マンガ学科

2011年7月

  • LINEで送る

2011年7月31日  イベント

オープンキャンパス2011夏

ワンダーフェスティバル2011夏に参加してきました。

 
今までは、学生がいなかったので、
他学科の学生や先生たちの作品を
展示していたのですが、
今回マンガ学科の学生たちの作品を
初めて展示することができました。

 
ヨシカワゴエモン先生の授業で制作した、
スポンジのカエル、イグアナなどを展示しました。
けっこう好評で今までの中で一番来場したお客さんに
写真を撮ってもらったのではないかと思います。

 
球体関節人形はまだ授業が正式にはじまっていませんので、
独学でお勉強した学生さんの作品を展示しました。

 
震災の影響で開催が危ぶまれていましたが、
ワンフェスを支える人々の尽力で
今回は開催できたとのことです。

 
いつもより出店は少なかったようですが、
来ている人はいつもより少ないとは感じませんでした。

  • LINEで送る

2011年7月23日  日常風景

学生作品展準備中

少し先の話になりますが、9/18(日)・19(月・祝)に
本学の学園祭「大瓜生山祭」が行われます。
色々な催しがある中、やはり芸術系大学ならではの
学生作品展は見逃せないポイントです。

 
通常は3回生が卒業作品展のプレイベントとして行うのですが、
マンガ学科はまだ1期生=1回生しかいません。
それでもこの前期を通して学んだことを生かして準備に取り組んでいます。

 
当日は立体造形の授業で制作した作品を中心に展示する予定です。
「大瓜生山祭」にお越しの際はマンガ学科の作品展も見に来てくださいね。

  • LINEで送る

2011年7月20日  授業風景

お買い物ツアー映像

4月に授業内で行った、お買い物ツアー(画材購入ツアー)の様子が
大学ホームページのKUAD-TVに掲載されました!

[授業紹介]マンガ学科画材購入ツアー in OSAKA
http://www.kyoto-art.ac.jp/art/information/110719-002411.html

お買い物ツアーについてのブログ記事はこちら。
http://chayamanga.net/index.php?id=568

先日の授業公開キャンパスオープンでもひっそりと流していたのですが、
気づいた学生からは「懐かしい!」の声が。
ほんの3ヶ月程度前なのに懐かしいと感じるということは、
大学入学後に高校時代とは違う濃い時間を過ごしたり、大きな変化を感じているのでしょう。

学生っていいな!(うらやましい)

  • LINEで送る

2011年7月15日  日常風景

祇園祭 宵宵宵山

学生たちと宵宵宵山に行ってきました。

 
祇園祭に詳しい佐藤先生が学生たちを祇園祭に連れて行く、
というのを聞きつけ便乗してきました。

 
昨年、行ったのですが闇雲に見に行ったので、
いまいち祭りの楽しみ方がわからなかったのですが、
佐藤先生が滅茶苦茶詳しく教えてくれたおかげで、
これからは案内できそう?です。

 
四条駅で学生たちと待ち合わせたら、
もうそこは人・人・人。

 
十人以上の団体行動でしたが、誰ひとりとしてはぐれる人はいませんでした。

 
なんとかみんなで写真を撮りたかったのですが、
人が多すぎてなかなかとれず。
かろうじて、ぶれてしまいましたが、
写真とれました。

 
明日からは前期最終授業。
レポート、試験と辛い一週間かもしれないけど、
がんばってね。

  • LINEで送る

2011年7月14日  ニュース

鬼HKに出ます!

昨日はある取材を受けていました。どこからかというと、
「京都造形芸術大学ブログ」でたびたび紹介されてきたネット配信番組「鬼HK」です。
番組のどこかでマンガ学科の授業の様子や教職員からのメッセージが流れます。
珍しく授業を担当している先生全員が集まっている日だったので、貴重な映像です◎

 
番組配信:7月14日(木)20時30分~21時30分
配信URL :
http://www.ustream.tv/channel/oni-hk

 
本日配信予定ですが、マンガ学科の取材分は
編集の都合等で次回以降になるかもしれません。
でも、役に立つ内容なのでどちらにしろ見ることをお勧めします!

 

取材の後は先生方と授業を振り返っての話し合いをしていました。
なるほど!と思う言葉が沢山出てきたので今後伝えていければいいな。

1 2 3

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。