすすめて

少しずつ完成に近づいていきます!

 

 

放課後もミシン室に残って課題に取り組む姿が伺えます、、!

熱心だなぁ、、、

 

出来あがりがたのしみです♪

  • LINEで送る

2017年2月15日  授業風景

【”sauce”@恵文社】 ご来場ありがとうございました

 

一乗寺、恵文社で行われていた、

2回生のコース混合ゼミの展示が終わりました。

 

 

ご来場いただきましたみなさま、

ありがとうございました!

 

 

今回の展示は

障碍者支援施設みずのきで制作された作品や

その人たちのの暮らしにフォーカスし、

ジュエリーや雑貨としてプロダクトアウトする、というものでした。

 

 

展示の様子を写真でご紹介します。

 

 

 

 

DSC_0018

 

DSC_0010

 

 

 

 

DSC_0013

 

DSC_0023

 

DSC_0040

 

DSC_0042

 

DSC_0053

 

DSC_0056

 

DSC_0062

 

DSC_0066

 

DSC_0070

 

DSC_0073

  • LINEで送る

2016年12月19日  授業風景

【特別講義】中津良平先生

 

 

 

こんにちは。

 

気づけば2016年も残りわずかとなってまいりました。

ぐっと寒くなり朝は山のてっぺんが少し白くなっていましたね、、!

 

学科内では4回生は卒業制作に追われ、

1.2.3回生も年末の合評や年明けの展示に向けてばたばた、、

 

インフルエンザも流行る季節!体調に気をつけてくださいね。

 

 

 

 

 

さてさて、

先日の特別講義の様子をご紹介します!

 

ゲストは映像分野を研究されている中津良平先生です。

 

今回は中津先生が制作されている

映像を見せていただきました!

 

▽こちらがその様子

 DSC_0018

DSC_0009 DSC_0010 DSC_0014 DSC_0017 DSC_0012

 

 

これらのスクリーンに映し出されているものは

絵の具とスピーカーを使用した動画です。

 

綺麗な映像でうっとり、、、。

いつも授業で文字が映し出されているスクリーンと違うものに見えるくらいでした。笑

 

 

この映像は絵の具に音の振動を与え、

その様子をハイスピードカメラで撮影したものだそうです。

 

一見CGにも見えますがこれはCGではなく、

物理現象で作り上げられた芸術なのです、、!

 

空中に絵の具が跳ね上がる様子や

水中で花揺れる様子がスローに流れ、

とても美しいものでした。

 

成功に至るまで数百回の実験が繰り返されたそうです。

 

 

シンプルなアイデアのものでも突き詰めていくと

可能性は広がると先生はおっしゃっていました。

 

 

 

活躍されている方のお話が実際に聞けるのは貴重な体験ですね。

学生にとって刺激的な講義になったのではないでしょうか。

 

講義を通じて感じたことを今後に活かしていけると良いですね♪

 

 

中津先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 8

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。