空間演出デザイン学科

2013年3月

  • LINEで送る

2013年3月31日  インタビュー

10min. インタビュー(2012年度卒業生 藤井良平さん)

UMMM事務所にて

UMMM事務所にて

藤井良平さん 1990年生まれ 大阪府出身 UMMMデザイナー(自営業)

 

Q: 卒業してからどんな仕事をしていますか?

A: 就職せず、同じ学科の先輩とデザイン事務所を立ち上げました。

 

Q: デザイン事務所での一日を教えてください。

A: 毎日やることが違っていて、仕事の内容によりけりですが、バーの改装の施工をしたり、パソコンに向かって、グラフィックの仕事もするし、経理の仕事もします。

 

Q: 事務所は何人のスタッフがいますか?

A: 4名です。3名が空間デザインコース、1名はファッションデザインコースの卒業生です。

 

Q: 働いていて、一番楽しい瞬間は何ですか?

Q: 料理しているときです。毎日4人分の昼/晩ご飯を作るのですが、その当番が回ってきたときです。料理をしながら、4人が何を食べたいか、何を出したら驚くか、そんなことを考えるのが好きです。

 

Q: 最近、見た、買った、聞いたもので面白かったものを教えてください。

A: 三浦友和主演の「転々」という映画を見ました。母が追っかけをしていて、三浦友和が気になっていました。それからテレビなどで気になっていました。最近見た中で一番面白かったです。東京の町を散歩する映画なのですが、東京に行ってみたいと思っていたから、ワクワクしました。

 

Q: では、東京という選択肢もあったのでしょうか?

A: 行ってみたいと思っていますが、何を目的に行くのか、見つけないといけないと思っています。

HAIRCUT DMデザイン

HAIRCUT DMデザイン

 

Q: では、デザイナーとしてこれからも続けていくというよりも、まだ何かを探している途中なのでしょうか?

A: そうです、まだデザイナーと名乗ってはいけないような気がしています。

 

Q: デザイナー以外の候補は何があるのでしょう?

A: やってみたいことばかりです。いっぱいありすぎてわからないので、今は1つずつやってみています。

 

Q: あなたが、空間演出デザイン学科で学んだことは何ですか?また、それは今に繋がっていますか?

A: 専門性を深めるというよりも、毎日、先生や友達と話しに大学に行っていました。それは今も繋がっていると思います。

  • LINEで送る

2013年3月30日  日常風景

卒業式と謝恩会(3D)

DSCF0034-A_ DSCF0035-A_

 

もうすぐKUAD PRODUCTIONが始まります。

卒業式と謝恩会が終わって、少し暖かくなったと思ったらもう4月で入学式です。

私事ですが、最近3Dデジカメなるものを買いまして、最近撮影した画像は全部3Dしかないということに。

赤と青のメガネがあれば、平らなものが立ち上がる。あたりまえの空間を感じることの不思議さを再確認することができます。と、、、空間デザインと結びつけるのはやや我田引水か。というわけで、まずは卒業式と謝恩会の風景を。もっと良い写真があれば後日追加いたします。

 

空デ(空間デザインのこと)八木

  • LINEで送る

2013年3月22日  ニュース

卒業生活動報告

20130330022246

本学科卒業生の香川裕樹さんが参加するグループ展、「これからのそれから…And Then」が4/16〜5/6まで、MATSUO MEGUMI + VOICEGALLERY pfs/wで開催されます。ぜひご覧ください。

http://www.voicegallery.org/

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。