マンガ学科

2011年11月

  • LINEで送る

2011年11月21日  日常風景

公募制推薦入試が終了しました

公募制推薦入試が終了しました。
私もとある会場で試験監督をしており、受験生ほどではないにしろ緊張しました。
受験した方はお疲れ様でした!合格発表は11/26(土)です。

さて、今週はとある芸人さんが大学前でロケをしていました。
土曜の午前中の番組だと思う、と学生が言っていたので放送を見てみると
マンガ学科の学生たちがちゃんと後ろの方に映っていました(笑)
ミーハーに映りにいくのではなく、ゆくゆくは取材をされる側になってほしいものです。

  • LINEで送る

2011年11月16日  日常風景

明日は公募制推薦入試

明日は公募制推薦入試です。
準備や採点のため、学生は今日から金曜まで休講となっています。
が、私は関係なく出勤していたのでここぞとばかりに研究室棟の
ラウンジスペースのマンガの整理をしています。

さて、明日入試を受ける方はがんばってくださいね!
京都は急に冷えてきたので体調や服装には注意してくださいね。

  • LINEで送る

2011年11月4日  インタビュー

公募制推薦入試 先輩の体験談2

前回に引き続き、公募制推薦入試で合格した現1回生にインタビューしました。

 

 

Tくん
公募制推薦入試は「鉛筆デッサン」「色彩構成」の2科目で受験しました。
高校は美術系ではなく、高3の夏から画塾に通いました。
入試対策としては、「学生募集要項&入試ガイド」に載っている
参考問題を数年分取り組みました。なんとかなるよ!

 

 

Kくん
公募制推薦入試は「鉛筆デッサン」「小論文」の2科目で受験しました。
高校は美術系ではなく、デッサンも経験がありませんでした。
入試には「文章を読んだり書いたりすることが好きだった」ことと
高校で行っていた「新聞のコラムを要約し意見を述べる」授業が役立ちました。
鉛筆デッサンでは良い結果は出ませんでしたが、小論文で合格することができました。

 

 

とのことです。
実際の合格者にも美術系の高校生・画塾に通った人・美術系ではない科目で合格した人と
色々な人がいることが分かってもらえたかと思います。
現1回生は受けた入試や科目は違えど、お互いに刺激しあいながらマンガを描いています。
公募制推薦入試の出願は本日まで(当日消印有効)ですので、
気になっている、という方はまず一歩踏み出しましょう!

  • LINEで送る

2011年11月1日  インタビュー

公募制推薦入試 先輩の経験談1

公募制推薦入試の出願が始まっています。
どんな内容か、生の声を聞きたい受験生もいるのではないでしょうか。
ということで、この入試で合格したマンガ学科生にインタビューしてみました。

 
Mさん
公募制推薦入試は「鉛筆デッサン」の1科目で受験しました。
高校は美術系コースの出身です。画塾などには通っていませんでした。
この入試のための対策は特に行わず、週に6時間ある授業を大切にしていました。
入試本番では、「高校の先生から教わったことに忠実に、いつも通りに」
を心がけて描くようにしました。
これから受験の皆さんもがんばってくださいね!

 
とのことです。この入試では「国語・英語」「小論文」「鉛筆デッサン」「色彩構成」から
1~2科目を選んで受験することになります。彼女の様に1科目でも大丈夫ですよ。

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。