歴史遺産学科

2013年3月

  • LINEで送る

2013年3月29日  イベント

春の顔見せ-末松 剛-

教員の素顔を見せようというコンセプトで展覧会が4月1日から開催されます。

写真はその準備状況です。

宮廷儀礼を装束の側面から研究している末松剛スペースでは、「時代模造装束―伎楽・舞楽・公家装束―」と題して、研究成果である著書や論文掲載の学術誌と並んで、昨年学生達を指導し作成した模造時代装束を展示します。

会期は19日(金)まで。

後期は着せ替える予定です。

伎楽面・舞楽面は岡田文男先生の作成によるもの。

今回はコラボレーションによる展示となりました。

 

 junbi

学生にも手伝ってもらって準備しました。

 

junbi2

パネルを打ちつけ、完了です。

 

是非ご覧ください。

  • LINEで送る

2013年3月29日  授業風景

歴史遺産学科の特色-2

こんにちは、歴史遺産学科の副手です。

前回、歴史遺産学科の特色を少しだけご紹介しました。

続きまして、歴史遺産学科の特色紹介その2です。

 

 特色その2・・・現場主義の教育

 

京都のみならず、世界各地の歴史遺産について、実物の文化財を対象として教育・研究を行っています。

学科の教員・スタッフは、社寺や地域社会での実践経験が豊富であり、学生もフィールドワークや現地調査で経験をつみ、実証的かつ実践的な研究に取り組んでいます。

 

○フィールドワークで歴史空間に足を運ぶ

tokushoku2-FW2

入学すると、4月から早速京都の現場に足を踏み入れ、学びます。

 

 

tokushoku2-FW

研修旅行で少し遠方へも足をのばします。

更に数多くの歴史遺産に触れて学ぶことができます。

 

 

○現場で職人の技術を学ぶ

 

kagami

実際に工房や修復現場を訪れ、職人の方々から直接お話を伺ったり、

見学させていただき、時には体験させてもらいながら

伝統技術や修復技術を学ぶこともできます。

 

 

 

  • LINEで送る

2013年3月29日  ニュース

歴史遺産学科のライブラリーラウンジがリニューアル

3月中、改装工事を行っていた歴史遺産学科のライブラリーラウンジ及び研究室が、4月より使用できるようになりました。
これまでどおり、自習や休憩など自由に使えるライブラリーラウンジに加え、新たにコンソールを備えた自習室が誕生です!
歴史遺産学科の学生なら、自習はもちろん、ミーティングや授業にも使用できる教室です。

みなさん、どんどん活用して下さいね。

 

kabe1

自習室の中央には可動式の壁が設置されていて、部屋を仕切ることができます。

 

kabe2

ホラ!レールに沿って動かせます。

可動壁を全てセットすると、防音効果もあります。

 

 

  • LINEで送る

2013年3月29日  授業風景

歴史遺産学科の特色

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

さて、新しい年度が始まりました。暖かくなり、外出機会も増える時期ですね。

お花見もいいですが、お花だけではなく、京都にある社寺や遺跡巡りもしてみて下さいね。

歴史遺産学科では、現場に出向き、実際に自分の目で見ること、感じることを推奨しています。

その他にも、歴史遺産学科としての特色が色々とあります。

今後、すこしずつ紹介していきたいと思います。

 

 

特色その1・・・オープンで活気のある学びの環境

 

歴史的な遺跡や社寺など多様な文化財が集中している京都。

歴史文化を学ぶには絶好の環境であり、また文化財保存修復の工房や修復技術・道具を扱う専門店も多くあります。

研究室では自由に意見を発表しあう自由な雰囲気の中で、力いっぱい学ぶことができます。

 

 ○最初はグループ発表

 happyou

1回生では、まずグループでの発表を行います。

グループで意見を出し合い、協力し合いながら研究結果をまとめます。

 

 

 

 ○発表し、意見を出し合う

 kisoenshu

 研究発表の際には、先生からのアドバイスや講評は勿論、

 学生同士の意見交換が活発に行われます。

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。