こども芸術学科

2012年9月

  • LINEで送る

2012年9月23日  日常風景

オープンキャンパス|こども×アートな日常


学園祭に卒業生(社会人1年生)のみなさんも大学に帰ってきてくれました。



みんな、保育所や社会福祉施設、児童館、一般企業と各方面で頑張っています。

オープンキャンパス個別相談にも遠方の高校からの来ていただきました。

みんな、保育所や社会福祉施設、児童館、一般企業と各方面で頑張っています。

こども芸術学科は芸術大学で芸術と保育を学び実践を重ねていきます。
保育士資格のほかに、児童厚生一級指導員資格、社会福祉主事任用資格などの資格も取れ、
卒業生は、さまざまな場で活躍しています。
みんな、保育所や社会福祉施設、児童館、一般企業と各方面で頑張っています。


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

  • LINEで送る

2012年9月21日  授業風景

片桐隆嗣先生(教育社会学)の作品合評|3年次「大瓜生山祭 学生作品展(合評)」

 

学生とともに、地域に密着したアート活動のお話しもうかがえました。



「こども芸術」って何?を考えるヒントが満載!でした。

片桐隆嗣先生1
片桐隆嗣先生2
片桐隆嗣先生
片桐隆嗣先生5

22日、23日、京都造形芸術大学 瓜生館にて、こども芸術学科の学生作品が開催されています。オープンキャンパス 入学相談も同時開催。ぜひ、お越しください。


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

  • LINEで送る

2012年9月4日  ニュース

原坂一郎先生の夏季集中授業|授業風景


原坂一郎先生の夏季集中授業「こどもとあそび」の授業が行われました。



5日間の毎日が、こどもとの遊びの実践で盛りだくさん!
午前中は講義にて、保育のお話、こどもへの接し方など、様々なお話をしていただき、
午後からは、身体を使った遊び、創作、発表の時間でした。

原坂一郎先生1
原坂一郎先生2

例えば、封筒を使って人形をつくり、即興の人形劇をしたり、使い捨て用の傘袋を使って、風船にして遊んだり、紙芝居をつくって、みんなで発表したり。

原坂一郎先生3
原坂一郎先生4
原坂一郎先生5
原坂一郎先生6
原坂一郎先生7

即興で劇をすることに躊躇してしまう学生たちに向かって、
原坂先生は、「大人のように難しく考えずに!考える時間があるほど、難しくなっていきます。
こどもは、ただ“あいさつをする”とか“自己紹介をする”(人形の)だけでも十分に楽しんでくれますから!」などなど、
数え切れないほどの保育の実践のアドバイスが、授業中に学生たちに投げかけられていきました。
この数日間で、学生の笑顔も沢山みることができたように思います。

原坂先生、5日間どうもありがとうございました!

※原坂先生のブログにも今回の授業が紹介されています。
  http://blog.harasaka.com/?day=20120826
  http://blog.harasaka.com/?day=20120830

原坂一郎先生8


(こども芸術学科研究室)

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。